12月3日(月) 人権週間校長講話

画像1 画像1
 明日4日から人権週間が始まります。本日の集会では、人権に関する次のような講話を行いました。

 どの学校でも毎年この時期になると人権に関する授業を実施します。これは、「世界人権宣言」が、1948年12月10日に国連で採択されたことを記念して、12月10日を「人権デー」と定め、すべての加盟国に、人権思想の啓発を行うように国連が要請しているからです。
 本校でも、毎年人権の授業を実施しています。皆さんはこれまでも、いじめはダメ、差別はダメなどの話を聞いてきています。何度も聞いているから、そんなことは分かっているよという人たちが大半だと思います。そこで今日は少し視点を変えて考えていきたいと思います。
 その視点となるキーワードは、「自由とは」です。人は生まれながらにしていろいろな権利を持っています。その中でも、「自由」であることは最も大切な権利の一つだと思います。これは誰もが、自分らしく自由に生きたいと思っていることからも分かります。しかし、全ての人が、人間は自由なのだからと言って、自由に「自由権」を行使すれば、いろいろな問題が起きます。その最たるものが戦争です。そこで、今日紹介するのは「自由の相互承認」という考え方です。これは、簡単に言えば、自分の自由を守るためには、相手の自由も守らなければいけない。お互いが相手の考えを知り、お互いが折り合いをつけながら、相手の自由を守りつつ、自分の自由を守っていくことが大切だという考え方です。そのためには、自分が何を考えているかを発信するだけでなく、相手が何を考えているかを知り、相手の考えていることに対して、自分の考えを伝えることが大切です。お互いがコミュニケーションを十分にとるなかで、自由を守っていく方法や回答を見つけ出すことが自由の相互承認につながります。
 皆さんも含めて日本人はお互いの気持ちを出し合って話し合うことが苦手なため、トラブルを起こすことがあります。身近なことで言えば「いじめ」です。自分の考えや気持ちは言葉にしなければ、相手に伝わりません。人は言葉を発しながら、話し合うことで理解していきます。
 生活の中で「自由の相互承認」という言葉の意味を考えながら生活してみてください。今までとは少し違った友人関係や社会の見方ができるようになりますよ。



4月20日(金)セルフディフェンス講座2(1年生)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
本日、1年生は「セルフディフェンスコミュニケーション開発」スクールソーシャルワーカーの講師の先生方をお招きして、セルフディフェンス講座を受けました。
講座の中では、不審者や犯罪、いじめなど、様々な危険から自分を守る、自分を大切にする方法を学びました。
特に、いじめに関しては、人をいじめることが重大な結果をもたらすという話を聞きました。生徒たちは、絶対にいじめをしないという決意ができるものでした。
本日学んだことをこれからの学校生活だけでなく、様々な場面で生かしてほしいと思います。
ご来校いただいた保護者の皆様、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/10 交通事故ゼロの日
12/11 郵便局口座引落
12/12 保護者会
12/13 保護者会 3年面接マナー講座
12/14 保護者会
12/16 家庭の日
一宮市立南部中学校
〒491-0871
愛知県一宮市浅野字土井ノ内1番地1
TEL:0586-28-8753
FAX:0586-77-3549