黒田小ウェブサイトへようこそ! 本校の教育活動の一端をご覧ください。

1.14 下へ下へと根を伸ばせ

画像1 画像1
 今は二十四節気でいうところの「小寒と大寒の間」です。
一年で最も寒い時期です。大寒(1月20日)が終わると次は「立春」、暦の上では春がやってくることになっています。それでも寒さは厳しく春を遠くに感じる時期がまだまだ続きます。
 黒田小の運動場に出ると必ず見に行くのが「ハクモクレン」の蕾です。12月の頃の蕾と比べるとほんのちょっとだけふっくらしたような気がしますが,蕾にとっては辛い季節が続きます。「今はじっと耐える時」とそんなことを教えてくれているハクモクレンの蕾です。

 「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く」

12.24 実のなる樹

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 黒田小にはたくさんの実のなる樹があります。
園芸委員会の子どもたちが、紹介プレートを作ってくれました。
ザクロ・グミ・プルーン。どの樹も冬を耐え忍びながら、根っこを下へ下へと伸ばしています。

12.24 今日はクリスマスイブ

画像1 画像1
 子どもたちにとって楽しみなクリスマス。
今日はイブです。みんなのお家にもサンタさんは来てくれるかな。黒田小にはすでに「あわてんぼうのサンタクロース」が来てくれましたね。
健康・安全に気をつけて冬休みを過ごしてください。

12.16 ハクモクレンの蕾(黒田の四季)

 ハクモクレンは漢字で書くと「白木蓮」。「蓮(ハス)」に似ていることに由来しているそうです。花言葉は、「自然への愛」「崇高」「持続性」です。
 今、白木蓮をはじめ多くの植物が、これからの辛い冬を乗り越え、来たる春の開花を目指して根っこを下へ下へと伸ばしています。私たちは、辛い冬があるから春の暖かさに大きな喜びを感じます。うまくいかない時、困難な時こそ必ず来る春を信じて力を蓄える時だと思います。
 今子どもたちは、次の学年・6年生は中学校で花を咲かすために、1年間の持続(積み重ね)してきた力をさらに確実なものにするために残り3ヶ月をがんばっていきます。後1週間で2学期が終わります。平成30年もあとわずかです。「いい1年だったねえ」と言える過ごし方をいたいですね。
画像1 画像1

12.16 ゆずジャム完成!(黒田の四季)

 滑り台の横にある黒田の森に柚の樹があります。
先々週、いっぱい実った柚を収穫しました。段ボール箱2箱分は十分にある柚がとれました。この柚を使ってジャムを作りました。
 2月15日(金)に行う予定の「わいわい四季クラブ」で味わってもらうために作りましたので、是非、保護者のみなさん!黒田の四季を味わいに会議室にお越しください。
 案内は3学期初旬に配付いたします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10.21 どんぐりクヌギのその後

 北門の東側に植樹したクヌギの樹。2度の台風を乗り越えがんばっていたのですが、下の方の葉っぱが枯れて落ちてしましました。慣れない環境でクヌギが弱ってしまったのかと心配していたのですが、枯れて落ちた葉っぱの箇所から、何と芽が出てきて伸び始めました。枝になるのでしょうか。ちょっと分かりませんが、観察を続けます。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7.24 朝の観察池

画像1 画像1
画像2 画像2
 今朝の観察池のスイレンです。
どんなに暑い日でも、スイレンは午前中にはしっかり花を咲かせ、見る人の心をほっとさせてくれます。ほんとうに有り難いです。
 今日もサマースクールや水泳指導等が中止になりましたが、できるだけ涼しいところで学習を進めてください。

7.22 「大暑」外遊びに注意!!

画像1 画像1
 明日7月23日からは、暑さが本格的になる「大暑(たいしょ)」です。
「炎暑」「酷暑」「溽暑(じょくしょ:蒸し暑いこと)」という言葉からも、うだるような暑さが伝わってきます。大暑を待たずして今年は、連日高温注意報等が出る暑さが続いています。気象予報士からも「外出は避けてください」「命を守ってください」と真昼の戒厳令のような言葉が飛び交っています。
 今日もテレビで暑さ比べをしていました。次の3つ中で最も暑さを感じる場所はどれか?
 1 炎天下のアスファルト
 2 木陰のアスファルト
 3 炎天下の芝生
答えは、1のアスファルトではなく、3の芝生でした。理由は、植物が地中の水分を吸い上げ外に出すため、湿度が高くなり身体にダメージを与えるそうです。特に、子どもは地面からの距離が近いので、より暑さを感じることになります。どうか、ご家庭でも、日中の外遊びは控えて涼しい場所で過ごすようにお子さんに声かけをお願いします。
 明日から、サマースクールやプール開放等がありますが、危険な暑さであると判断した場合は、学校から中止の連絡をメール等でお知らせいたします。ご確認をよろしくお願いします。
 

7.15 トケイソウ

 中舎の南側に、トケイソウを植えました。時期が少し遅かったため、まだ茎や葉っぱが広がっていませんが、トケイソウの花がつきました。写真のように文字盤に似た花を咲かせることからこの名前がつきました。
 もっと大きくなって少しで日陰ができるといいなあと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7.14 黒田小を彩る花たち 〜日日草〜

 黒田小を彩る花々を紹介します。今回は、本校の職員玄関前でかわいらしく、そして美しく咲いている「日日草(ニチニチソウ)」を紹介します。

 強い日差しを好み、真夏でもよく咲く日日草。日本の気候にも適していて、長い間お花を楽しませてくれる夏には欠かせない花です。

 日日草の花言葉には「楽しい」、「優しい」、「友情」などがあります。日日草は江戸時代に日本に伝わり、初夏から秋まで毎日美しいお花を次々と咲かせるので、その名がついたといわれています。
 色の種類も豊富で、本校の玄関前でも白、赤、ピンクをはじめ、色とりどりの日日草が美しく咲きほこっています。色あざやかで、玄関前を通りがかる子どもたちにもとても人気があります。

 魅力あふれる日日草。本校にお立ち寄りの際には、ぜひ、間近でご覧下さい。


画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7.07  黒田小を彩る花たち 〜ベゴニア〜

黒田小を彩る花々を紹介します。今回は、本校の正門から入って右手、北舎東側壁沿いに咲いている「ベゴニア」を紹介します。

「ベゴニア」は4月〜10月ごろにかけて咲く多年草で、シュウカイドウ科に属します。葉は黄緑色で、ピンクや赤、白などの色あざやかな花を咲かせます。

ベゴニアの花言葉はその色によって変わってきます。本校には、赤、白、ピンクの三色のベゴニアが咲いています。

赤は、「公平」  白は、「親切」  ピンクは、「丁寧」・「親切」などです。

ピンク、赤、白の色あざやかな花を咲かせているベゴニア。ぜひ、間近で見てください。


次回は、「日日草」を紹介します。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6.26 黒田小を彩る花たち 〜マリーゴールド〜

黒田小を彩る花々を紹介します。今回は、本校の正門と玄関にある、「マリーゴールド」を紹介します。鮮やかなオレンジや黄色の花を咲かせるマリーゴールドは、キク科に分類される植物で、春から秋にかけて花を咲かせる開花期間の長い花です。
花言葉には「健康」、「信じる心」、「生命の輝き」などがあります。またマリーゴールドには防虫効果があると言われています。そのため、他の植物と一緒に植えると、他の植物も害虫から守る効果があるともいわれています。
色あざやかに咲きほこるマリーゴールドには、魅力があふれていますね。ぜひ、間近で見てください。
次回は、「ベゴニア」を紹介します。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6.24 黒田小を彩る花たち 〜ジニア・プロフュージョン〜

 黒田小を彩る花を紹介します。今回は、本校玄関前にある、「ジニア・プロフュージョン」です。

 花の名前の「ジニア」は、この花をメキシコからヨーロッパにはじめてもたらしたドイツ人医師で、植物学者のヨハン・ゴッドフリート・ジンを記念したものです。夏から秋にかけてと長い間咲き続けるので和名では「百日草」といいます。
 
 色あざやかな花で、玄関前を通りがかる子どもたちにもとても人気があります。
 
 黒田小を彩る美しい花々は他にもたくさんあります。次回は、「マリーゴールド」を紹介します。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6.23 黒田小を彩る花たち 〜アジサイ〜

 黒田小を彩る花々を紹介していきます。今日は、本校の玄関前にある、まるくて大きな花壇、「なかよし園」の「アジサイ」を紹介します。

 たくさんの小さなきれいな花たちが集まって咲くアジサイは、この季節を彩る代表的な花です。

 花言葉に「家族団らん」という意味もあるそうです。あじさい読書週間は、終わりましたが、今後も読書などを通じて家族団らんの時間を過ごされてはいかかでしょうか。

画像1 画像1
画像2 画像2

6.19 かわいらしく

画像1 画像1
 5年生の活動するビオトープのすぐ横に「観察池」があります。
最近は「睡蓮」がかわいらしく存在をアピールしています。午後になると花を閉じてしまいますが、とても美しい花です。
 黒田の四季を彩ってくれています。

5.27 梅の恵(校長室より)

 校門の両脇にある紅白の梅の実を収穫しました。
紅梅に比べ、白梅の方が実が大きいです。せっかくの自然の恵みを受けて、梅ジュースに挑戦したいと思います。6月1日の「わいわい四季倶楽部」には間に合いませんが、倶楽部においでいただいた保護者の皆様にも味わっていただこうと思います。
 梅の他にも黒田小には実のなる樹があります。
「あんず」「ざくろ」「グミ」「花梨」「みかん」など、季節ごとに実を結びます。季節を感じさせてくれるありがたい木々たちです。昔、樹を植えてくださった先生方に感謝・感謝です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5.22 黒田四季だより(タイサンボク)

 大きな葉っぱに負けないくらいの大きさのタイサンボクの花が咲こうとしています。
外遊びしている子どもたちに声をかけると、その花の大きさにびっくり!
「タイサンボク」の名前を覚えてくれました。
まだ、完全に開いていませんので、大きく開いたらまた紹介します。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5.13野府川にお客さん

画像1 画像1
 今朝、野府川に珍客。
2羽のカモが野府川を泳いでいました。とても用心深く写真を撮ろうとするとすぐに遠くに飛んで行ってしまいました。

5.07 クスノキ(さわやかタイムにて)

校長先生から「クスノキの落ち葉」についてお話がありました。


クスノキには3つ特徴があります。

1:落ち葉は虫が嫌う独特な匂いがします。昔から防虫剤として、線香の原料としても使われていました。
2:アニメ「となりのトトロ」に出てくるトトロの住んでいる大きな木です。
3:日本の中でも、最も大きくなる木の一つです。「神木」として祀られているものもあります。

この黒田小の東側、線路沿いには、一際大きく太い木がたくさんあります。それがクスノキです。

黒田小の守り神として、学校がはじまった145年前から黒田小の子どもたちをずっと見守ってくれているのではないでしょうか。

風薫る5月です。
目で見て、耳で聴き、鼻でにおいをかぎ、手で触って、舌で味を楽しみましょう。

子どもたちは、校長先生の話を真剣に聴くことができました。
風が薫り、若葉萌える好季節となりました。自然を五感で味わえるといいですね。

画像1 画像1

4.29 夢の森

 運動場の南にある「夢の森」の木々たちが、気持ちよさそうに茂り始めました。
美しい花々も咲いています。
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3


新トップページ
「こちらからどうぞ」をクリックしていただき、お気に入り・ブックマーク等をお願いします。
一宮市立黒田小学校
〒493-0001
愛知県一宮市木曽川町黒田字古城26番地2
TEL:0586-28-8740
FAX:0586-87-3249
校長 加藤 晋之
学級数  20学級
児童数 541名 (31.1.7現在)
★他サイト及び紙・電子問わずあらゆる媒体への無断転載を禁じます★
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
1/19 食育の日
1/20 家庭の日 交通事故ゼロの日
1/21 さわやかタイム 6委員会 あいさつの日
1/23 新入学を祝うよい子のつどい
1/24 新入学を祝うよい子のつどい
1/25 「たまてばこ」読み聞かせ  新入学を祝うよい子のつどい