クラブ活動

図書文芸部(中学・高校)

部員数 高3 4名 高2 1名 中2 1名 中1 1名 
顧問名 永戸 幸子、  尾田 沙波
目的 読書を通じて、知識・教養を豊かにし視野をひろげ、人間性の向上を目指す。
目標 読書の大切さを多くの人々に伝え、有意な本を紹介していく。
活動内容(高校) 図書館の貸し出し業務の手伝いをし、図書の整理に協力する。 様々なジャンルの書籍の紹介をしていく。
活動時間(高校) 毎週月曜日の放課後を活動日とする。 図書館業務の手伝いは、昼休み(食後)とする。
活動内容(中学) 図書新聞「BOOK NEWS」を発行し、読書に関する情報を提供する。 年間にいくつかのテーマを設定して研究し、海星祭等で発表する。
活動時間(中学) 毎週金曜日の放課後、1時間。 これは新聞作成が中心。但し、紹介する本は、活動日以外の時間を利用する。また、海星祭の前は、金曜日以外の月・水の放課後も活動日とする。
■活動詳細
活動報告

(高校)

3年生が活動から退くことにより、2年生1名となってしまった。他のクラブも兼ねていることもあり、充分な活動ができず、図書館業務の手伝いをするのみになっている。今後、部員を確保し、活動の充実をはかりたい。

(中学)

部員が2年生1名で出発したが、「BOOK NEWS」の発行を月1回している。7月発行のものは、地震・防災をテーマに5冊の本を紹介しました。

海星祭の前に、1年生が1名入部したので、2人が1枚ずつ新聞を発行することにし、海星祭で2枚の新聞を作成し、展示しました。今後は冬休みを前に、新聞を作成し、本を紹介していく予定です。