最新更新日:2020/10/23
本日:count up14
昨日:55
総数:68831
瀬戸市立瀬戸特別支援学校のホームページへようこそ!

特別支援課の学校訪問!

 10月21日に、特別支援教育課の学校訪問がありました。

 3名の先生方が来校されまして、終日に渡り職員の授業等の視察や各書類の点検などをされました。

 授業を始め多方面にわたりまして、先生方からアドバイスをいただきました。

 先生方からは、本校の様子について

 まず子供たちの様子を見られて「児童生徒の皆さん、元気に返事をしたり、活動したりと積極的に授業に参加しています」と感激されていました。

 指導につきましては、「児童生徒一人一人の課題を踏まえた指導ができています」「職員の皆さんが明るく、とても楽しく温かな授業を展開されています」
 「各部が、まとまっていて雰囲気のよい学校です」とうれしい講評をいただきました。

 職員の日頃のがんばりに感謝です。

 今後とも児童生徒に「分かりやすい授業づくり」「確かな学びにつながる授業づくり」を進めていきたいと思います。

 次の項目については、十分に気をつけるように指導がありました。

 ①不祥事防止(体罰、情報漏えい等)の徹底。 
 ②いじめ防止(特にコロナ禍でのいじめには十分に配慮)の徹底。
 ③新学習指導要領に向けての計画的な推進。
 ④多忙化解消の推進。
 ⑤キャリア教育の推進。


 あらためて我々教育公務員としての立場を自覚し、言動や行動には、十分に注意していき、児童生徒の一人一人の可能性を最大限に伸ばす教育を推進していきたいと思います。

画像1 画像1 画像2 画像2

小学部 3、4年1組 「食欲の秋です!稲刈りです!」

6月に田植えをした稲がどんどん成長し、収穫の時期を迎えました。
田植えからずっと稲の観察記録を付けて成長を見続けてきました。立派に育った稲をいよいよ収穫する日が来ました。毎年、稲刈りを経験している児童たちは鎌の使い方も上手で、稲刈りのプロのJA職員さんにも「とても上手だね!」と褒めていただきました。収穫した稲は一週間天日干しにし、脱穀・もみすりをえてお米になり給食に登場します。その日を楽しみに脱穀・もみすりも頑張ります。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

中部大学の先生による自立活動相談!

 毎年、児童生徒の学校生活における自立活動について、専門的な立場から助言をいただき、授業改善を図る目的のために「自立活動相談」を行っています。

 今回も中部大学の2名の先生に来校していただき、自立活動相談をさせていただきました。

 日頃、自立活動を指導するにあたり、児童生徒の状態は一人一人異なり、教育的ニーズは様々です。

 一人一人の課題に応じた適切な自立活動の指導を実施するためにも、教職員の専門性の向上を図る必要があります。

 今回の大学の先生による自立活動相談は、外部専門家を活用し、専門的な知識を吸収していくよい機会と考えています。

 今後とも大学を始め関係機関と連携をし、児童生徒にとってより適切な自立活動の指導ができるように進めていきたいと思います。

画像1 画像1 画像2 画像2

社会人になるために!

 高等部の廊下掲示板に「社会人としての心構え」「社会人の身だしなみ」の掲示が、ありました。

 今週(10月19日)から高等部2年生が2週間産業現場等の実習を行っています。その事前学習で使用されたものです。

 「時間を守る」「決まりを守る」「あいさつ」「健康管理」「周囲への配慮」など社会人として大切なことが、示されています。

 どれも「あたりまえのようなこと」と思われがちではありますが、どれも「大切なこと」「必要なこと」と思います。

 学校にいる間に、是非、身に付けてほしいと思います。

 継続的なキャリア教育を期待しています。

画像1 画像1

素敵な商品ができました!

 小学部3年生から6年生の皆さんが生活単元学習の時間に「ナナイロ社」という会社をおこして「紙すき作り」「パソコン入力」「色ぬり」など作業を分担し、素敵な「コースター」「カレンダー」を作りました。

 販売のため校長室に来てくれました。すぐに使用できる素敵な製品ができました。

 模擬の会社おこしから始まり、製品づくりや販売を行い、社会性を身に付けるキャリア教育の一つとなっています。

 本校のキャリア教育につきましては、小学部、中学部、高等部の12年間を計画的、継続的に行い充実を図っていきたいと思います。

 これからも模擬会社の発展を楽しみにしています。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

「修学旅行」高等部、無事に行ってきました!

 天気にも恵まれて、2日間の高等部3年生の修学旅行が無事に終了しました。参加者全員が、元気に無事に帰ってきたことが最もありがたいことです。

 高等部の修学旅行は、新型コロナウイルス感染症の広がりにより、大阪方面から豊橋、静岡方面に変更して実施しました。

 保護者の皆様にも様々な心配をおかけしましたが、無事に行けることができまして、大変うれしく思います。

 バスから降りてくる生徒の様子を見ますと、さすが高等部3年生らしく、とても晴れやかな表情を見せてくれました。

 帰着式では、生徒一人一人の挨拶や返事からのんほいパーク、うなぎパイファクトリ館、ホテルなど貴重な経験を沢山したことがよくわかりました。

 是非、今後の学習活動に生かしてほしいと思います。

 保護者の皆様を始め、生徒、職員と多くの見送り、出迎えとありがとうございました。 

 まだまだ、感染症対策をしながら、感動と学習の成果を上げていきたいと思います。

 引き続き、ご理解とご支援をいただきますようにお願いします。


画像1 画像1 画像2 画像2

面白いTVを見ました!

 週末の楽しみな番組になっています。NHK「チコちゃんに叱られる!」です。

 今回は「人は歌うとストレスを解消できますか?」の質問に対してゲストの皆さんが、回答できずに、チコちゃんから「ボーっと生きてんじゃね〜よ!」のおきまりの言葉を浴びせられていました。

 答えは「人は歌うと幸せになる生き物」

 具体的には、人は歌うと副交感神経が活発になり、唾液が多く出て、表情筋もゆるみ、笑顔になる。その結果、リラックスする気持ちになるようです。

 コロナ禍ですので、なかなか歌う機会がないときには、好きな音楽を聞いたり、見たりするだけでも、表情筋がゆるみ、笑顔になり、リラックスするようです。

 ストレス解消の一つとして、授業の中で笑顔が生まれる(表情筋がゆるむ)指導をタイミングよく入れていくことで、より次へのやる気、意欲につながると思いました。

 より主体的な授業づくりの参考になりました。

体育の日に思いを寄せて!

 「体育の日は、いつですか?」という質問に、私は、つい「10月10日です」といまだに間違えて答えてしまうことがあります。
 歴史をさかのぼりますと、1964年10月10日に開催されました「東京オリンピック」の開会式を記念し、「国民の皆さんがスポーツに親しみ、健康な心身を培うことを目的」に1966年に「体育の日」が制定されました。
 2000年からはハッピーマンデー制度で10月第2月曜日になりました。
 そして2020年東京オリンピックの開会式を記念して7月24日「スポーツの日」と改称されました。ただ今年は、新型コロナウイルス感染の関係でオリンピックが延期されましたので、来年も7月23日が「スポーツの日」になる予定です。
 10月10日が近づくとつい思い出してしまいます。
 来年度は、是非、東京オリンピック・パラリンピックが無事に開催され、日本選手が大活躍することを期待しています。
 本校でも、関心を高めていきたいと思います。
 最近では、10月9日にパリで行われたテニスの全仏オープン車いすの部において上地結衣選手が2年ぶり4度目のタイトルを手にされていて、来年のパランピックでのメダルに期待が高まります。
(中日新聞掲載)

画像1 画像1

とても興味深い詩!

 光陵校舎の廊下にとても興味深い詩が掲示してあります。

 国語の授業で作った詩です。

 宮沢賢治さんの有名な詩「雨二モ マケズ」をアレンジした詩
「あめにも まけず げんだいばん」です。紹介します。

 あめにもまけず かぜにもまけず  
 かんせんしょうにもまけず
 ただしいじょうほうをしいれ つよいこころをもち
 けしていからず いつもえがおをたやさない  
 あさははやくおきて からだをうごかし
 ごはんはえいようのあるものをたべ 
 めんえきりょくをたかめ
 できるだけきょりをとり そしていろいろなひとに
 ゆうきをさずけてやる かなしくおもうときは
 じぶんがえがおになり つまらないとおもうときは
 いまいきられていることにかんしゃし
 さいがいにそなえ じゅんびをおこたらず
 さむさのなつは こころをやすめ とにかくいまは
 じぶんのすべきことをすべし 
 そういうひとに ならねばならぬ

 まさしく、現代版にふさわしい新型コロナウイルス感染予防の中、前を向いて頑張る様子が、詩から伝わってきます。
 私たちに勇気と元気を届けてくれる作品でした。

 作成した生徒と指導していただいた先生に感謝したい。

画像1 画像1

外国語支援員のチェルシ―先生が来校!

 小学部にチェルシー先生が、来校しました。

 各教室で、英語によるあいさつや基本的な名称、質問と回答を教えていただいています。

 なんといっても講師のチェルシー先生の明るく、丁寧な話し方に児童の皆さんも目を見開いて、いつも以上に元気に答えたり、笑ったりと笑顔がたえない授業となっています。

 この授業を通して今後、外国の方と接する機会には、主体的にあいさつや会話ができることを期待しています。

 また我々指導者は、チェルシーさんの明るく、丁寧な授業を参考にして、今後とも「児童生徒が、より分かりやすい授業作り」を目指していきたいと思います。

画像1 画像1

Enjoy!南知多

10月7日(水)、8日(木)半田、南知多方面へ修学旅行に行きました。
一日目、最初の目的地は、半田赤レンガ建物。持参したお弁当を食べて、展示物を見学。二か所目のえびせんパークでは、たこせんべいを作る「ぺったん体験」をしました。せんべいの焼けるいい匂いにみんなニコニコでした。夜はサポートイン南知多に泊まり、おいしい夕食を満喫しました。
二日目は雨でしたが、予定通り南知多ビーチランドへ。イルカショーでは、イルカのダイナミックな動きに大いに盛り上がりました。午後も、雨の中、ペンギンやセイウチなどを見て回り、事前学習で計画していたミッションを達成しました。
バスの中やホテルでは、ビンゴゲーム&ミュージックビデオ大会を楽しみ、笑いがいっぱいの旅となりました!!

画像1 画像1 画像2 画像2

「修学旅行」中学部、無事に行ってきました!

 小学部と同じように、台風が気になるタイミングでしたが、台風が来る前に、修学旅行を実施することができました。

 本年度の修学旅行は、新型コロナウイルス感染症の感染予防を踏まえて京都方面から県内の知多半島方面に変更して実施をしました。保護者の方にも様々な心配をおかけしました。

 当日の朝、代表生徒の合図とともに皆さんで「エイエイオー」と元気よく掛け声をかけて出発することができました。

 出発式で竹原部主事先生から修学旅行で「是非、新しい発見をしてください」と課題が出されました。

 2日間を振り返って、雨天でしたが、歴史的な建物の見学、ぺったん体験、買い物、きれいなホテルとお風呂、おいしかった食事、驚きと感動のイルカショーそしておなかを抱えて笑ったバスレクなどと貴重な経験をすることができました。

 生徒一人一人、新しい発見があったと思います。

 出発と到着では、保護者の方を始め多くの生徒と職員が玄関に出て、見送りと出迎えをしてもらい、中3の生徒、職員は、とてもうれしく思いました。

 無事に、2日間の修学旅行を終えることができました。
 ありがとうございました。

 今後も感染症対策をしながら、感動と学習の成果を上げていきたいと思います。

 引き続き、ご理解とご支援をいただきますようにお願いします。

画像1 画像1 画像2 画像2

令和2年度インフルエンザワクチン任意接種費用の一部助成について

 瀬戸市健康課より、令和2年度インフルエンザワクチンの任意接種費用の一部助成についてのお知らせがあります。

http://www2.schoolweb.ne.jp/weblog/files/231018...

8月24日からの中学部・高等部生徒の送迎経路について

新型コロナウイルスの感染または感染が疑われる場合への対応について

瀬戸市教育委員会からの『新型コロナウイルスの感染または感染が疑われる場合への対応について』の文書を掲載しました。

http://www2.schoolweb.ne.jp/weblog/files/231018...

新型コロナウイルス接触確認アプリのダウンロードについて

 新型コロナウイルス接触確認アプリ(厚生労働省)のURLを掲載しました。ダウンロードには、URLより入っていただき、「アプリのインストール方法」を御参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/buny...

本校の特色

画像1 画像1
【本校の特色】

 本校は、肢体不自由児(者)のための瀬戸市立の特別支援学校です。小学部から高等部まで一貫教育を行っています。 一人一人の障害の状態や能力に応じた教育を行います。

  

【教育目標】

 明るく心豊かに学校生活を送ることができる環境を整えるとともに、個々の教育的ニーズに応じた教育を実践することにより、共生の意識と自己肯定感の伸張を図り、児童生徒一人一人が主体的に社会参加を目指す資質を育成する。



【校訓】

   支え合い 活動的に 今を生きる



【具体的方針】

○一人一人に応じた指導の充実
 一人一人の教育的ニーズを把握し、学校、家庭、医療、福祉、労働等関係機関との連携を密にし、適切な指導及び必要な支援を行います。

○自立と社会参加に向けた職業教育の充実 
 児童生徒の自立や社会参加に向けて、個別の教育(移行)支援計画を活用し、適切な指導及び支援を行います。

○障害の重度・重複、多様化への対応 
 児童生徒の障害の重度・重複化、多様化に応じた自立活動の指導の充実を図ります。  
 児童生徒一人一人の障害の状態等の的確な把握に基づいて個別の指導計画を作成し、その指導の充実に努めます。




学校紹介

画像1 画像1
 瀬戸市立瀬戸特別支援学校(小学部)

  〒489-0886
   住所:愛知県瀬戸市萩山台2丁目22番地
     TEL:0561-76-4391
     FAX:0561-76-3948
 

学校紹介

画像1 画像1
瀬戸市立瀬戸特別支援学校(光陵校舎)

  〒489-0886
   住所:愛知県瀬戸市萩山台9丁目244番地
     TEL:0561-76-2263
     FAX:0561-76-5504  

学校までのアクセス方法

交通案内
 瀬戸特別支援学校(小学部)
 ・名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」下車
  名鉄バス「瀬戸駅前」1番乗り場より
  菱野団地行きに乗車、「せと在宅福祉センター前」下車(徒歩3分)
 ◎瀬戸市立萩山小学校に併設

 瀬戸特別支援学校 光陵校舎(中学部・高等部)
 ・名鉄瀬戸線「尾張瀬戸駅」下車
  名鉄バス「瀬戸駅前」1番乗り場より
  菱野団地行きに乗車、「萩山台南」下車(徒歩4分) 
 ◎瀬戸市立光陵中学校に併設

画像1 画像1
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
瀬戸市立瀬戸特別支援学校
〒489-0886
住所:愛知県瀬戸市萩山台2丁目22番地
TEL:0561-76-4391
FAX:0561-76-3948

瀬戸市立瀬戸特別支援学校光陵校舎
〒489-0886
住所:愛知県瀬戸市萩山台9丁目244番地
TEL:0561-76-2263
FAX:0561-76-5504