学校沿革

エスコラピオス修道会

エスコラピオス修道会とは

エスコラピオス修道会は青少年教育を目的とするキリスト教・カトリック教会の修道会です。 1597年、聖ヨセフ・カラサンスにより、ローマ郊外の聖ドロテア聖堂に子供たちを集めて、西欧最初の無月謝の学校が開かれ、多数の教区付司祭の共鳴を得ました。 1602年、教皇タレメンス8世は彼らを青少年の教育を目的とする在俗集団として認可、1617年6月13日バウルス5世は、このエスコラピオス在俗集団を「天主の聖母在俗司祭集団」と合併させましたが、まもなく分離。1617年「敬虔な学校の神の母の貧しいパウロ修道会(Congregatio Paulina Pauperum Matri Dei Scholarum Piarum)」の名称で通常誓願修道会とされました。1621年、グレゴリウス15世により公式誓願修道会として認可され、翌年当修道会の会意が認められました。 その後、1643年、修道会内外に問題が生じたため、インノケンティウス10世によって1646年に当会は誓願なしの在俗集団に変更され、会は解散の危機に瀕しましたが、1669年、タレメンス九世により、再び公式誓願修道会に昇格、以前の権利を取り戻しました。以後、当会は世界各地で幅広く活動しています。 日本には、1950年10月に同会司祭2名が横浜教区に来日、以来、多数の修道会会員が来日しており、青少年教育や、小教区司牧等に携わっています。現在、四日市市と横浜市に小教区二つを持ち、教育活動は、四日市市の幼稚園及び海星中・高等学校を通して行なわれています。総本部はローマ。日本本部が横浜市の戸部教会となっています。

活動

エスコラピオス修道会の目的は、青少年の人間的・キリスト教的な教育を通して、社会の刷新を図ることにあります。創始者聖ヨセフ・カラサンスは「幼い頃からの教育」が重要であるとしたため、活動の重点は基礎的な教育及びキリスト教敬要理の教育を目的とした小・中学校に置かれています。 一方、広く哲学・神学の分野にも着目し、ガリレオ・ガリレイやカンパネラを認める等、各々の時代における革新的な面に大いに貢献して、神学校の指導や中央ヨーロッパでの反宗教改革運動にも加わり実績を残しています。又、創始者の精神を生かし、身体障害児、ことに視覚障害児や聴覚障害児の為の学校を設けたり、小教区の司牧に協力したりなどの宣教活動にも携わっています。当会の総長は六年ごとに改選され、四人の顧問と共に修道会を指導し、最高責任を負っています。

霊性

エスコラピオス修道会の会意は「清貧」「貞潔」「従順」という三つの誓願の実行と「青少年のキリスト教的な教育に献身する」という第四誓願の実行を通して、愛徳の完成を修道会会員に勧め、霊性を祈りと修業の精神によって養うよう命じています。黙想は、キリスト、ことにキリストの受難の神秘を中心とし、主に聖イグナチウス・デ・ロヨラの祈りの方法に従って行なわれています。又、ご聖体に対して特別な信心が育てられており、授業時間の問に交代で少数の生徒と共に、ご聖体の前で祈る(Oratio Continua)習慣があります。同様に聖母に対する信心も大切にされ、カラサンスの時代から毎日五つの詩編が唱えられていますが、この詩編のラテン語分の頭文字が「MARIA」になるようになっており、祈りは常に「天主の聖母の御保護によりすがりたてまつる…」という交唱で終わります。霊性は、主に修徳的といえますが、会員の中には、聖ヨセフ・カラサンス、聖ボンピリオ・サリストリ等の神秘家もいます。

国内 エスコラピオス修道会の教会

戸部カトリック教会(神奈川県横浜市)

四日市カトリック教会(三重県四日市市)

.

ポーランドのエスコラピオス会の歴史

イタリーで活動していたエスコラピオス会が、どのようにしてポーランドに入ったのでしょうか。 聖ヨセフ・カラサンスが生きているときに、まず1630年にチェコから依頼されて、1643年エスコラピオス修道会の司祭が、チェコのストラスニツェという町に学校を作りました。そして一年前の1642年に当時の王様(ラディスラウス4世)の尽力のおかげで、エスコラピオス会は、ポーランドに入りました。修道院は、ワルシャワ、クラクフ、Podoliniec,Rzeszow,の4か所に建てられました。クラクフこれはヨハネ・パウロ2世の町です。日本は江戸時代で三代将軍 徳川家光から四代家綱になるころで、鎖国時代になります。その頃、ポーランドの子どもたちは勉強するところもなく、宗教、人種、地位など関係なく、ユダヤ教の子どもたちも、ロマ(ジプシー)の子どもたちも貧しい子どももみんな、学校に通わせることが出来るように、働きかけました。またたく間に、学校を建て、1738年にはワルシャワの1つの学校だけでも、1050人の生徒が通うようになっていました。そのような学校は10か所も建てられました。みなさんはもう何回も、カラサンスのイタリーでの子どもたちへの教育の在り方など、聞いていらっしゃると思いますが、聖ヨセフ・カラサンスの教育理念は、どの国においても変わらず、「神さまを信じる心をもち、自分の信念を貫き通す強い忍耐力を持ち、そしてそれらが育つような豊かな心をつくるように」という勧めでした。しかしその当時まだ学校は、修道会の慈善事業だけで、まわりの人々の寄付でまかなっている状態でした。国が教育に対してもっと熱心になるように、ポーランドの法律を再編成するにあたり慈善事業を改正することに、働きかけました。その時、聖ヨセフ・カラサンスのよき後継者として、コナルスキー神父様(1700〜1773年)が、このことに尽力を注ぎ、新しい法律を発展させるためのプロジェクトに取り組みました。そして「教育は無償で与えるべき」というカラサンスの考え方をもとにして、新しい法律にのっとって、教育の改善をすべきという啓示をみごとにはたしました。そしてそれが、はじめての文部省を作ることになったわけです。1791年の5月3日の憲法を発布するときには、議会の議員の100人以上は、エスコラピオスの学校の卒業生でした。立憲君主制(りっけんくんしゅせい)とは、憲法を設ける君主制である。1793年、議会によりワルシャワに国民教育委員会(Komisja Edukacji Narodowej, KEN)が設立された。これは貴族から平民まですべてのポーランド人を対象にしたものであり、人類史上初の教育省とされている。日本も5月3日が憲法記念日ですが、これは偶然なのでしょうか?エスコラピオスの卒業生は、様々な分野でそれぞれが国の発展に貢献するような人々になりました。たとえば立派な司祭方はもちろん、哲学者や、オペラの作者、金属工学者、自然科学者、測地学(地球の表面の形状、大きさを測定する学問)、ポーランド語の言語の文法の本を書いた人。耳の不自由なかたが自活するために、石版印刷(リソグラフ)のワークショップを経営する方も出ました。コナルスキー神父様はStanislaw August Poniatowski という当時の王さまから「Sapere auso」という「恐れずに、勇気を持って立ち向かう人」という称号が贈られました。そして18世紀の後半に、ロシア、ドイツ、オーストリアにより、ポーランドの分割がおこり、国はなくなり、学校は閉鎖され、修道会は廃業させられ、エスコラピオスの修道者たちは、シベリアに追放され、多くの方々が迫害にあいました。19世紀になってから、ポーランドの行政が復興され、破壊された学校をもとのようにするため、シベリアから生きて帰ることのできたポーランド人の神父様2人と、スペイン人の修練長の努力のおかげで、回復することが出来ました。しかし第二次世界大戦が終わったあとにロシアに占領され、Lida ,Lubieszow, Szczuczynの修道院と学校は没収され、クラクフの高等学校Rakowiceなど、飛行場の近くにあったため、全部燃やされてしまいました。これらの学校は再建するのですが、1951年には共産主義の政府にとられ、軍隊のものにされました。1990年に修道会に返還されました。共産主義政権によって困難はありましたが、修道会は寄宿舎をたてたり、わたく私立の中学校を運営し、印刷技術や科学的技術を取り入れた事業に従事したり、ポーランドの国の中も、また海外にも宣教のために派遣されています。そして私もアジアにきたひとりです。 このように修道会や学校など、何度もつぶされても、カラサンスの精神は折れることなく、負けずに何度もやり直しをするようにきたのです。1979年6月にポーランド出身の当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が故国ポーランドを訪れ、国民みんなから熱狂的に迎えられました。これがポーランドの民主化運動、ひいては東欧全体の民主化運動に決定的な役割を果たすことになったのです。1980年9月17日には独立自主管理労働組合「連帯」が結成されました。「後で大統領になりましたが、組合長のワレサを知っていますか?名前だけでも聞いたことがありますか?」とにかく、侵攻されては、返還されるという繰り返される中、ポーランドの管区は現在は16個の修道院、16個のカテドラル(教会です)、9つの学校、6つのスポーツクラブを建ててきたのです。