最新更新日:2018/09/20
本日:count up10
昨日:218
総数:247838

9/3(月) 2学期始業式<校長式辞>

 平成30年度2学期始業式 式辞

 長い夏休みが終わり、2学期の学校生活がスタートしました。平成最後の夏休みはどうでしたか?部活動の大会やコンクールでは3年生を中心に目標に向かって精一杯取り組む姿を見せてもらいました。全力で取組み、汗を流す皆さんの姿は輝いていました。また、南陵中の生徒はマナーがよく、あいさつもしっかりできますねというお褒めの言葉もいろんな方から聞き、嬉しく思いました。
 3年生からバトンを受け継いだ2年生、1年生の皆さんも新チームとして動きだしました。これから練習や活動に集中して取り組み、先輩たちを乗り越えるようなチームをつくっていってください。

 夏休み中には、1年生は「食と健康の職場見学」、2年生は「職場体験」、3年生は「体験入学」に出かけ、今まで自分が知らなかった世界も見ることができたことでしょう。職場体験に出かけたある生徒は、「仕事の大変さが分かりました。自分が思っていたよりも、ずっと大変な仕事を毎日頑張ってやってみえることが分かりました。自分も今自分にできることを頑張りたいです」と話していました。皆さんの今一番大切な仕事は、自分を高めることです。心も、体も、知能も伸び盛りです。時々、一日中自分の好きなことをして、自由な生活だったらいいなぁと言う人がいますが、成長というのは決してすべてが自由な生活の中にあるのではなく、やらなければならないことをやり、その中で自由な時間を大切に工夫する中にあります。大変だと思う生活にこそ、磨かれる自分があると思います。

 2学期は、皆さんの活躍できる機会がたくさんあります。ぜひ仲間との協働の時間を大切にしてください。南陵祭などでは、仲間と一緒に何かを創り上げる楽しさを味わってください。主役は皆さんです。特に3年生にとっては、最後の南陵祭です。最上級生として、全校を引っ張り、行動で語れる南陵中生の姿を期待しています。自分から進んで参加した行事ほど感動があり、心に残るものになるはずです。
私は南陵祭の合唱コンクールがとても楽しみです。合唱はクラスの特色やカラーがよく出ます。はじめからスムーズにいかずに苦労することもありますが、クラスみんなの力で問題を解決し、それらを乗り越えて一つになったとき、本当に感動があります。皆さんが学級や学年でどのようにまとまり、どれだけ本気で打ち込めるか、楽しみにしています。

 いつも本気で何かに挑戦する人たちは周りに感動を与えたり、勇気を与えてくれたりします。この夏の高校野球の甲子園大会では、公立高校である東北の金足農業高校が、私立の強豪校を次々と倒し、決勝まで勝ち進み、話題となりました。アジア大会2018では、たくさんの日本人選手が活躍をし、感動を与えてくれました。皆さんも、この2学期、一つ一つのことに、本気で挑戦する生活を創り出してみてください。

 2学期は休日も合わせて112日あります。長いようで、あっという間に終わってしまうかもしれません。一日一日を大切にしていきましょう。

画像1 画像1

7/20(金) 1学期終業式 〜その3〜

画像1 画像1
画像2 画像2
 <平成30年度1学期終業式校長式辞の概要>

 セミの鳴き声も聞こえるようになり、1学期の最終日を迎えました。
 新年度が始まって3か月半、それぞれに目標をもって頑張ってきたと思います。1年生は小学校の時の気持ちをしっかりとリセットし、南陵中生として緊張感をもってがんばってきました。2年生は先輩として、3年生は最上級生として自覚を高め、生活してきたと思います。

 さて、先日の西日本豪雨では、各地で今までにない被害があり、200人を超える方が命を落とされたり、1万人以上の方が非難されたりしました。そんな中、先週の3連休で、復興のために全国から何と延べ4万人ものボランティアの人たちが被災地に集結したそうです。全国には人のためにすぐに行動を起こせる志ある方がこんなにもたくさんいるのかと感動しました。

 始業式では三つのことを話しましたが覚えていますか?一つ目は「気づき、考え、実行する姿勢」のことです。まさにこのボランティアの方々の姿勢はお手本だと思いました。2・3年生の宿泊行事でも、周りの人が困っているとさっと手をさしのべる姿を見て、感心したこともたくさんありました。
 二つ目は、三つの「あ」のことです。
あいさつ、アイコンタクト、ありがとうの感謝の気持ち。意識できましたか?南陵中にはすばらしいあいさつの伝統があります。自分から自然と「おはようございます」「ありがとうございます」と言えるのは素晴らしいです。これからもこの伝統を大切にしていきましょう。
 三つ目は、しなやかな強さやたくましさのことです。これは少し難しいことですが、この花で説明します。これは体育館の南側の花壇のところに咲く花です。よく見てみると、一株だけ、花壇からはみ出し、アスファルトの隙間から生えて、花を咲かせている株があります。種がこぼれた場所は他の株よりも厳しい環境ですが、置かれた場所で必死に花を咲かせるこの花のたくましさに心を打たれました。
 学校生活では、仲間と協力することが大切とよく言われます。協働、協調を学んでいます。でも、それだけでは十分ではありません。もう一つ大切なことは自分一人でもやり遂げていく力です。みんなで一緒に何かをすることは安心感があります。でも、たとえ一人でもやりとげるぐらいのたくましさも必要です。協力と孤独、そのどちらともが自分を成長させてくれます。孤独を感じたときは、自分と正面から向き合うチャンスです。スマホやTVを見て心をごまかさないで、しっかりと自分の心と向き合い、孤独でも実行していく強さを磨いてください。

 これから長い夏休みを迎えます。夏休みは自分と向き合う大切な時間です。一日一日を大切にするために、お薦めすることは、三つあります。一つ目は、夜寝る時間、朝起きる時間を自分で決めて、自分で生活をつくってみることです。特に朝の涼しい時間をうまく使うとよいです。二つ目は、部屋の片づけや家の掃除をしてみることです。心が不思議とすっきりとします。三つ目は、読書の時間を多く取ることです。読書は心の栄養です。現在若者の活字離れが大きな問題となっています。家でも、南陵タイムぐらいの時間は少なくとも毎日読書をしてみてください。

 暑い夏となりそうです。熱中症や交通安全に十分に気を付けてください。3年生の高校見学、2年生の職場体験、1年の職場見学は、将来の自分の生き方を考えるうえで、とても意義ある機会です。ぜひそこから多くのものをつかみ取ってください。
 全校出校日や2学期の始業式に、また皆さんの元気な顔が見えるのを楽しみにしています。


7/19(木) 部活動壮行会 ~その8~

 会の最後に、学校長からは次のような激励の言葉がありました。
 
 いよいよ夏の大会・コンクールがやってきます。3年生にとっては最後の大会です。
 先ほどの抱負を聞いていると、とても心強く思います。皆さんが思う存分、力を発揮できることを願っています。
 部活動は、皆さんにとっては「成長」の乗り物です。部活動に真剣に取り組む中で、皆さんは以前できなかったことができるようになったり、仲間と協力すること、あきらめないこと、工夫すること、努力すること、気持ちをコントロールすること…などたくさんのことを学んだりして、大きく成長してきました。
 そして、夏の大会・コンクールは、皆さんの「成長を確かめる場」です。以前できなかったことができるようになった自分、以前よりも心が強くなった自分を見つけてみてください。そして、自分にとって、自分たちにとっての今まででベストの力が出せる、いわば新記録を目指してください。

5つのアドバイスをします。
1 試合で、自信がないときは、深呼吸をして、心の中で「できる。できる。できる」と3回強く念じてみてください。自信が湧いてきます。
2 自分が失敗しているイメージではなく、うまくいっているイメージをもってみてください。
3 試合や演奏はすべてメンタルな勝負です。守りの姿勢ではなく、常に失敗を恐れない攻めの姿勢で。勝っていても最後の最後まで油断しないこと。流れをうまくつかみましょう。
4 会場では雰囲気を盛り上げて、プレーしている仲間を真剣に応援しましょう。
5 競技も演奏も一人ではできません。仲間や周りの人に感謝すること。それが力になります。

 皆さんの活躍を期待しています。がんばれ南陵中生!
画像1 画像1

7/19(木) 部活動壮行会 ~その7~

 応援レターの後は、生徒会執行部の企画があり、テーマが発表になりました。今年のテーマは、「飛躍 汗と涙で輝く夏」です。そして、代表者による選手宣誓も行われました。力強い宣誓が響き渡りました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/19(木) 部活動壮行会 〜その6〜

各部の発表の後、2年生より激励の手紙が読まれました。思いがこもったメッセージでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/19(木) 部活動壮行会 〜その5〜

 3年生にとっては、最後の夏の大会・コンクールです。これまでの練習の成果を生かせるように、頑張ってください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/19(木) 部活動壮行会 〜その4〜

 各部の抱負に対して、温かい拍手が行われました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/19(木) 部活動壮行会 〜その3〜

 各部の抱負発表の際は、一人一人が決意や意気込みを発表する部活動もたくさんありました。やる気があふれています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/19(木) 部活動壮行会 〜その2〜

 夏の大会やコンクールに向けて、各部が熱のこもった抱負や意気込みを披露しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7/19(木) 部活動壮行会 〜その1〜

 部活動壮行会が行われました。体育館に大型扇風機を集結させ、体育館周辺には打ち水により気温を下げる工夫をして、実施しました。
 各部の選手やコンクール出場者が、全校生徒に迎えられて入場しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/19(火)野外教育活動のお迎えについて

野外教育活動のお迎えは、武道場横の芝生広場に停めてください。バスが出た後、舗装路に停めることはできます。今回、南陵公民館の駐車場及びテニスコート北側の多目的広場も停められます。職員はいませんので気をつけて停めてください。
画像1 画像1 画像2 画像2

5/10(木) 前期生徒総会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 6時間目の前期生徒総会では、生徒会活動計画、委員会会計予算案、委員会活動計画、生徒会会則の改定について審議しました。真剣に聞く姿が素晴らしい南陵中の生徒の姿が見られました。

4/13(金) 離任式 〜その4〜

 離任式後は、花道をつくって転出された先生方を見送りました。帰りのST後にも、転出教員との別れを惜しんでいました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4/13(金) 離任式 〜その3〜

 代表生徒から転出した教員に対して、お礼の手紙が読まれたり、花束が贈呈されたりしました。別れを惜しむ気持ちが伝わってきます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4/13(金) 離任式 〜その2〜

 転出された先生からは、近況や南陵中生への温かいメッセージが話されました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4/13(金) 離任式 〜その1〜

 この春、本校から転出された先生方を迎えて、離任式が行われました。校長からは一期一会の話がありました。その後、お一人お一人から心のこもったご挨拶をいただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4/5(木) 平成30年度入学式・始業式  〜その4〜

 92名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。保護者の皆様、お子様のご入学おめでとうございます。よろしくお願いいたします。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

4/5(木) 平成30年度入学式・始業式 〜その3〜

入学始業式の後は、1年生にとって初めての学級活動が行われました。担任の自己紹介や学級経営の方針、中学校生活の注意事項、配布物・提出物についての説明が詳しくありました。保護者の方にも一緒に聞いていただきました。
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

4/5(木) 平成30年度入学式・始業式 〜その2〜

 <入学始業式の校長式辞>

 やわらかな春の陽ざしが、新しい生活のスタートを祝福してくれています。
 92名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。南陵中学校の教職員一同、皆さんの入学を心待ちにしておりました。出会いは素晴らしいです。そこから、夢や希望、信頼、友情、可能性などが拡がっていきます。
 この良き日に、早朝より御来賓の皆さまにご臨席を賜り、入学式を挙行できますこと、高い席からではございますが、厚くお礼申し上げます。
 さて、新入生の皆さん、今日から南陵中学校の生徒です。親から受け継いだ命を大切に、何事にも真剣に取り組み、自分でできることは自分で行い、自らを高めていきましょう。そして、他の人のために進んで汗を流し、人から「ありがとう」と言われるような人になってください。
 2、3年生の皆さん、進級おめでとうございます。2年生は先輩として、3年生は南陵中学校の最上級生として、自分で気付き、考え、実行できる南陵中生になってください。 本校にはあいさつの素晴らしい伝統があります。今年もぜひ三つの「あ」を大切にしてほしいと思います。一つ目はアイコンタクトです。相手の目を見て話を聞くことで、相互理解や信頼が何倍も深まります。二つ目はあいさつです。あいさつは相手や社会に心を開く第一歩です。三つ目は「ありがとう」の言葉です。「ありがとう」の数だけ、人は幸せになれると言われます。この3つの「あ」を大切にしてください。「アイコンタクト」「あいさつ」「ありがとう」です。
 また、現代は変化の激しい時代です。いろいろな経験を積み、自信を付け、困難を乗り越えていく「しなやかな強さ」を身に付けていってください。
皆さんは竹がなぜ強いのか知っていますか?竹は一見弱そうに見えますが、実は非常に強い植物です。重い雪がたくさん積もってもびくともしません。折れないで、やわらかく曲がります。そして、雪が無くなったら「バネ」のように復元して、また元のように戻ります。もしも竹が「曲がらない堅い強さ」だけだったら、折れてしまうでしょう。このような「やわらかさ」や「バネのような力」こそが、「しなやかな強さ」です。
 「竹」が強いのには、二つの理由があります。一つ目は、たくさんの「節」があり、幹をしっかりと支えているからです。皆さんにも「節」があります。今日のような入学式や始業式は、大きな区切りとなる「節目」です。
 二つ目の理由は、竹は、根が地面の中でつながっているからです。だから、強い風が吹いてもびくともしません。皆さんも、「竹」の根のように、仲間とつながって協力できる姿勢を高めていくと「しなやかな強さ」を身に付けられます。
 保護者の皆様、本日は大切に育ててこられたお子様のご入学、誠におめでとうございます。私ども職員一同、「命を大切にし、志をもった子ども」の育成に全力で取り組んで参ります。どうぞ、本校の教育にご支援・ご協力を賜りますようお願いいたします。
 新入生の皆さん、2・3年生の皆さん、本校の校歌には「今日の中にも明日がある」という歌詞があります。今日を大切にする人は未来の可能性を拓く人だと思います。共に高め合い、成長し合える南陵中学校を創っていくことをお願いして、式辞といたします。

 平成三十年四月五日
      常滑市立南陵中学校長 榊 原 将 道

画像1 画像1
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
学校行事
9/23 秋分の日
9/24 振替休日
9/27 学校保健委員会 (全体)

南陵中だより

学年通信(1年)

学年通信(2年)

学年通信(3年)

保健だより

その他の配布物

愛知県常滑市立南陵中学校
〒479-0819
住所:愛知県常滑市苅屋町5丁目50番地
TEL:0569-35-4005
FAX:0569-34-9341