活動内容

奉仕的活動

【稲沢市立長岡小学校】木曽川クリーン作戦

記事画像1
 本校から北西へ徒歩10分のところに、一級河川の木曽川が流れています。ゆったりと流れるとても美しい川で、春には、サツキマスが遡上する姿が見られます。しかし、その美しさとは反対に、木曽川の堤防は、堤防道路を走る自動車などからのポイ捨てが多く、空き缶やプラスチックなどのごみが落ちていることがよくあります。
 そこで、本校では、「木曽川をもっときれいにしよう」を合い言葉に、木曽川用水総合管理所の職員の方とともに、児童らが主となって、堤防のごみを拾う「木曽川クリーン作戦」を行っています。
 今年度は、6年生から順に、各学年が、月替わりに木曽川大堰より下流の左岸堤防の清掃を行いました。本校の6年生29名は、1時間という短い時間で、燃えるごみ3袋分、燃えないごみ1袋分、プラスチックごみ1袋分のごみを集めて帰ってきました。子供たちが、「きれいにしよう」という一心で黙々とごみを拾い続けたのがよく分かります。
 また、秋に活動した3年生は、たくさん拾ったごみを学校に持ち帰り、分別する際に、「どうして、こんなにごみを捨てるんだろうね」「家まで持ち帰ることができなかったのかな」と友達と話をしていました。「木曽川クリーン作戦」は、子供たちの身近な木曽川をきれいにする一助と同時に、本校の子供たちの道徳心も育んでいます。

【田原市立東部中学校】表浜ふれあいフェスティバルへの参加を通して

記事画像1 記事画像2
 「第22回表浜ふれあいフェスティバル」が開催された。表浜太平洋岸は、校区の海岸であり、その美しさを実感するだけでなく、海岸浸食の現状を知り、校区の海岸を守ろうとする気持ちを高めることを目的に行われている。その目的を遂行するためには、家庭、学校、地域の連携が必要である。この行事でのふれあいを通して、それぞれの関わりを深めることができるようになってほしいと考えている。
 今年度も、250名以上の本校の生徒が、ボランティア活動に参加した。午前9時から7か所の海岸で、清掃活動が行われた。生徒たちは、意欲的に清掃活動に取り組み、海岸が以前より美しくなる姿を見ることができた。その後、谷ノ口海岸で、「地引き網」の手伝いをした。また、津波を想定した避難訓練にも参加した。午前11時からは、谷ノ口公園「ほうべの森」で親睦会に参加し、生徒会役員は担当のブースで飲物を配付した。
 一昨年度から、「東中ソーラン」を披露することになった。「東中ソーラン」とは、本校の生徒会役員が中心となって隊形や呼びかけを考え、体育大会などで全校生徒が団結して行う演舞である。今年度も、フェスティバル実行委員会からの出演要請を受け、フェスティバルを盛り上げた。参観者から拍手をいただくと、生徒たちは達成感を感じることができた。
 参加した生徒たちは、「ごみが昔より少なくなっている。これからも自分たちで海岸をきれいにしていきたい」「地域の方たちが、『東中ソーラン』を喜んでくれて、僕たちもうれしかった」と話し、この活動の成果を実感することができていた。また、環境を守ることの大切さを学ぶとともに、フェスティバルでのふれ合いを通して、地域の方との関わりを深めることができた。

【高浜市立南中学校】街路樹ボランティア活動の取組

記事画像1
 本校では、年に3回、「街路樹ボランティア」を行っています。
 「街路樹ボランティア」とは、学校の中や学校周辺の街路樹の清掃・整備を、地域の方と一緒になって取り組む活動です。学校から貸し出される道具の他、生徒たちも必要だと思う道具を自分で用意し、活動に当たります。また、クラスごとに担当箇所が割り当てられ、約1時間、担当箇所を一生懸命掃除します。
 休日に行われるボランティア活動ですが、毎回多くの生徒が自主的に参加しています。「体を動かしたい」「友達に誘われて一緒にやろうと思った」「地域のためにやれることはやりたい」など、参加した理由は生徒によって様々ですが、活動は意欲的に取り組んでいます。
 活動後、生徒たちは、「汚かった花壇や街路樹がきれいになると、達成感を感じた」「地域の方と話しながらやれて楽しかった」と、「街路樹ボランティア」に参加してよかったという前向きな意見をたくさん聞くことができました。地域の方も、「子供たちは、とても真面目に取り組んでいて感心した」と、生徒たちの姿を褒めてくださいました。
 地域の方とコミュニケーションを取りながら行う活動は、地域とのつながりを深め、活性化にもつながると思います。生徒たちの主体的な姿を尊重し、今後も人のため、地域のために貢献できる姿を期待したいです。

【あま市立伊福小学校】異学年交流による人権意識の向上

記事画像1 記事画像2
 本校では、毎年、異学年交流の場を充実させ、人権意識の向上を目指しています。
 1、2年生の交流では、毎年、「1年生を迎える会」で、2年生からアサガオの種をプレゼントしたり、生活科「がっこうたんけん」で、2年生が1年生とグループを作り、校舎の案内をしたりする活動を行っています。本年度は、さらに、「交通安全教室」を低学年で実施しました。2年生が、1年生を教室まで迎えに行き、ぺアになり体育館に入場し、警察の方からの話を聞きました。その後、横断歩道の歩行訓練を行いました。2年生は、1年生のお手本となるように意識して行動する姿が見られた一方で、1年生も、2年生を見習って歩行訓練の練習ができました。1、2年生のつながりを大切にすることで、互いに認め合い思いやる気持ちがはぐくまれたと実感しました。
 3、4年生との交流では、4年生が社会科授業「命とくらしを支える水」を3年生に紹介し、発表する場を設定しました。毎日の生活を支える身近な水の問題や、ユニセフの出前授業「世界の水事情」などから学んだことを、プレゼンテーションソフトを使って、分かりやすく3年生に伝えることができました。また、朝礼や給食時に各教室で、ユニセフへの募金活動の呼びかけを行いました。このことから「よりよい生活」への意識を他の児童へ広げることができ、人の役に立つことを自発的に行うことができる機会となりました。

【西尾市立西尾小学校】 清掃活動を通して・・・

記事画像1
 本校では、9月下旬から、「縦割り清掃」が始まりました。「縦割り清掃」とは、1年生から6年生の児童が、一つの班を作り、清掃を行う取組のことです。「縦割り清掃」のねらいは、班長となった高学年が、下学年に清掃の仕方を教えることで、責任感、リーダー性を育てることをねらいとしています。
 「縦割り清掃」に向けて、班長は、班員にどんな掃除をしてもらうか、低学年にはどんな声かけをすればよいのかを考えました。これまでは、同学年で清掃をしていたので、清掃の仕方を一から教えることに、不安を感じている子もいました。高学年だけでなく、低学年も新しい環境での清掃活動に戸惑っている子もいました。
 「縦割り清掃」が始まると、班長が各所で下学年に優しく声をかけたり、掃除の仕方を教えたりしている姿がありました。新しい環境で不安に思っていた低学年も班長の話をしっかり聞き、清掃に取り組んでいました。
 「縦割り清掃」を行うことによって、班長となった高学年は、班員をまとめなければいけない責任感やリーダー性をもつことができました。毎日の日課の中で、高学年としての責任を感じることで、自分たちが学校全体を支えてる気持ちにつながっていくと考えます。この取組によって、少しでも高学年の心が成長することを願っています。

【豊田市立野見小学校】きらめき賞でやる気いっぱい

記事画像1
 本学校では、「きらめき3つの心(あいさつ・ありがとう・人のためにはたらく)」を合い言葉に、心を育てる取組を行っている。その中でも、「ひまわりのたね賞シール」「きらめき賞」の取組が成果を上げている。

(1)ひまわりのたね賞シール
 「豊田市民の誓い推進協議会」よりいただいた「ひまわりのたね賞シール」を、全教員が持っており、「きらめき3つの心」や学習において、頑張っている子供に対し1枚シールを渡している。この取組により、授業、委員会活動、部活動など様々な場面で、より多くの教員の目で、子供の頑張りに気付き、認めることができている。シールをもらった子供は、認められた喜びとともに、「これからも続けよう」「今度は、別のことにも挑戦してみよう」と意欲を高めている。11月の時点で、5000枚以上のシールが渡されている。
(2)きらめき賞
 シール台紙がいっぱいになった子供は、校長先生から直接「きらめき賞」をいただくことができる。また、その様子は、本校ホームページ(非公開)にも、写真で掲載されており、保護者が閲覧できるようにしている。全ての子供が、表彰されることを目標に、全校体制で取り組んでいる。

【蒲郡市立三谷東小学校】南山美化活動

記事画像1
 本校は、自然豊かな環境で、校内に「南山」という木々が生い茂る山があります。春には、タケノコが生え、夏には、カブトムシやクワガタが採れ、秋には、紅葉を楽しませてくれる子供たちにとって魅力のある山です。しかし、手入れをしないと、すぐに人が入れない状態になってしまいます。そこで、平成28年度より、PTA活動の一つとして、11月に「南山美化活動」を行い、山の手入れをする活動を行っています。あらかじめ、地域のボランティアの方に、木々をチェーンソー等で切っていただき、活動日当日は、親子で切った木々を運び出します。運び出した木や草は、4tもある大きなコンテナに入れ、業者に処分をお願いしています。子供たちも、自分たちの使う山をきれいにしようという意識をもって活動に取り組んでいます。
 活動を終え、すっきりした「南山」を見て、子供たちは、「これで、来年も南山で追いかけっこできるね」「タケノコとり楽しみだね」と自分たちの活動できる場が守られていることを実感していました。
心の教育推進活動