最新更新日:2020/09/25
本日:count up3
昨日:259
総数:713576
2学期も、お子さんの健康管理及び交通安全へのご配慮をお願いします。特に、多めの水分、汗拭きタオルを忘れず持たせてください。また、発熱等体調不良時は登校を控えるようお願いします。

9/17 いじめ対策研修を行いました

画像1 画像1
画像2 画像2
今日は、職員がいじめ対策の研修を行いました。今後も子ども達に寄り添い、富士小職員が全力で子ども達の笑顔を守っていこうと思います。そして、安心して生活できる学校づくりに努めていきたいと思います。

8/24 始業式 校長講話「いじめのない富士小に!」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 Zoomによる始業式で、校長先生から以下の内容のお話を聞きました。

○テーマ「命を大切に 命を輝かせて!」
・「協力」「挑戦」「いじめなし」の2学期にしよう。
・悩みがあれば、自分一人で抱え込まずに、先生や家族など話しやすい人にまず相談しよう。
・いじめは絶対に許される行為ではない。優しい言葉を使って、いじめのない富士小にしよう。
・相手の立場を考えて、思いやりを大切にしよう。

8/7 1学期終わりの会(終業式) 校長講話

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 みなさん、おはようございます。今校長室で、3密を避けていますので、マスクを外して話します。
 初めてのZOOMによる集会です。準備が大変でしたが、橋本先生、そして加納先生が中心となって準備を進めてくれました。放送集会と違って、お互いに顔を見れるのがうれしいです。橋本先生、加納先生、みんなの役に立ってくださってありがとうございました。

 さて、学校再開後の6月15日(月)朝礼で、「命を大切に、命を輝かせて」というお話を3つしました。今日は、その3つについて振り返りをしたいと思います。

 一つ目は、「新型コロナウイルス感染症対策を守ろう」、
 二つ目は、「人に優しくしよう」
 三つ目は、「部活動がなくなるけれど目標を持ってがんばろう」でした。

 一つ目「新型コロナウイルス感染症対策を守ろう」について、アワアワゴッシーの歌にあるように30秒以上かけて手洗いをしっかりできましたか?また、放課や登下校等でも3密を避けることができましたか?自分の命と同じだけ仲間の命も大事です。自分の命、仲間の命を守るために、これからも遊ぶ時は距離をとって遊んだり、登下校では1列になって歩いたり、手洗いをしっかりしてほしいと思います。
そして、お互いに「密だよ!」とか一人一人が意識して声を掛け合ってできるようにしてほしいと思います。

 二つ目に、「人に優しくしよう」です。
 学校生活のリズムが整わなかったり、体が慣れていなかったり、暑かったりして、落ち着かなかったり、イライラしたりすることはありませんでしたか?そんな時は、学校の先生に相談できましたか?きっと解決の道を一緒に考えてくださると思います。担任の先生でなくても、富士小のお話のしやすい先生に相談してみてください。富士小には、相談箱が2つあります。一つは、校長室の前、もう一つは、南舎2階相談室の前です。活用してもいいですよ。コロナコロナと、こんな時だからこそ、人に優しい笑顔やふわふわ言葉を使って、人に優しい富士小にしてほしいと思います。

 三つ目は、「部活動がなくなるけれど目標を持ってがんばろう」です。6月の放送朝礼では、先生は放送室で頭を下げながら、ごめんな、という思いいっぱいでこの話をしました。部活動を頑張ってやりたい部員の皆さんに、そして顧問の先生方に頭を下げながら、コロナ感染拡大防止のために部活動をやむなく廃止にするお話でした。
 その数日後、ある6年生から相談を受けました「校長先生、部活なくなるんですね。寂しいですがコロナでしょうがないですね。でも、お世話になった顧問の先生にお礼も言えないなんて本当に寂しいです。せめてお礼の手紙だけでも渡したいんです」という相談でした。この6年生の子の相談を受けて、先生は胸がいっぱいになりました。それから、橋本先生が支えてくださって、有志の皆さんのアイディアと準備、そして、部員皆さんの感謝の心を、お世話になった顧問の先生に伝える会、「ありがとう大作戦」が7月31日の中間放課に体育館で行われました。7月31日のホームページでも紹介していますが、本当に心温まる素敵な時間でした。顧問の先生方も、「自分の気持ちを部員の皆さんに伝えることができてよかった」「あんなことを準備してくれていたとは、びっくりしました。」「こちらの方が部員に感謝です。」と、口々に感動を口にしていました。大きな節目に、感謝の気持ちを持てる人は、人としてその後の人生で、必ず成長します。そうした意味で、感謝の気持ちを伝えようと素敵な時間を作ってくれた、有志の皆さんをはじめ、部員の皆さんに、先生からもお礼を言います。本当に心ある時間を作ってくれてありがとう!

 有志、と言えば、今年度1学期たいへんうれしく感心したことは、6年生有志による、朝の清掃ボランティアです。日課がかわって毎日の清掃がなくなり、廊下や階段に綿ぼこりがたまっていました。気になっていまたところ、有志の6年生による清掃を始めてくれました。黙々と、階段や廊下を掃いてきれいにしてくれます。これで、全校中の富士っ子が気持ちよく一日を始められるのです。人のために役に立つ人として成長してくれていること、本当にうれしく思います。ありがとう!

 明日から、いつもより短い夏休みが始まります。お話の最後は、校長先生からみなさんへの宿題を出します。それは、2学期始めの8月24日には、元気な顔を見せてくれることです。特に、交通安全、熱中症に気を付けて、元気にまた会いましょう!

7/21(火) 「はい、どうぞ!」

画像1 画像1
画像2 画像2
 今日の中間放課の終わりに、「はい、どうぞ!」と笑顔で渡されたのは、シロツメクサの花束でした。春先から咲くこの花は、今の時期には珍しい花です。聞くと「プレゼントしようと思って探したの。で、花束作ったの。どうぞ。」と。よく見ると、花びらと茎のところで、きれいに束ねてあるのです。さっそく一輪挿しに生けました。心がほっこりしました。
 次の放課、その子が、またシロツメクサの花束を持ってきました。今度は誰にプレゼントするのかな?と聞くと、「この間は、担任の先生にプレゼントしたから、これは、去年の担任の先生にあげよっ!」と笑顔で去っていきました。
 お世話になったお礼に、手作りの花束を笑顔で渡そうと、心優しく成長していることをたいへんうれしく思いました。

7/10(金) 「先生、どう?見てください!」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日は、素敵な訪問者が来ました。保健委員会の子たちが、「先生、どう?見てください!」と満点の笑顔いっぱいで手に持ってきたのは、「三密を避けよう!」の掲示用チラシでした。よく見ると、色を上手に使って、小さい子にも分かりやすく絵に描いて注意を呼び掛けています。早速、保健委員会担当の養護教諭の先生に、増し刷りをして、全校中に掲示してもらうようにお願いしました。

 みんなのため、富士小のために、よいと思うことを進んで行う公徳心に感心しました。

 心がほっこりする素敵な週末の富士小の一コマでした。

7/6 教育相談週間(5年生)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日から教育相談週間が始まりました。子ども一人一人の話をゆっくりと聞くことができます。子どもたちは様々な話をしてくれました。

6/15 任命式・校長先生のお話

画像1 画像1
※写真は本日のエコスクール活動の様子です

 今日の朝礼は放送で行いました。任命式、その後、校長先生よりお話がありましたので紹介します。

1 任命式について
 6月第1週、あるクラスの背面黒板に「All for One! One for All!」の文字が書いてありました。「みんなはひとりのために、一人はみんなのために」。立候補や希望してその係になったからには、責任をもってやりとおしてほしい。その子にやってもらおうと認めたからには、クラス全員でその係の子の仕事を応援、協力してほしい。「選択」と「責任」の気持ちを大切に、頑張ってほしいと思います。

2 「命を大切に、命を輝かせて」ともに1年がんばろう!
(1)「新型コロナウイルス感染症対策を守ろう」
 今、学校では、朝学校に来た時、給食前に、アワアワゴッシーの手洗いをしていますね。先生に言われなくても、しっかり手洗いをしてください。教室ではマスクもつけていますね。ただし、これから暑くなって熱中症が心配ですので、体育の授業や、朝学校に来るときや、学校から帰るとき、1列になって間隔を空け、マスクはしなくてもよいです。手洗いをしっかり行い、3密を避けるよう、一人一人が意識して声を掛け合ってできるようにしてほしいと思います。

(2)「人に優しくしよう」
 約3か月ぶりに学校が始まりました。まだ学校生活のリズムが整わなかったり、体が慣れていなかったりして、落ち着かなかったり、イライラしたりすることがあるかもしれません。そんな時は、ぜひ、担任の先生に相談してみてください。担任の先生でなくても、富士小のお話のしやすい先生に相談してみてください。富士小には、相談箱が2つあります。一つは、校長室の前、もう一つは、南舎2階相談室の前です。活用してもいいですよ。こんな時だからこそ、人に優しい笑顔やふわふわ言葉を使ってほしい。

(3)「目標に向けて、希望をもってともにがんばろう!」
 今日は最後に、みなさんに残念なお知らせをしなければなりません。部活動についてです。特に高学年の人はよく聞いてください。富士小は、部活動が盛んな学校です。陸上部、ミニバスケットボール部、サッカー部、カラーガード部、金管クラブと、各大会や発表会において、練習の成果を存分に発揮してきました。ところが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の心配のため、さまざまな大会や発表の場がなくなりました。そして、練習をする時も、感染の心配が多くあり、結論、本年度から、全ての部活動を廃止することになりました。特に高学年の人にとっては、予想していたとはいえ、辛く寂しいことだと思います。先生も、10年前までは、市内の中学校で部活動をがんばっていたので、気持ちはよくわかります。この決断は、富士小の部活動の顧問の先生たちにとっても、辛く苦しい決断でした。けれども、君たちの健康安全が最優先だと考えこのようにしました。苦しいけれどもわかってほしいと思います。
 このような中、富士小の先生方は、落ち込むことなく、富士っ子の皆さんに、もっとわかりやすくてもっと楽しい授業をしようと前を向いてがんばっています。今ある学校行事をより元気で楽しい富士小学校にするためにがんばって計画しています。ぜひ、富士っ子のみなさんも、自分の目標に向けて、力を伸ばしてほしいと思います。

 君には、無限に広がる力、能力、優しさ、強さがあります。渡り廊下に、各学年の子たちの今年度の目標が掲示してあります。自分の目標、クラスの目標に向かって、前を向いて、「命を大切に、命を輝かせて」ともにがんばりましょう!

6/9 今日のあいさつナンバー1は・・・?

画像1 画像1
画像2 画像2
 今週の週目標は、「心をこめてあいさつしよう」です。
 
 今日一番のあいさつナンバー1は、3年生と1年生の子たちでした。
 
 先週から給食準備ボランティアの保護者の方々にお手伝いに来ていただいています。担任の先生は、手洗い指導、給食当番引率指導、配膳指導、配膳、そして消毒作業とやることが多く、学級の子どもを満足に見ることができないため、ボランティアを募ったところ、多くの保護者ボランティアさんが、給食準備中のお手伝いに来てくださっています。
 3年生の教室では、廊下で、給食ボランティアさんがお椀にご飯を盛り付けてくださっていました。一人一人に、手際よく、しかもほどよい分量で、しかも、食べやすいように、少しお米をほぐしながら盛り付けをしてくださっていました。3年生の子たちは、ご飯を盛り付けてもらうと、気持ちよく「ありがとうございました!」と笑顔であいさつしていました。すばらしいあいさつでした。

 1年生の下校時、まだ日差しが強くてアスファルトもかなり暑くなっていました。少しでも涼しくなるようにと、職員が水打ちをしていると、昇降口から出てきた1年生、口々に「○○先生、ありがとう!」「ああ涼しい、ありがとう!」と気持ちの良いあいさつが飛び交っていました。
 
 あいさつが生きている、と感じました。

 これからも、よりよい社会、よりよい富士小学校生活にするために、進んで自分から気持ちの良いあいさつができるよう全職員で導きます。

6/2 心を育てる背面黒板メッセージ

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
※写真上:1年生の背面黒板メッセージ
※写真中:4年生の背面黒板メッセージ
※写真下:6年生の背面黒板メッセージ

 背面黒板のメッセージには、こんな子に育ってほしい、こんなクラスになってほしいという、学級担任の熱い思いが込められています。担任の先生は、背面黒板メッセージを通して、学級経営の基盤である温かい人間関係づくりを進めていけるよう、思いを込めてメッセージを送っています。

 今週の背面黒板には、待ちわびた学級のみんなとの再開の喜びと、いよいよ始まる学級のみんなへの期待や励ましの言葉が多く語られていました。担任の先生の願いをしっかりキャッチして、心豊かでたくましく生きる富士っ子になってほしいと思います。

 今後も、富士小学校では教育課程の中で、いろいろな機会を通して子どもたちの豊かな心を育てていきます。

4/30  「やねよーり たーかーい こいのーぼーり♪」

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 富士小の空を気持ちよさそうに鯉のぼりが泳いでいます。

「鯉のぼり」は、日本の風習で江戸時代の武家で始まったそうです。近代までの日本は、今よりも医療が発達しておらず、乳幼児の死亡率が高かったことが記録に残っています。そのために、授かった我が子が健康にすくすく育つようにと祈りを込めて「鯉のぼり」が誕生したということです。吹き流しは、「子を脅かす悪いものから守ってください」という子どもを想う気持ちから生まれたということです。つまり「魔除け」のためにあるそうです。

 童謡「鯉のぼり」の歌詞の3番には「百瀬(ももせ)の滝を登りなば たちまち竜になりぬべき」(大きな滝を登れば、たちまり竜に変わる)という言葉があります。「鯉の滝登り」「登竜門」ということわざは、立身出世のための関門を中国黄河の上流にある急流「竜門」とし、ここを登り切った鯉は竜になるという伝説になぞらえたものです。この言葉には「志高く、堂々と元気いっぱい活躍してほしい」という子どもへの願いが込められています。

 鯉のぼりの季節。家族の団欒に鯉のぼりの話題を出し、お子さまへの思いを伝えてみてはいかがでしょうか。鯉のぼりのように、富士っ子が健やかに成長していくことを願っています。

4/7 朝礼校長講話(要約)

画像1 画像1
画像2 画像2
 昨日、1年生77名を迎え入れ、542名。今日、元気に登校してきた皆さんの顔を見ることができて先生は、とてもうれしいです。

 さて、みなさんは、高橋尚子さんというマラソン選手を知っていますか?通称Qちゃんの愛称で親しまれている、今から20年前のシドニーオリンピックで、日本女子陸上界初の金メダルをとった人です。この高橋尚子選手が大切にしている言葉を、みなさんに贈ります。

 「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く。」
 
 がんばってもうまくいかない時、けがに苦しんでいた時、苦しい時、思うようにできない時、そんな時に、この言葉を胸に、前に向かって、今、自分にできることを努力し、それがやがて大きな力となって、オリンピックで金メダルをとったのです。
 
 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、明日から学校がお休みなります。手洗い、うがいをしっかりしてください。学校で勉強できないなあ、お友達と遊べないなあ、と残念に思うかもしれませんが、こんな時だからこそ、普段できないような読書をしたり、今日、先生からいただく勉強をがんばったり、家のお手伝いをしたりして、下へ下へ根を伸ばし、自分自身の力を蓄えてほしいと思います。

 それでは、「命を大切に 命を輝かせて」今年1年、元気でともに頑張りましょう。

4/7 お姉さん、ありがとう!

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 今日は、1年生の初めての通学団での登校日です。高学年のお兄さん、お姉さんが、1年生に寄り添い、優しく声をかけながら、一緒に登校しました。昇降口では、お姉さんが1年生の荷物を持ってあげたり、「大丈夫!」と優しく声をかけたりしてくれました。その後、教室に行くまで、一緒に連れて行ってくれました。
 「お姉さん、ありがとう! 安心して富士小学校に通えるよ!」




本校のホームページに掲載されている写真、絵の著作権は一宮市立富士小学校に帰属します。 無断の転用を禁止します。
Copyright(C)fuji-elementary school All right reserved

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

学校から

新型コロナウイルス感染症対策

月間行事予定

年間行事予定

下校時刻予定表

1年学年便り

2年学年便り

3年学年便り

4年学年便り

5年学年便り

6年学年便り

かしのみ学年便り

いじめ対策




一宮市立富士小学校
〒491-0024
愛知県一宮市富士2丁目5番14号
TEL:0586-28-8725
FAX:0586-71-6401
校長:渡邊博司