7月20日(金) 1学期終業式校長講話

画像1 画像1
1学期の終業式にあたり次のような話をしました。

 本日で1学期が終わり40日余りの夏休みが始まります。この長い休みの過ごし方については、各学年の先生方からいろいろと聞き、皆さんはすでに学習、部活動など多くの計画が立っていることと思います。 
 さて、これまでの集会でも本を紹介してきました。今日紹介する本は、原田マハさんの「暗幕のゲルニカ」です。ゲルニカとはピカソが描いた作品で、第二次世界大戦開戦前、スペインのゲルニカをナチスドイツが空爆し、無差別に多くの人々を殺戮した様子を描いたものです。このゲルニカはパリで行われた万博で展示された後、ピカソの「スペインが民主化されるまではアメリカで預かってほしい」との要望をうけ、世界中を回った後、長らくニューヨーク近代美術館(MoMA)に展示されていました。その後スペインが民主化されプラド美術館に戻ることになります。MoMAの学芸員である主人公は幼いころ、このゲルニカを見て大きな影響を受けます。この小説は、第二次世界大戦のころと2001年9月11日のアメリカ同時多発テロの時代とを行き来しながら進められるミステリーです。また、筆者である原田マハさんもMoMAの学芸員だった方です。
 筆者と主人公はともに絵画から大きな影響を受けました。自分の人生を決めるような体験をしたという共通点があります。二人とも絵画という視点から人生を切り拓いています。
 以前紹介した「SHOE DOG」でのフィル・ナイトは多くの人との出会いから人生を切り拓き、夢を実現させます。「バッタを倒しにアフリカへ」の前野氏は自分の好きなことをとことん追い求めて人生を切り拓き、夢の実現を図りました。 
 皆さんには、将来の夢はありますか。このようなことに挑戦していきたいという夢はありますか。夢は自分の人生を切り拓いていくエネルギーになります。しかし、待っていても夢を持つことはできません。
 せっかくの長期の休みです。この休みを利用して、読書をする、美術館に行ってみる、友人ととことん将来のことを話し合ってみるなど取り組んでみましょう。ちなみに、以前担任した生徒は、日本海岸が重油で汚染されたとき、長期の休みを利用して、その清掃ボランティアに参加しました。休み明け、彼女は将来必ず人の役に立つ職業に就くと言っていました。10年くらいしたある日、彼女と再開しました。彼女は、「先生、私は先生と約束した通り、人の役に立つ仕事、看護師になりました。」と教えてくれました。皆さんも、この休みを「挑戦した休み」にしてください。
それでは、健康に気を付けて、充実した夏休みにしましょう。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
8/1 1年出校日
8/2 3年・10・11組出校日
8/3 2年出校日
8/6 一宮市防犯の日
一宮市立南部中学校
〒491-0871
愛知県一宮市浅野字土井ノ内1番地1
TEL:0586-28-8753
FAX:0586-77-3549