コンサルタント紹介

コンサルタント

大西 貞憲(おおにし さだのり)

  • 東京大学卒業後、愛知県公立中学校・高等学校教諭として約10年間教壇に立つ。その後、ベネッセコーポレーションにて教育用ソフトウェアの開発等に従事した後、教育コンサルタントとして独立。現在は、主に小中高の学校教育現場で、授業技術向上、管理職のための学校の活性化、学校のIT活用等に関する指導・講演等を行っている。
  • 株式会社フォー・ネクスト代表コンサルタント。NPO法人元気な学校を支援し創る会理事。小牧市情報教育IT推進委員。

下村 聡(しもむら さとし)

  • 京都大学を卒業後、ベネッセコーポレーションに勤務。同ニューメディア研究所においてマサチュセッツ工科大学メディア研究所と共同で教育用ソフトウェアを開発。その後、約10年間米国にて教育用ソフトウェアの開発、経営コンサルティング等に従事する。帰国後は学校経営コンサルタントとして多数の私学の教育改革/学校評価等のプロジェクト、文部科学省の第三者評価に関する調査研究などを担当し、現在に至る。
  • 学校経営コンサルティング部部長。エデュコム教育システム研究所所長。

後藤 真一(ごとう しんいち)

  • 大阪大学を卒業後、株式会社福武書店(現ベネッセコーポレーション)に勤務。中学校図書教材の企画開発・編集者として、多くのヒアリング調査を実施。その後、岡山に後藤教育研究所を設立。通知表全国調査など「実践レベルの学力観」に関する継続研究に参加。また、校内研究やICT活用をテーマとするプロジェクトで学校ヒアリング・レポートを担当し、現在に至る。
  • 後藤教育研究所代表。

堀田 敦士(ほった あつし)

  • 東京芸術大学卒業後、有限会社東京堀田制作集団を設立。ベネッセコーポレーションのマルチブック他、多くの教育ソフトウェアの開発・デザインを手がける。学校ホームページのデザインに関する実践・研究が多数あり、慶應義塾大学では映像処理の基礎講座を担当。
  • 有限会社東京堀田制作集団代表。

岩田 良輔(いわた りょうすけ)

  • 東京大学を卒業後、フリーのソフトウェア技術者/ITコンサルタントとして活動。証券会社の部門立ち上げや合併に伴うシステム統合開発、金融取引システムの設計開発等を行う。2001年に事業を法人化。大手メーカー/商社、外資系企業、教育関連企業、ベンチャー企業等、多種多様な企業に顧客層を拡大し、ITコンサルティング、セキュリティ構築、セキュリティ事故解決支援、システム開発運営等のサービスを提供。米国拠点のオープンソース・プロジェクトへの技術提供も行う。
  • 株式会社ブランシュ コンセイエ・デサンス代表。

小西 克哉(こにし かつや)

  • 東京大学教育学部卒業。日本電信電話株式会社(ネットワーク商品企画)、ベネッセコーポレーション(教育用ソフトウェア開発)等を経て、教育コンサルタント事務所を設立。教育分野でのICTの活用、特に校務の情報化、学校広報、学校評価、授業評価、学力調査分析、教科学習、協働学習等の分野でシステム開発を含めた多くの自治体ならびに学校に対するコンサルティングの実績がある。
  • 株式会社プラネクサス代表。