夏休みです。子どもたちはどんな毎日を過ごしているでしょうか。大きなけがや病気なく,8月29日に元気な姿で会えることを楽しみにしています。

収穫直後のメロン(7/20)

画像1
どんなメロンでも,収穫したすぐ後は,かたくておいしくありません。また,すぐに冷蔵庫に入れると,かたいままでおいしくありません。数日,室温において,追熟させることがおいしく食べるポイントです。食べ頃は,実のおしりの方を押して,弾力が出たときです。今日のメロンは追熟されているでしょうか。味わって,確かめてみましょう。
今日が給食最終日です。夏休み中も,夏バテしないように,三食バランスよく食べて,元気に過ごしましょう。
文責:関川

食育の日給食の特徴(7/19)

画像1
今日は「食育の日」です。そして,今日の給食は「食育の日給食」です。「食育の日給食」の特徴は,二つあります。
一つ目 地域でとれる食べ物,旬の食べ物をとり入れました。なす,ズッキーニ,かぼちゃ,トマト,さやいんげん,キャベツ,じゃがいもなどです。
二つ目 野菜スープの中に「かめかめキャロット(亀型のにんじん)」を各クラスに1枚しのばせました。自分のところにあったら,とてもラッキーです。
「食育の日」には,自分自身の食生活を振り返り,食について考える日にしましょう。
さて,今日のデザートは,お楽しみのセレクトデザートです。友だち同士で,何を選んだのか,なぜ選んだのか,そんなことを話題にしながら,いただきましょう。
文責:関川

和え物に使われている野菜(7/18)

画像1
今日の和え物に使われている野菜は,何か分かりますか。もやし,きゅうり,そして糸うりです。
糸うりは,かぼちゃの仲間で,新潟県で生産されています。ゆでると,果肉がそうめんのように糸状になります。別名「そうめんかぼちゃ」といいます。今が旬の糸うりを味わっていただきましょう。
文責:関川

今日も「みずつち給食(7/17)

画像1
今日の給食も「みずつち給食」です。今日は“つち”で育った食材を主に使っています。
「水と土の芸術祭」のテーマは「新潟の土と水から,過去と現在を見つめ,未来を考える」です。昔は,豚を飼う農家が多かったものの,徐々にその農家は減ってきました。しかし,新潟市での豚肉の消費量は今もなお多く,都道府県庁所在地と政令指定都市を合わせた52都市中2番目です。また,新潟では,古くから保存食として干しだいこんを食べています。昭和初期から開発が始まった枝豆も,新潟の名産品となり,消費量がとても多いです。生活が変わっても,昔から変わらない食があること,これからの食があることを考えながら,「みずつち給食」を味わっていただきましょう。
文責:関川

水と土の芸術祭(7/13)

画像1
明日14日から「水と土の芸術祭」が始まります。この芸術祭は,新潟市内でアート作品の展示やパフォーマンスなどいろいろなプログラムを行うお祭りです。
芸術祭にちなみ,今日の給食は「みずつち給食」で“みず”で育った食材を主に使っています。「大かまスープ」は,芸術祭のメイン会場である大きなかまぼこ屋根が特徴の建物(通称:大かま)に関連させ,かまぼこを使ったスープです。また「南蛮揚げ」は,タイやスペインなど海外の作家が参加することから,異国風料理で親しんでもらいたいという願いを込めた料理です。ちなみに「アロイ」とは,タイ語で「おいしい」という意味です。「みずつち給食」を味わっていただきましょう。
文責:関川

いつもと少し違います(7/12)

画像1
今日の「マーボー豆腐」はいつもと少し違います。その違いは,カレー粉で香り付けをしているところです。カレー粉は,ターメリック,クミン,コリアンダー,赤唐辛子など,いろいろな種類のスパイスからできています。どのスパイスも,健康への効果が期待できるといわれています。
暑くなると,食欲が落ちてきます。そんなときには,カレー粉がおすすめです。「カレーマーボー豆腐」を残さず食べて,夏バテしない体をつくりましょう。
文責:関川

チンジャオロースー(7/11)

画像1
「チンジャオロースー」の意味を知っていますか。「チンジャオ」は「ピーマン」,「ロー」は「肉」,「スー」は「細切り」という意味です。つまり「ピーマンと肉の細切り炒め」のことです。日本でよく食べられる中国料理の一つで,ピーマンが苦手な人でも,食べやすい味付けです。夏が旬のピーマンを残さずにいただきましょう。
文責:関川

大豆をよく見てみましょう(7/10)

画像1
大豆をよく見てみましょう。にっこり笑ったような線が入っています。実は,そこから,へその緒のようなものが伸びで,さやにつながっていました。そして,さやから養分を送ってもらって,大豆はまるまると太ったのです。へその色には,黒や茶色,黄色のものがあります。何色の線が入っているか,注意して見てみましょう。
文責:関川

桃の原産(7/9)

桃は中国が原産で,中国では3,000年以上前から食用として栽培されていたといわれています。日本に伝わった時期は定かではありませんが,弥生時代にはすでに食べられていたようです。記録としては,古事記や万葉集などにも登場しています。当時の桃は,かたく味気のないものだったそうです。
白桃が本格的に栽培されるようになったのは,明治時代になってからです。弥生時代の頃とは違う,やわらかく,甘い白桃を味わっていただきましょう。
文責:関川

七夕給食(7/6)

画像1
今日の給食は「七夕給食」です。「七夕汁」の千切り野菜は天の川に見立て,星型のなると,オクラは空に星が輝いているのをイメージしました。デザートも七夕ゼリーです。目で楽しみながらいただきましょう。皆さんの願い事が叶いますように。
文責:関川

すいか(7/5)

画像1
夏は,食べてひんやり,すいかが一番です。しかし,すいかは,ひんやりとのどをうるおしてくれるだけではありません。体に吸収しやすいブドウ糖,果糖がほどよく含まれ,さらに,ビタミン,カルシウム,カリウムなど,いろいろな栄養素がまんべんなく含まれています。すいかの果汁は,天然のスポーツドリンクのようなものですね。すいかを食べて,のどをうるおし,さらに栄養補給をしましょう。
文責:関川

いわしの種類(7/4)

画像1
給食クイズです。今日の給食のいわしの種類は,次のどれでしょうか。
1 まいわし   2 かたくちいわし   3 うるめいわし
正解は,1の「まいわし」です。まいわしは,スーパーなどで鮮魚として売られていることが多いです。かたくちいわしは,煮干しやちりめんじゃことして,うるめいわしは,干物として売られていることが多いです。味のしっかり付いた「いわしのかばやき」を白いごはんと一緒に食べましょう。
文責:関川

7月の給食の目標(7/2)

画像1
7月の給食の目標は「衛生に気を付けた食事をしよう」,「夏の食事とおやつのとり方について考えよう」です。
給食の前に,石けんで手を洗いましたか。衛生に気を付けた食事をするためには,指先,手の甲,親指,指の間など,洗い残しやすい部分を忘れずに,石けんで手洗いすることが大切です。これからも,食事の前に,手をきれいに洗ってから,食事の時間を迎えましょう。
暑くなると,冷たいものを食べたり,飲んだりする機会が増え,お腹をこわしやすくなります。冷たいものは,とり過ぎないように注意しましょう。
文責:関川

茎わかめ(6/29)

画像1
給食クイズです。茎わかめは,わかめのどの部分か知っていますか?
1わかめの芯の部分 2わかめの根っこの部分 3わかめの新しい芽の部分
答え1のわかめの芯の部分です。わかめに比べてコリコリした歯ごたえが特徴です。今日のきんぴらは,茎わかめの歯ごたえも味わってください。
文責:吉澤

南蛮エビ(6/28)

画像1
今日のから揚げのえびは,新潟市産の南蛮えびです。真っ赤な色と形が赤唐辛子(南蛮)に似ていることからこの名前がつきました。全国的には甘えびと呼ばれ,他のえびに比べて甘味が強いのが特徴です。
みなさんの骨を丈夫にしてくれる,カルシウムもたくさん含まれています。
よくかんで食べましょう。
文責:吉澤

新潟市産のすいか(6/27)

画像1
今日のすいかは新潟市産のすいかです。
すいかの成分は90パーセントが水分で,残りの10パーセントが糖分と少量のビタミンとカリウムです。体にたまった熱を冷ます働きもあります。この暑い時期,体の中から冷やして,水分と糖分を一緒にとることができるので,すいかは夏のおやつとしておすすめです。今日の給食はかめかめ献立です。よくかんで食べましょう。
文責:吉澤

給食クイズ(6/26)

画像1
給食クイズです。とら,うずら,ひよこ,レンズがつくものといえば,なんでしょうか。
1洋服の黄色の模様    2豆    3動物の赤ちゃん
正解は2の豆です。給食では,スープやサラダ,時にはミートソースやシチューなどに豆を細かくしたり,ペースト状にしたりして入れるなどの工夫をしています。
今日のマーボー豆腐にも細かくした大豆が入っています。
文責:吉澤

さやいんげん(6/25)

画像1
今日の肉じゃがの中に入っているさやいんげんは,今が旬の食材です。
さやいんげんは,隠元和尚が中国から伝えたという言い伝えがあります。「さんどまめ」とも呼ばれ,1年に3度収穫ができることから「さんどまめ」と名前がついたそうです。今日の給食はかめかめ献立です。よくかんで食べましょう。
文責:吉澤

梅の雨(6/22)

画像1
6月から7月にかけて降る雨を「梅の雨」と書いて梅雨といいます。この頃になると梅の実が熟すので,「梅雨」と呼ばれるようになったのです。
熟した梅は,塩でつけると梅干しになります。梅干しのすっぱい成分はクエン酸です。クエン酸は,体の疲れをとってくれます。さらに,食べ物が腐るのを防ぎ,消化を助ける働きがあります。おにぎりやお弁当に梅干しを入れるのには,こういう理由があります。
今日は梅のり和えにペーストした梅干しを使用しました。
文責:吉澤

アスパラガス(6/21)

画像1
今日のサラダには,旬の食材のアスパラガスが入っています。
アスパラガスは,古くからヨーロッパで栽培され,日本には,江戸時代にオラ
ンダ人によって,伝えられました。
 みなさんはアスパラガスには,グリーンとホワイトがあるのを知っていますか?アスパラガスは,株から出てきた新しい茎が20cmくらいになった時に収穫して食べますが,茎をそのまま伸ばし,太陽の光をあびたものが「グリーンアスパラガス」で,土をかぶせた中で伸ばし,太陽にあてないものが「ホワイトアスパラガス」です。
文責:吉澤
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
8/22 市小研発表会
新潟市立亀田東小学校
〒950-0123
新潟県新潟市江南区亀田水道町3-2-45
TEL:025-381-4196
FAX:025-381-4197