情報セキュリティ

【豊橋市立豊南小学校】携帯電話ゲームのルールについて

記事画像1
 高学年の子供たちから、「自分の携帯電話は持っていないけれど、親の携帯電話のゲームで遊んだ」という話を聞いた。理由を尋ねると「時間をつぶすために借りて少し遊んだだけ」という答えが返ってきた。携帯電話のゲームは、無料で気軽に遊べるが、多くの危険が潜んでいるということを、子供たちはまだ理解していない。そこで、5年生の子供を対象に、「スマホ・ケータイ安全教室」を行った。無料という言葉に誘われて、個人の情報を流出させてしまったり、間違った情報が、友達に悪影響を及ぼしたりという事例が紹介された。携帯電話はボタンひとつで、簡単に「有害サイト」や「悪徳業者」につながってしまう危険な部分を持っているものだと、子供たちは改めて実感したようだ。
 携帯電話やインターネットを使った犯罪から子供たちを守るために、各家庭で安全に使用するためのルールについて話し合っていただくように、保護者の方々にお願いしていくとともに、学校でも情報モラル教育を更に充実させていきたい。

【瀬戸市立東明小学校】スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 本校では携帯電話やスマートフォンを使用している児童が多くなり、6年生の3分の1以上が持っています。そこで、4〜6年生を対象とした「スマホ・ケータイ安全教室」を実施しました。
 まず、話す「言葉」と「文字」の伝わり方の違いや、伝え方の難しさを実際の文面で見ました。第三者として見るとたわいもないことに思えることも、一度間違って伝わると友人関係が崩れてしまうことがある実例を見て、子供たちは「慎重に言葉を選ばなくてはならない」と実感したようです。次に、子供たちが夢中になりやすいゲームについて、アニメを見ました。依存によって生活リズムが壊れること、課金が知らぬ間に高額になってしまうことなどを知り、ルールを決め守る環境を整える必要があることなどが分かりました。最後にGPSの位置情報が犯罪に利用されることを学習しました。
 授業後、子供たちから「こんなことにはならないと思っていても、大人でもトラブルがあるのだから、十分に気をつけなくてはならないことが分かりました。」「欲しいと思っていましたが、もう少し家族と話し合ってみます。」などの感想が見られました。家庭でのルール作りを呼びかけるために講座のパンフレットを配付したところ、受講したばかりの子供たちと話し合った家庭もあったようです。

【春日井市立上条小学校】全校で取り組む情報モラル教育

記事画像1
 今年度は、各学期に1回、「情報モラル教育」を道徳教育の中に位置づけ、全クラスで取り組んでいます。
 低・中・高学年、それぞれ学年の発達段階や児童の実態に合わせた内容で進めています。
 低学年ではゲームやネットの安全な使い方、中学年ではネットにおける依存症や情報の信ぴょう性の問題、高学年ではネットいじめなど、対象学年の問題意識を高められるような学習目標を設定しました。
 3年生の実践では、30分だけと思って始めたネットゲームが、なかなかやめられないという事例を取り上げ、節度や約束を守ることについて話し合いながら考えることができました。
 

【瀬戸市立南山中学校】携帯電話の利用についての授業

記事画像1 記事画像2
 本校では毎年、1年生は学年全体で携帯電話の利用についての授業を行っています。今年度は、DVDを使用しながら授業を行いました。
 今、中・高生の中では、SNSアプリの普及によるネットいじめ、個人情報の漏えい、オンラインゲームの高額請求、不正アプリのダウンロード、ネット依存、ながらスマホによる事故など、様々なトラブルが発生しています。便利ですが、使い方を間違えると人間関係が悪くなったり、ネット依存により心や体に悪影響があったりします。更に、これらのことが、いじめや犯罪にエスカレートし、事件や事故につながったりする危険性があることを学習しました。また、DVDには、被害に遭わないようにするためのスマホの具体的な設定方法が紹介され、生徒たちはとても真剣に視聴していました。授業を受けた生徒の感想は以下のとおりです。
・スマホは、まず相手の顔が見えないということを知った上で使いたい。少しでも使い方を間違えるととんでもないことになってしまうことを知りました。
・今日初めて知ったことがたくさんあった。スマホを使っている人なら、簡単に加害者や被害者になってしまうと思ったので、気をつけたい。
・妹もタブレットを使うので、今日学んだことを教えようと思った。
・よく友達との写真を投稿しているが、それも危険性があることと知って驚いた。
 今後も、ルールとマナーをしっかり守り、安全で快適にインターネットを活用してほしいと思います。
 

【豊田市立前林中学校】 ネット犯罪被害防止集会

記事画像1
 事前のアンケートなどによる調査では、生徒の大半が携帯電話をもっており、またインターネット環境が家庭内であると答えました。これからの情報社会で犯罪に巻き込まれなく、また快適な生活をするにはどうしたらよいか学ぶ機会を設けました。
 講師の先生からは、まず無料通信アプリのトラブルについてお話がありました。ふだんのやり取りの中で、友達同士の「言葉の勘違い」の例が出て、生徒たちもうなずき、大きな反応がありました。もう一つは、ネット犯罪のお話で、SNSに掲載した写真情報が位置の特定に使われるなど、これも自分たちのふとした行動で犯罪に巻き込まれる可能性を上げていることがわかりました。
 生徒の感想用紙には、「無料通信アプリで友達と会話するけれど、言葉遣いには注意したい」「SNS映えするって簡単に写真をアップしていたけど、犯罪に巻き込まれるかもしれないと思い怖くなった」などとありました。

【あま市立美和中学校】ケータイ・スマホ 安心安全教室

記事画像1
 『インターネットやスマホの年齢にあった使用方法を知る』『保護者が子供にSNSなどを使わせる上で注意すべき点を知り、家庭での指導の機会にしてもらう』というねらいで、中学1年生と保護者を対象に、講師の先生をお招きし、ケータイ・スマホ 安心安全教室を開催しました。事前アンケートから、自分専用の携帯電話等を使っている生徒は7割、親の携帯電話等を使っている生徒を含めると、9割以上の生徒が日常的にインターネットを利用しているとわかりました。この現状を踏まえ、講演では、トラブルの未然防止のために個人で・家庭で何をしなければならないか、具体例を用いてわかりやすく教えていただきました。
 生徒の感想には、「フィルタリングをかけてもらう。また、ルールを作り、それを守り、相手を思いやって利用することを忘れずに正しく使おうと思います。そして何よりも、コミュニケーションを大切にしたいと思います。」とありました。
 事後指導では、コミュニケーションを大切にできるよう、人間関係に焦点を当てた道徳の授業を学年で一斉に行いました。また、この様子を学校だよりでお知らせするとともに、愛知県小中学校PTA連絡協議会からの啓発文書を配付し、保護者と学校が協力してトラブルの未然防止に努めました。

【犬山市立東小学校】情報モラルに関する道徳の授業実践

記事画像1 記事画像2
 本年度、授業参観日に、全校一斉道徳授業公開を行いました。3年生は主題に「節度ある生活」を取り上げ、「とどいた広告」という資料を通して情報モラルについて学習しました。誘惑に負けてインターネットサイトに、個人情報を入力してしまった主人公の行動について話し合いました。自分だったら個人情報を入力するかしないかについて、グループで意見を交流しました。「簡単に入力してしまったら、大変な事件に巻き込まれてしまうよ。」「家族に叱られるから入力してはいけないよ。」など、3年生なりに個人情報は大切なものであることは分かっている様子でした。授業のまとめに「ネット社会の歩き方〜住所や電話番号を教えるのは慎重に〜」という動画を視聴しました。インターネットで安易に情報の受渡しを行うことで、周囲の人に迷惑をかけたり、自分自身が被害に遭ったりすることを確認しました。授業を参観した保護者の方からは、「子供たちを取り巻くネット社会の恐ろしさを改めて実感しました」という声が聞かれました。情報モラルについて保護者も一緒に考えるよい機会になりました。

【豊田市立中山小学校】 「ネットで困った時にどうするか」の授業

記事画像1
 3年生を対象に、情報モラルの授業を行いました。3年生は4クラスあるのですが、学年の教師で授業を交換して学習を行い、すべてのクラスで同じ教諭(情報教育主任)が授業を行いました。
 1 ネット上には、いろいろな種類の不適切なWebが存在することを知る。
 2 そのようなWebに遭遇したときに、どのように対処すればよいかがわかる。
の二点について、映像教材を見ながら考えさせました。
 困ったことがあったら、子供だけで判断せず、先生や親など周りにいる大人に相談すること。近くに大人の人がいないときは、そのページを閉じて、それ以上見ないようにすることを学習しました。
 同じ教諭が授業をすることで、学年全体の児童が、同じように共通理解することにつながりました。また子供たちも、担任ではない先生の授業を情報室で受けることで、より印象に残る授業となりました。情報室での学習の利点を生かし、最後に、個々にネットモラル判定を受けて授業を終えました。

【清須市立星の宮小学校】 スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 近年、携帯電話やスマートフォンの普及率は高く、本校でも高学年では自分の携帯やスマートフォンを持っている児童も増えています。また、最近では、中・高生だけでなく小学生も携帯・スマートフォンに関連するトラブルに巻き込まれるという事案も聞いています。
 そこで、本校では携帯電話会社の方に講師として来ていただきトラブルに巻き込まれないことをねらいとした「スマホ・ケータイ安全教室」を5・6年生の児童を対象に実施しました。
 講座の中で、スライドや動画を視聴しながら、インターネットで知り合う危険性や位置情報によるトラブル、ゲーム依存症と課金トラブル、誹謗(ひぼう)中傷や写真掲載などの情報発信トラブルなど、ちょっとした不注意から使い方を誤ると思いがけないトラブルに巻き込まれたり、危険な目に遭ったりするかもしれないことを学びました。
 子供たちは、身近に起こりうるような出来事の中にも、トラブルにつながる危険なことがあることや、自分が犯罪者になってしまうこともあると知り驚いていました。
 子供たちが正しい知識や危機意識をもち、安全に留意しながら使用することができるための「情報モラル教育」を行うことの大切さを改めて感じました。
 保護者に対しても愛知県小中学校PTA連絡協議会からの『小中学生の携帯・スマートフォン等の適正な利用に向けて』という文書を配付し、学校のホームページでも確認していただくようお願いしました。さらに、5・6年生の保護者の方には、今回のスマホ・ケータイ安全教室の内容が分かるパンフレットを個人懇談会の折に個々にお渡しし、家庭でも親子で話題にしていただくよう、はたらきかけをしています。

【豊橋市立下条小学校】 ネットモラルについての学習

記事画像1
 現在の子供たちは、ふだんからパソコンやタブレットに触れる機会があり、多くの子が動画やホームページの閲覧をしています。そこで、ネットの世界では気をつけないといけない様々なことがあることを、コンピュータ室で閲覧できるNetモラル教材を使い、指導を行いました。ネット依存やゲーム依存の問題については、自分の健康に配慮してネットやゲームを利用し、時間を決め、節度を守って利用しなければいけないことを学びました。また、個人情報流出から身を守る方法については、IDやパスワードの重要性や、個人情報をブログやSNSへ安易に掲載することの危険性について学びました。更に、ネットの知的財産権については、著作権を大事にする態度や心がまえを知り、著作権を侵害する行為がどんなことか、そして、それをしないようにすることの大切さを学びました。今後もトラブルに巻き込まれないように、ネットの世界で気をつけるべきことを学ばせていきたいです。
情報モラル教育実践