法の理解

【岩倉市立曽野小学校】 サイバー犯罪防止教室

記事画像1
 江南警察署の方から話を聞き、インターネットや携帯電話、スマートフォンを使う上での注意点や、危険な面について学びました。岩倉市の携帯電話やインターネットに関わる事件や犯罪についての現状を知り、保護者にも参加していただくことで、トラブルについて親子で考えていただく契機としました。
 特にパソコン・スマートフォンなどで普及している、『YouTube』に自分の動画を投稿する児童がいたことで、その危険性の喚起や注意を行うことと、保護者会等で近隣小学校付近に動画を投稿する不審者の存在が危険視される声が多く言われ、岩倉市を管轄している江南警察署から現状の危険性と安全策、個人ができる対策を指導していただきました。 保護者にも多く参加いただき、よい啓発活動になりました。児童には良好な人間関係の築き方と、問題行動をすると犯罪になるという注意喚起をしていただきました。児童と保護者には、岩倉市で不審者に盗撮などの行為をされたらどのように対応すると良いのかを、実際にあった事例をもとに話を聞きました。デジタルカメラを使用している不審者に出会ったら関わらずに逃げて、盗撮を感じたらすぐに警察に電話をするなどの対応の仕方を学びました。保護者の中に、実際にデジタルカメラをもった不審者と遭遇したときに、どのように身を守るのかを知りたがっていた方が多かったので、このような取組は大いに好評でした。
情報モラル教育実践