最新更新日:2017/01/20
地道・徹底を重んじ、自立・貢献できる生徒を育成しています。

1.20 大寒《校長室》

今日1月20日は二十四節気の1つ、「大寒(だいかん)」です。

寒さが1年のうちで最も厳しい時季という意味です。小寒から数えて15日後とされており、小寒から大寒までの15日間と大寒から立春までの15日間の合計30日間を「寒の内」といい、大寒はちょうどその真ん中にあたります。寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われます。

また、「寒仕込み」といって、寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込むのに最もよい時期とされています。

他には、大寒の朝に生まれた卵は昔から食べると健康に暮らせるといわれ、「寒たまご」として珍重されています。寒さから鶏の産卵数が減る代わりに滋養がたっぷり含まれているそうです。

さらに、寒の内の間に汲んだ水のことを「寒の水」といわれます。この時期の水は、雑菌が少なく体にも良いとされてきました。また、長期保存に向いているとされ「寒の水」で作られた味噌、醤油、酒は腐らないといわれています。中でも、寒の入りから9日目に汲んだ寒九の水は薬にもなるといわれるほど良質とされ、酒造りにおいて最高の酒ができるといわれています。

さて、厳しい寒さといえば、1・2年生は昨日、3年生は今日テストを終えることで多少なりとも緊張感が緩むことがあります。市内の小中学校ではインフルエンザが流行し始めています。病気については、病は気からともよく言われます。インフルエンザや風邪にかからないように、常に予防を意識しながら気を緩めずに生活をしましょう。

画像1 画像1
画像2 画像2

1.17 あれから22年《校長室》

1995年1月17日午前5時46分、淡路島北部沖を震源とするマグニチュード7.3の直下型地震が発生し、最大震度7を記録しました。

死者6,434名、負傷者43,792名にも及んだこの「阪神淡路大震災」から22年の歳月が過ぎました。

戦後最大の都市型災害といわれる阪神淡路大震災については、今の中学生の人たちはもちろんまだ生まれていない頃に起こった災害ですが、こういう大きな節目を迎えるたびに、阪神淡路大震災から学び、今、そして未来に備えることが大切ではないでしょうか。

例えば、今備えておきたいこととして、家や家の中、家の周辺の安全を確認することがあげられます。ブロック塀や壁にひびが入り倒壊したり、家具が倒れてきたりする恐れはないかどうか。次に緊急用の持ち出し袋や備蓄品(救急用品・水・非常食など)が備えられているかどうか。最後に万が一の時でも家族と避難場所や連絡方法を確認できるようにしておくなど。

備えあれば憂いなし。

震災から学び、これからの未来に備えることの大切さを考え、行動に移していきたいものです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1.13 考える勉強を《校長室》

画像1 画像1 画像2 画像2
いよいよ週末。テスト勉強もピークを迎えます。

しかし、今朝何人かの3年生の人たちにテスト勉強について尋ねると、「なかなか思うように進まない」「まだやる気が十分に湧いてこない」「憂鬱(ゆううつ)な気分」など、自信の無さや不安が感じられるコメントが多く聞かれました。

勉強をつまらなくする最も大きな原因は、「よくわからないものを無理に覚えなければいけないこと」ですね。

また、テストのためだけの勉強は、あせりと不安のいりまじった勉強です。そういう気持ちで勉強してもおもしろくないし、充実感はありません。ましてや自分を向上させるものにはなりません。

勉強というのはもともと、「何かを知りたい」「わかりたい」「何かができるようになりたい」という、願いや、熱い思いからするものです。そのためにも目的(何のために)や目標(〜する・〜なる・〜できる)をはっきりさせることが大切ですね。

そして、ぜひ忘れないでほしいことは、「覚える勉強」ではなく、「考える勉強」に重点を置いてほしいということです(勿論、内容によっては覚えなければいけない勉強も必要ですよ。)

週末の時間も有効に活用してください。みなさんの健闘を期待しています。

1.11 鏡開き《校長室》

おはようございます。今日も寒い1日になりそうですね。

さて、本日1月11日は「鏡開き」です。

「鏡開き」は正月に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事です。

かつての武家社会の風習だったものが一般化したものですが、刃物で切るのは切腹を連想させるため、手や木槌で割ったり砕いたりします。また、「切る」という言葉を避けて、「開く」という縁起のよい言葉を使っています。地方によっては日にちが異なるところもあるそうです。

昨今では鏡餅も長期保存可能なパックに収められていますし、割ったり砕いたりする必要もなく簡単に食べられるようになっていますね。

せっかくですので、こういう機会に「鏡開き」の由来や意味を確かめながら、お汁粉やぜんざいをいただいてはいかがでしょうか。

画像1 画像1
画像2 画像2

1.9 成人の日《校長室》

今日は成人の日。一宮市では昨日、一宮市民会館で成人式が行われ、午後からは各出身中学校に分かれて新成人のつどいが卒業生の実行委員の皆さんによる手づくりの進行・運営で行われました。

総務省統計局の推計データによりますと、2017年1月1日現在における「酉(とり)年生まれ」の人口は943万人で、「新成人」(2016年中に成人に達した人、2017年1月1日現在20歳)の人口は123万人となるそうです。(男性が女性より3万人多いそうです。)

また、新成人の数は去年と比べると2万人増えましたが、昨年に続き7年連続で総人口に占める新成人の割合が1%を割り込むそうです。

二十歳になって、また新たな夢や希望、目標を持って今年を迎えた人がたくさんいると思います。すでに社会に出て働いている人も、まだ学生の人もそれぞれの立場で、自分の将来のために邁進されることを願っています。


ところで、今週は厳しい寒波が到来するとのこと。どうやら来週の火曜日ころまで日本列島に居座るようです。インフルエンザや風邪にかかりやすくなりますので、マスク・手洗い・換気などの予防と防寒に心がけ、健康な毎日を送りましょう。勿論、早寝早起きも大切ですね。

明日から給食も再開されて本格的な3学期の生活が始まりますね。1日1日を大切に過ごしていきましょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

1.8 木曽川高校ブラスバンド部定期演奏会《校長室》

本日(日)、愛知県立木曽川高校ブラスバンド部の定期演奏会にお招きをいただき、尾西市民会館に伺わせていただきました。

今回で30回目となる定期演奏会。しかも今回は昨日と今日の2日間にわたって3公演日程という、部員のみなさんにとってはかなりハードな日程でしたが、会場は超満員。

マーチングで全国大会に出場したり、各コンクールで優秀な成績を収めたりする、今や全国的に有名なブラスバンド部です。

今回の演奏は、馴染みのある曲からクラシック、そしてあのPPAPや恋ダンスまで披露していただき、客席も一体になって盛り上がりました。

あっという間の2時間半の演奏会。最後は40名にも及ぶ3年生の卒団セレモニーも行われ、顧問の先生からのねぎらいの言葉に涙する部員もいました。

会場を出ると雨が降り始めていましたが、久しぶりに心から感動できる演奏を楽しめたひとときでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1.7 七草粥《校長室》

本日1月7日は「七草粥」の日です。

〈七草粥とは〉
古く中国から伝わり、春の七草を使って作る粥は、1年の無病息災・招福を祈願する風習として食べられています。

そして、正月料理で疲れた胃を休め、平常の食生活に戻す区切りとして考え、野菜の乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補う役割とされています。

〈七草の種類〉
・セリ
・ナズナ
・ゴギョウ
・コオニタビラコ(ホトケノザ)
・ハコベラ
・スズナ
・スズシロ(大根)

今は「七草粥セット」がスーパーなどで売られていますので、手軽に七草粥ができます。私も今夜は七草粥をいただく予定です。
画像1 画像1
画像2 画像2

1.6 3学期始業式《校長室》

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
<3学期始業式式辞>

みなさん、新年明けましておめでとうございます。

2週間の冬休みはどうでしたか。家の手伝いはできましたか。家族で一緒に過ごす時間を大切にできたでしょうか。

そして新年の目標を立てましたか。みなさんは今年1年をどんな年にしたいと考えていますか。例えば漢字1字でも2字でもかまいません。今年1年をどんな漢字で表したいでしょうか。

私自身も考えました。私が考えた言葉は「俯瞰(ふかん)」という言葉です。「俯瞰する」とは、高い所から見下ろしたり、全体を上から客観的に見たりするという意味です。今年は酉年ですが、鳥のようにただ上空を飛ぶだけでなく、上空から自分を客観視することで、自分の目の前のことだけでなくもっと広い視野に立って物事を見つめたり考えなおしたりすることを心がけていこうと思っています。

みなさんも、自分の行いをしっかりと見つめることができる人は、より実現可能な目標を立てられます。自分を見つめるとおのずと自分だけでなく、自分以外の人たちや自分を取り巻く環境や社会のことを考えずにはいられなくなります。それが大人への第一歩です。新年を迎えた今、新しい希望と目標を持って学校生活を始めてください。希望や目標こそが、がんばれる源であり、成功の秘訣です。

さて、今日は3学期を迎えるにあたって昨年12月23日に大リーグ・マーリンズのイチロー選手が、出身地・愛知県の豊山町で行われた「第21回イチロー杯争奪学童軟式野球」の閉会式で挨拶をした内容を紹介します。


『今年の僕がみんなにかけてあげられる言葉を少し探してみました。今年メジャーリーグで3,000というヒットを達成することができました。こういうことがあると、たくさんの人から褒めてもらえます。そして、イチローは人の2倍も3倍も頑張っているという人が結構います。でも、そんなことは全くありません。

人の2倍とか3倍頑張ることってできないよね。みんなも頑張っているからわかると思うんだけど。頑張るとしたら自分の限界、自分の限界って自分で分かるよね。その時に自分の中でもう少しだけ頑張ってみる。ということを重ねていってほしいなと思います。

みんなが今、僕を目の前にして、日本のプロ野球で何年かやってアメリカに行って16年終わったんだけども、そういう目に見える結果を残したからそうんなふうに言えるんじゃないかって思っているかもしれないけど、それは全く違っていて、僕もみんなと同じように野球少年でした。

僕は、人との比較ではなくて、自分の中でちょっとだけ頑張った。そのことを続けていくと、将来思ってもいなかった自分になっている。実際、メジャーリーガーになれると思っていなかったし、アメリカで3,000本打てるなんてことは全く想像が当時できなかったんだけど、今言ったように自分の中でちょっとだけ頑張ってきた。それを重ねてきたことで、今現在の自分になれたと実感しているので、今日はこの言葉をみんなに伝えたいと思います。』


自分の限界を知り、その時に人との比較ではなく、自分の中でもう少しだけ頑張る。そしてそのことを続けていく。

それでは、「一日一日を大切に生きよう」「今年はよい年にしよう」と決意を新たに、元気に3学期を始めましょう。笑顔いっぱいの3学期に、そして、みなさんが今の自分を少しでもより良くし、高めていくことで、一人一人がさらに輝いてくれることを願って始業式の式辞とします。

1.5 小寒《校長室》

おはようございます。

今日5日は、二十四節気の「小寒」(しょうかん)です。

小寒は、冬至 から数えて15日目頃、冬至 と大寒の中間の日にあたります。寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」と言われます。

また、小寒から節分までの30日間を「寒の内」といい、寒風と降雪の時節で寒さが一段と厳しくなる頃です。

そして、立春が「寒の明け」になります。

小寒の日から、寒中見舞いを出し始めます。(今日から節分まで)

さて、今日は、冬型の気圧配置配置が強まり、寒気が流れ込むため、日中の最高気温は、昨日より低くなるところが多くなりそうです。まさに「寒の入り」らしい寒さとなります。

明日から始まる3学期に向けて、宿題はもちろんですが、心身ともにしっかり整え、明日に備えましょう。
画像1 画像1

1.2 箱根駅伝《校長室》

今日明日と、正月の風物詩としてすっかり定着した箱根駅伝が行われます、正式名称は東京箱根間往復大学駅伝競走と言われるそうですが、今年で93回目を迎えます。

今回の注目は、やはり大会3連覇と大学駅伝3冠を目指す青山学院大です。昨年10月の出雲駅伝、そして11月の全日本大学駅伝と、すでに2冠。今回の箱根駅伝で3連覇を果たせば、同時に学生駅伝3冠も成し遂げるという快挙を達成します。

東京から箱根まで、2日間かけて計217・1km(10区間)を、21校・各10人の大学生ランナーが母校の襷(たすき)をつなぐ駅伝。今回もまたどんな感動のドラマが始まるのでしょうか。


画像1 画像1
画像2 画像2

1.1 謹賀新年《校長室》

2017年酉年

元日の今日は比較的穏やかな1日になりそうです。



新年明けましておめでとうございます。

大晦日から元日にかけての時間の流れはいつもと変わらないはずですが、やはり新しい年を迎えるという大きな節目には厳かな雰囲気を感じます。

旧年中は大変お世話になりましたが、本年も本校並びに本校ホームページをよろしくお願いいたします。



※写真は御嶽山を望んでいます。
画像1 画像1

12.31 Year-in, Year-out《校長室》

Year-in, Year-out ゆく年くる年

大晦日。

あと少しで新しい年を迎えます。

来年は酉年。

夢や希望を持って未来に羽ばたいていきたいですね。

そして、いつの時代も変わらない、変わってはいけない「平和」を願いつつ、ゆく年を送り、くる年を迎えたいと思います。

今年1年ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

画像1 画像1

12.29 「縦読み」メッセージ《校長室》

今日の新聞のテレビ欄に、「縦読み」メッセージがあるのを見つけました。

NHK総合(3チャンネル)の、午後11:25からの「年末恒例‼朝まで!ドキュメント72時間」の中に、『今年もありがとう』とメッセージが記されています。

年末は特にテレビ欄のどこかにこのような縦読みメッセージが仕込まれていることがありますね。

最近では、リオ五輪の閉会式の番組欄でも『あいましょう東京で』と、温かいメッセージが記されていました。

さて、明日明後日あるいは新年早々にも、「縦読み」メッセージがどこかに隠れているかもしれません。少し視点を変えてテレビ欄を眺めてみてはいかがでしょうか。


画像1 画像1
画像2 画像2

12.28 新洗濯表示《校長室》

今月1日から、衣類などのタグに表記されている洗濯表示が変更になったことをご存知でしょうか。

今までは「手洗イ」「エンソサラシ」「ネット使用」「(アイロンの)中」など、日本語で表記されていましたが、国際規格にならった新しいJIS記号になるため、これらの日本語表示がすべてなくなります。

また、家庭用洗濯洗剤の裏面記載も変わったり、クリーニング店での取り扱い方法も変わるようです。

今の時期はちょうど大掃除のタイミングです。新しい洗濯表示を参考にしながら、日常の洗濯をするときやクリーニング店に出す際に必要な項目を確認してみるのもよいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12.27 幕が閉じる《校長室》

年内で解散する人気グループSMAPが、昨日最終回となる民放番組に出演し、20年間の番組の歴史に幕を閉じました。

番組は約5時間にもわたり、最後は「世界に一つだけの花」を熱唱しました。(歌の収録は今月1日に行われたそうです。)

グループ活動としても28年間。メンバーのこれまでの人生の約3分の2を占めるほどの活動にはいろいろなことがあったかと思われますが、音楽界の歴史の中で一つの大きなピリオドが打たれたことは間違いありません。

実は私は過去にSMAPのファンクラブ会員になっていた時期があり、ナゴヤドームのコンサートにも行ったことがありました。その分思い入れも強いものがありましたが、彼らの残した数々の名曲はこれからも愛され親しまれ続けていくことと願ってやみません。

SMAPのみなさん、長い間お疲れ様でした。ありがとうございました。


画像1 画像1
画像2 画像2

12.22 2学期終業式《校長室》

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
<2学期終業式式辞>

長かった2学期が終わろうとしています。

みなさんにとってどんな2学期だったでしょうか。私はみなさんから多くの感動を与えてもらい、心がわくわくどきどきする時間を過ごすことができました。また、みなさんの明るい笑顔と元気で礼儀正しい挨拶。私にとってみなさんの笑顔を見て元気な挨拶を交わすことが毎日の楽しみでした。そんなみなさんに対して私自身感謝の気持ちでいっぱいです。

私は2学期の始業式で、みなさんに2学期は自立貢献の4か月間にしてほしいと話しました。そして、みなさんはその目標を一人一人の力を集結して見事に達成してくれました。

9月の体育祭。今年度は色別対抗を取り入れましたが、みなさんはその趣旨を理解し、そして自分たちで学級や学年の壁を越えて全員で体育祭を創り上げました。

11月の合唱コンクール。1つの合唱を創り上げていく上でうまくいかなかったり、時にいさかいがあったりしたかもしれません。しかし、幾多の困難を乗り越え、全員で同じステージに乗り、全員で1つの合唱を歌い上げたことは、言葉では言い表せないほどの感動を共有し合うことができたのではないでしょうか。本当にすばらしい14曲の合唱でした。

さて、明日から冬休みに入ります。14日間の休みですが、みなさんに心に刻んでほしいことを4つ述べます。

1つ目は、「新年の志を持つ」ということです。“1年の計は元旦にあり”という言葉がありますが、新しい年の初めに目標を持つことが、その年の充実度を左右します。志を掲げて必死に頑張る、一生懸命生きるという姿勢で新年に臨んでください。

2つ目は、「家族の一員としての役割を果たす」ということです。年末にはそれぞれの家庭でやるべきことや行事があると思います。みなさんはやろうと思えば何でもできる力を持っています。ぜひ進んで家族の一員としての役割を果たしてください。3年生も受験勉強で忙しいとは思いますが、例えば大掃除で汗を流すと気分転換にもなると思います。

3つ目は、3年生へのエールです。先日保護者会が行われましたが、3年生は進路を決定していく上での重要な懇談会でした。社会人になればここでがんばらなければ一生が左右されることもあります。進路が一生を左右すると言ったら言い過ぎかもしれませんが、3年生にとっては人生の第1関門です。それぞれの目標の実現に向けて冬休み、そして3学期もがんばってください。

最後は、やはり「命を大切にする」ということです。以前にも言いましたが、みなさんは命のバトンを受け継いで今という時間を生きています。そして将来は命のバトンを受け渡さなければなりません。みなさんはまだ若いので未知のことが多く、不安や悩みは尽きないかもしれませんが、一時の感情に左右されずに、常に冷静になって正しい判断をしてください。必ず未来への扉は開きます。そして、自分の命はもちろん、自分の周りの人たちの命も大切にしてください。また、交通安全にも十分に気をつけて事故ゼロで過ごせることを願っています。

では、来年1年が平和で幸せな1年となり、みなさんにとって健康で楽しく学校生活を送ることができるように心より願い、式辞といたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<保護者の皆様へ>

2学期も保護者の皆様をはじめ地域の方々より温かいご理解とご支援をいただきまして心より感謝申し上げます。

保護者の皆様におかれましては年末年始を家族そろって過ごす時間が増えるかと思います。せっかくの休みでもあります。子どもたちの新たな目標や夢を聴いていただいたりご自身のご経験を話されたりするなど、家族団欒の時間を有意義にお過ごしいただけたらと願っています。

そして、14日間の休みが子どもたちにとって充実したものになりますよう、心より願っています。

改めてこの2学期も、本校の教育活動に対してご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございました。

12.22 地球はどうなるの?《校長室》

今朝の新聞各紙でも掲載されていましたが、気象庁は21日、今年の日本の平均気温が平年を0.88度上回り、1898年の統計開始以来、過去最高になるとする速報値を発表しました。

地球温暖化に加え、2014年夏から16年春まで続いたエルニーニョ現象の影響や、1月から2月にかけての暖冬とそれに続く春の高温、さらに夏の猛暑などの影響があったと分析しています。

また、世界の平均気温も、過去最高だった去年をさらに上回り、120年余り前の統計開始以来、最も高くなる見通しとなったそうです。

確かに身近なことで考えてみますと、真夏のエアコンの使用だけでも今回の結果については十分うなづけてしまいます。真夏は皆どこでもほとんどエアコンがフル稼働。室内や車内は快適でも、室外機から吐き出される高温の外気が気温をいっそう高くしています。

気象庁の担当者は「長い目でみると今後も上がっていくのは間違いない」としているそうですが、このままいくと日本や世界は、そして地球はどうなっていくのでしょうか。


※新聞記事は中日新聞より引用させていただきました。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12.21 曲目決定《校長室》

画像1 画像1 画像2 画像2
19日(月)に、大みそか恒例の『第67回紅白歌合戦』に出場する歌手が歌う曲目を発表されました。


第67回NHK紅白歌合戦 出場歌手・曲目(あいうえお順)
(カッコ内は出場回数)

■紅組
(2)AI/「みんながみんな英雄」
(8)絢香/「三日月」
(4)E-girls/「DANCE WITH ME NOW!」
(9)いきものがかり/「SAKURA」
(39)石川さゆり/「天城越え」
(初)市川由紀乃/「心かさねて」
(初)宇多田ヒカル/「花束を君に」
(9)AKB48/「夢の紅白選抜SPメドレー」
(初)大竹しのぶ/「愛の讃歌」
(初)欅坂 46/「サイレントマジョリティー」
(19)香西かおり/「すき〜真田丸スペシャル Ver.〜」
(28)坂本冬美/「夜桜お七」
(4)椎名林檎/「青春の瞬き −FROM NEO TOKYO 2016−」
(3)島津亜矢/「川の流れのように」
(4)高橋真梨子/「ごめんね…」
(21)天童よしみ/「あんたの花道」
(7)西野カナ/「Dear Bride」
(2)乃木坂 46/「サヨナラの意味」
(初)PUFFY/「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
(9)Perfume/「FLASH」
(20)松田聖子/「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
(14)水森かおり/「越後水原〜白鳥飛翔〜」
(4)miwa/「結 -ゆい-」

■白組
(8)嵐/「嵐 × 紅白スペシャルメドレー」
(46)五木ひろし/「九頭竜川」
(7)X JAPAN/「紅」
(5)関ジャニ∞/「ズッコケ男道〜紅白で夢を歌おう〜」
(初)桐谷健太/「海の声〜みんなの海の声バージョン〜」
(初)KinKi Kids/「硝子の少年」
(29)郷ひろみ/「言えないよ」
(5)三代目 J Soul Brothers/「Welcome to TOKYO」
(初)THE YELLOW MONKEY/「JAM」
(3)SEKAI NO OWARI/「Hey Ho from RPG」
(4)Sexy Zone/「よびすて 紅白 ’16」
(23)TOKIO/「宙船」
(7)AAA/「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」
(17)氷川きよし/「白雲の城」
(3)V6/「Smile!メドレー」
(3)福田こうへい/「東京五輪音頭」
(9)福山雅治/「2016 スペシャルメドレー」
(2)星野源/「恋」
(2)三山ひろし/「四万十川〜けん玉大使編〜」
(2)山内惠介/「流転の波止場〜究極の貴公子編〜」
(7)ゆず/「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」
(初)RADWIMPS/「前前前世 [original ver.]」
(初)RADIO FISH/「PERFECT HUMAN」


紅白歌合戦と言えば、夕食を食べながらテレビでオープニングから観て、夕食後は家族でこたつを囲んでみかんを食べながらフィナーレまで観るというのが、昔の?私の典型的な歌合戦鑑賞モードでした。(時折気になる裏番組のチャンネルに替えることもありましたが。)

最近ではテレビを長時間観る人や若い世代がめっきり減ったとも言われています。これも年末年始の過ごし方が多様化したためでしょうか。

家族団欒(だんらん)の場としても君臨していた紅白歌合戦。ときにはこたつを囲んでみかんを食べながら家族でテレビを観るのもいいですね。

ところでみなさんはエントリーされた曲目をどのくらい知っているのでしょうか。(聞いたことがある・口ずさめるなど。)

ちなみに私は恥ずかしながら10曲ほどでした・・・。

12.21 冬至《校長室》

今日は冬至です。

冬至とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。
太陽の位置が1年で最も高くなる夏至と日照時間を比べると、5時間ほどの差があるそうです。

<冬至についての豆知識> (三浦康子氏「暮らしの歳時記ガイド」より引用・編集)
ところで、冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。にんじん、だいこん、れんこんなど「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。

冬至にはかぼちゃを食べると言われています。かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです。

また、柚子湯に入るとよいとも言われています。柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理で、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。端午の節句の菖蒲湯も同様です。

さらに柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。もちろん、柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。

また、小豆(あずき)を使った冬至粥があります。昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われていますから、冬至粥で邪気を祓い、翌日からの運気を呼び込もうというわけです。


みなさんも運気の上がるアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

12.13 「金」《校長室》

画像1 画像1
昨日12日(月)、今年1年の世相を1字で表す「今年の漢字」が発表され、2016年の第1位は「金」(キン・コン/かね・かな/こがね)と決定しました。

主な理由の概要としては、以下の3点が挙げられています。

1:リオオリンピックにおける日本人選手の「金」メダルラッシュで、日本中が感動と興奮に包まれた年。4年後の東京オリンピックへの期待、明るい日本への願いを込めた漢字。

2:前東京都知事の政治資金問題、築地市場の豊洲移転問題、東京オリンピックの巨額経費問題など、政治と「金」に絡む問題が次々と浮上した年。

3:イチロー選手のメジャー通算3,000本安打達成やレスリング伊調馨選手の五輪4連覇などスポーツ界の「金」字塔。「金」色の衣装を身に着けたピコ太郎さんの「PPAP」がSNSを通じて世界的大ヒットを記録した年など。


毎年選ばれる漢字はいつも明るい話題ばかりではありませんが、強く印象に残る出来事が多く含まれていますね。


また、トップ10の他の漢字は以下の通りです。

2位:「選」
3位:「変」
4位:「震」
5位:「驚」
6位:「米」
7位:「輪」
8位:「不」
9位:「倫」
10位:「乱」


さて、みなさんにとってのこの1年を表す1字はどんな漢字でしょうか。


(ちなみに私にとっての今年を表す漢字は、「揺」です。)

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
1/20 3年学年末テスト 交通事故ゼロの日
1/26 事故けがゼロの日

全校

コミュニティスクール

1年生

2年生

3年生

保健だより

台風・地震

一宮市立奥中学校
〒491-0201
愛知県一宮市奥町字上平池55番地
TEL:0586-28-8761
FAX:0586-62-4192