大空祭は大盛り上がりでした。各学級の個性が光る,いいお祭りになりました。

食育の日(12/19)

画像1
今日は「食育の日」です。そして,今日の給食は「食育の日給食」で,3日早い「冬至メニュー」です。冬至に「ん」のつくものを食べると幸運になるという言い伝えがあることから,今日の給食には「ん」のつく食べ物がたくさんあります。ごはん,うどん,にんじん,れんこん,さやいんげん,そしてかぼちゃ(なんきん)です。
「食育の日」には,自分自身の食生活を振り返り,食について考える日にしましょう。

りんご(12/18)

画像1
りんごは,常にエチレンガスを出しています。このガスは,果物や野菜を熟す働きがあります。例えば,青いバナナを早く食べたい場合は,りんごを一緒に置いておけば,バナナが早く熟すため,すぐに食べられます。そうでない場合,りんごを一緒に置いておくと,早く傷んでしまいます。りんごの置き場所を考えて保存すると便利です。りんごについて話題にしながら,給食をいただきましょう。

みかん(12/17)

画像1
冬の代表的な果物といえば,みかんですね。みかんには,ビタミンCがたくさん含まれています。中くらいのみかん2個分で,1日分のビタミンCをとることができます。風邪をひくと,体の中のビタミンCが不足しがちです。風邪をひきやすいこの時季は,みかんを積極的に食べるようにしましょう。

若返りのビタミン(12/13)

画像1
アーモンドには,若返りのビタミンといわれるビタミンEがたくさん含まれています。おなかの調子を整える食物せんいも豊富なため,家でも進んで食べてほしい食べ物の一つです。カリッとした食感のアーモンドがたっぷり入っている「アーモンド和え」を味わっていただきましょう。

4年国語給食(12/12)

画像1
今日の給食は「4年国語給食」です。国語の学習に「世界一美しいぼくの村」という物語があります。アフガニスタンのパグマンという小さな村を舞台にしています。物語の中では,少年ヤモとその父親は,町へさくらんぼとすももを売りに行きます。町はにぎわい,シシカバブやパンの焼けるにおいが漂っている情景がえがかれています。
物語にちなみ,パンは,アフガニスタンの主食「ナン」です。サラダは,アフガニスタンでよく食べられる野菜(にんじん,だいこん,きゅうりなど)を使った「にんじんサラダ」です。そして,デザートは,さくらんぼ果汁の入った「さくらんぼゼリー」です。物語にちなんだ給食を味わっていただきましょう。

みそおでん(12/11)

画像1
今日の給食は「かめかめ給食」です。特に「みそおでん」は,材料を大きく切って調理しているため,かみごたえがあります。よくかんで食べると,いいことがたくさんあります。むし歯や肥満を防いだり,脳を活発にしたり,消化・吸収をよくしたりします。よくかんで,健康な体をつくりましょう。

もやし(12/10)

画像1
もやしは,一年を通して値段が安く,炒め物や汁物に手軽に使える食べ物です。もともとは豆から作られていますが,豆からもやしに生長するにしたがって,ビタミンCが増えていきます。シャキシャキとした歯ごたえで,クセのないもやしを味わっていただきましょう。

給食クイズ(12/7)

画像1
給食クイズです。だいこんは,どの部分を食べる野菜でしょうか。
1 根   2 茎   3 花
正解は,1の「根」です。根を食べる野菜は,他に,にんじん,ごぼうなどがあります。冬のだいこんは,煮物やサラダに向いていて,甘みがあり,とてもみずみずしいです。「だいこん漬け」を味わっていただきましょう。

「きれいに手を洗おう」(12/6)

画像1
12月のもう一つの給食の目標は「きれいに手を洗おう」です。風邪をひきやすいこの時季に大切なのは,石けんで丁寧に手を洗うことです。指先,手の甲,親指,指の間など,洗い残しやすい部分を忘れずに,時間をかけて手洗いをすることが大切です。時間の目安は,約20秒です。水が冷たいですが,風邪予防のために,丁寧に手洗いをしましょう。

出世魚(12/5)

画像1
ぶりは,大きさによって,名前が変わる魚だということを知っていますか。地域によって名前は異なりますが,代表的な呼び名は,若い順に,わかし,いなだ,わらさ,ぶりと名前が変化していきます。わかしは15cmぐらいまでのもの,いなだは40cmぐらい,わらさは60cmぐらい,ぶりは90cmぐらいです。ぶり以外に,すずき,ぼらといった魚も大きさによって名前が変わります。魚の名前についても,いろいろと調べてみましょう。

5年国語給食(12/3)

画像1
今日の給食は「5年国語給食」です。国語の学習に「和の文化を受けつぐ―和菓子をさぐる」という説明文があります。和菓子は,歴史の中で,さまざまな文化と関わりながら発展し,現代に受け継がれてきました。鎌倉時代から室町時代に,まんじゅうやようかんなどの原形となるものが中国から伝わりました。そして,江戸時代に,和菓子は大きく発展しました。今日の給食の和菓子は,やまいもを使った「じょうよまんじゅう」です。季節をたくみに表現した「雪うさぎまんじゅう」を味わっていただきましょう。

カルシウム(11/30)

画像1
牛乳や小魚,わかめなどの海藻類には「カルシウム」という栄養がたくさん含まれています。骨を丈夫にしてくれることはみなさんも知っていると思いますが,カルシウムは骨や歯を作るだけではありません。心臓や筋肉の働きを助けたり,イライラするのを落ち着かせたりする働きもあります。
体に大切なカルシウムを,毎日しっかりとりましょう。
文責:吉澤

ささみ(11/29)

画像1
ささみは鶏肉の胸の部分の上質な肉です。低脂肪で淡泊,笹の葉の形に似ていることからこの名前がつきました。ささみはあっさりしていますが,反面味わいが足りないので,今日はささみに塩と胡椒で下味をつけ,ベーコンを巻いて焼きました。
文責:吉澤

コラボ給食「ざぼんじいさんのかきのき」(11/28)

画像1
今日の給食は,本とコラボ献立です。から柿です。
あらすじは,ざぼんじいさんは自慢の柿の実を独り占めしていました。柿の実をうらの物置に隠し,お隣に引っ越して来たまあばあさんにあげたのは,柿のヘタや葉,枝だけでした。でもまあばあさんは大喜びで,子どもたちとヘタでこまを作ったり,葉っぱで首飾りを作ったりして遊びました。まあばあさんにあげるのが惜しくなったざぼんじいさんは,実も葉っぱも枝も全部採り,うっかり木まで切り倒してしまい,泣き出してしまいました。
そのとき,まあばあさんは,柿の木をまた育てるための,ある方法を思いつきました。続きは本を読んでください。

「あつあげ」「うすあげ」「がんもどき」(11/27)

画像1
生揚げは豆腐の水をしぼって油で揚げたもので,「あつあげ」とも呼ばれています。もっとうすくして揚げたものが「あぶらあげ」や「うすあげ」,野菜やひじきを入れて丸くして揚げたものは「がんもどき」です。
今日はオイスターソース煮の中に生揚げが使用されています。
文責:吉澤

「寒さに負けない食事をしよう」(12/4)

12月の給食の目標は「寒さに負けない食事をしよう」です。寒い冬を乗り切るには,寒さに負けない体をつくることが大切です。バランスよく食べることを基本に,たんぱく質,ビタミンA,ビタミンCを意識してとるようにしましょう。たんぱく質は魚,肉,卵,豆類に,ビタミンAは濃い色の野菜に,ビタミンCは薄い色の野菜や果物に含まれています。これらの食べ物を積極的に食べて,寒さに負けない体をつくりましょう。

田楽(11/26)

画像1
おでんは,昔「田楽」と言われ,豆腐を三角や四角に切って串にさし,火にあぶって,みそにつけて食べていました。次第に,こんにゃくや野菜も同じ方法で食べられるようになり,江戸時代の終わり頃になると焼くのではなく煮込むようになりました。体を温めてくれる働きがある根菜類がたくさん入っています。
おでんを食べて体の中から温まりましょう。
文責:吉澤

コラボ給食「からすのパンやさん」(11/22)

画像1
今日の給食は,本とコラボ献立です。「からすのパンやさん」から栗パン。「ネコが手をかすレストラン」からブイヤベースです。
「からすのパンやさん」のあらすじは,からすのパン屋さんに四羽のあかちゃんが生まれ,両親は優しく大事に育てました。しかし,子育てや仕事に忙しくお店がちらかってきて,お客さんも減り,貧乏になってしまいました。お店で売れなかったパンが子どもたちのおやつになりました。そのパンが周りの子供たちの間で評判になり,一家総出でたくさんのパンを作ることになりました。かにパン,ウサギパン,栗パンなどなんと80種類以上のパンです。匂いが森いっぱいに広がりパン屋さんは大フィーバーです。
「ネコが手をかすレストラン」のあらすじは,光男さんはレストランの三つ星コックさんです。けれどもお店はいつもお客さんが5人ほどしか入らず,閉店寸前の危機です。ある日,不思議なネコ,リゲルが光男さんの前に現れて,ブイヤベースの美味しい作り方やお店を繁盛させるためのノウハウを丁寧に教えてくれるのでした。このネコの正体ははたして,何者なのでしょうか。本を読んで確かめてみてください。
文責:吉澤

はたはた(11/21)

画像1
はたはたは,東北地方や新潟県などの海でとれる魚です。産卵期になると,冬の荒れた日本海にやってきます。冬の雷が鳴るところでよくとれるので,別名「雷魚」と呼ばれています。秋田県では,はたはたから作られる「しょっつる」という調味料が有名です。
文責:吉澤

「先の見通しがきく」(11/20)

画像1
れんこんには穴がたくさんあり,穴をのぞくと先までよく見えます。という意味から,縁起のよい食べ物とされています。さて,この穴はいくつあいているか,知っていますか。大きさに関係なく真ん中に一つ,その周りに九つあいています。れんこんは泥の中で育つので,この穴から空気をとり込みます。一つの穴あらふさがっても,他の穴から空気がとり込めるようにたくさんあいているといわれています。
文責:吉澤
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
学校行事
12/20 委員会活動
12/21 全校朝会/授業4時間/給食終了
12/23 天皇誕生日
12/24 振替休日/冬季休業日1月7日まで
給食
12/19 ごはん うどんじる かぼちゃコロッケ ひじきのいために ゆずゼリー ぎゅうにゅう
12/20 ごはん つみれじる とりにくとさつまいものあげに ごまキャベツ ぎゅうにゅう
12/21 チキンライス うすやきたまご ケチャップ やさいスープ イタリアンサラダ チョコケーキかいちごクレープかとうにゅうムース 牛乳
新潟市立亀田東小学校
〒950-0123
新潟県新潟市江南区亀田水道町3-2-45
TEL:025-381-4196
FAX:025-381-4197