最新更新日:2018/11/12
本日:count up27
昨日:164
総数:568212

学校環境衛生検査がありました

画像1 画像1
画像2 画像2
今日、学校薬剤師の鈴木先生が来校され、学校環境衛生検査がありました。みんなの教室の環境がみんなが生活するのに適しているかを各教室を回って調べられました。上の写真は教室の空気のよごれなどを調べる様子です。下の写真は、教室内の明るさ(照度)と騒音の様子を調べる機械です。ありがとうございました。

なんじゃもんじゃ

画像1 画像1
画像2 画像2
大平島公園のヒトツバタゴが満開となり、雪が降り積もったかのようにも見えます。そのため、ギリシャでは 「雪の花」とも呼ばれます。
日本では、江戸時代末にこの樹を発見した本草学者の水谷豊文がタゴノキ(トネリコ の方言名で複葉)と見誤って、単葉の タゴ=ヒトツバタゴと名づけたのが名前の由来です。
「なんじゃもんじゃ」とも言われていますが、江戸の六道辻(現在の明治神宮外苑辺り)に、初夏のころ白い清楚な花を付ける木があり、名前がわからないまま「なんじゃもんじゃ」とよばれてきたようです。
 自生地は、国内では愛知県北部と岐阜県南部の木曽川流域以外は、対馬だけという珍しい種類です。自生するのは200株ほどで、絶滅危惧種にもなっています。また、犬山市に自生するヒトツバタゴは、国の天然記念物に指定されています。

スズメも右側通行

画像1 画像1
画像2 画像2
ある日の午前中、南舎1階の「しずかちゃんロード」にスズメが入ってきました。西の昇降口から入ってきたスズメは、廊下の右側を静かに歩き、校長室・会議室・保健室と通り過ぎ、東の昇降口から出て行きました。何のために入ってきたかはわかりませんが、ルールを守る立派なスズメでした。

富士連区子ども会福祉大会が開かれました

画像1 画像1
画像2 画像2
5月15日(土)午前、アリーナで「富士連区子ども会福祉大会」が開かれました。町内会別に、たくさんの子供たちと保護者の皆さんが集まり、開会式が開かれました。その後、映画「ボルト」が上映されたり、ボールを使った町内対抗のゲームで楽しみました。

見守り隊のようすが放送されます。

14日(金)の見守り隊の活動の様子が、一宮ケーブルテレビ(ICC)で放送されます。「ホットステデイリー」という番組の中の「ポリスステーション138」のコーナーで紹介されるそうです。放送日時は、5月18日(火)の9時、12時、16時、20時、23時の5回です。

小学生バレーボールクラブ開校式

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
8日(土)午後、小学生バレーボールクラブの開校式が、アリーナでありました。保護者や地域のみなさんがコーチになり、本校の1年から6年まで30名の女子児童が参加し、活動が始まりました。校長先生のあいさつのあと、準備運動を行い、練習開始です。

八十八夜

画像1 画像1
 霜なくて曇る八十八夜かな    
           正岡子規

 「茶つみ」で歌われる八十八夜。立春から八十八日目の今日は、春から夏に移る節目の日で、夏への準備をする日でもあります。また、八十八夜の別れ霜というように、この頃から霜もなく安定した気候となり、茶摘み、苗代のもみまきなど一般に農作業の目安とされています。
 八十八夜は日本独自の雑節で、この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日に摘んだお茶を飲むと長生きするともいわれています。

一宮市博物館

画像1 画像1
画像2 画像2
 一宮市博物館に行ってきました。博物館では、富士連区在住の書道芸術家で一宮市文化功労者であられる亀山雪峰氏の書芸展が開催されていました。氏の作品は、伝統書法を基にした彩色書で、漢字の成り立ち等がじかに伝わるすばらしいものでした。この連休中に一度見てみるのもいいと思います。



本校のホームページに掲載されている写真、絵の著作権は一宮市立富士小学校に帰属します。 無断の転用を禁止します。
Copyright(C)fuji-elementary school All right reserved

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事
3/12 連区展覧会(13日)
3/16 卒業式予行・卒業記念品授与式
3/17 卒業式準備
3/18 卒業式
一宮市立富士小学校
〒491-0024
愛知県一宮市富士2丁目5番14号
TEL:0586-28-8725
FAX:0586-71-6401
校長:中野芳廣