情報セキュリティ

【刈谷市立住吉小学校】一歩立ち止まって考えよう

記事画像1
 3年生が、1月の授業参観日に道徳で情報モラルの授業を行いました。まず、導入で「家庭でインターネットの使い方の決まりがあるか?」と尋ねると、ほとんどの子供が「特に決められていない」に手を挙げました。保護者も、子供がまだ3年生ということもあって、あまり敏感になっていない様子でした。そこで、インターネットで検索をしていたら、右のようなサイトにつながり、「あなただったらどうしますか?」と質問をしてみました。すると、「入力する」と答えた子供が2名で、理由は「続きが読みたいから」でした。「入力しない」と答えた子どもは30名で、理由は「怖い感じがする」「お母さんにすごく怒られる」「家族に相談する」といったものでした。保護者も自分の子供の様子を真剣に見ていました。
 その後、明るいこころの「とどいた広告」を題材に取り上げました。内容は、主人公のたくやくんが、自宅で友達と一緒にインターネットで調べ学習をしていた時、ただでゲーム機がもらえるという広告を見つけます。たくやくんは、どうしようと迷うわけですが、「ただ」という言葉にひかれ、個人情報を入力してしまいます。すると、後日、ゲームの請求書が届いてしまうという話です。設問として個人情報を入力したときの主人公の気持ちや請求書が届いたときの気持ちを考えました。子供たちは、「もし、本当に届いたらどきっとする」「お母さんに何て伝えよう」と自分事として考えることできました。
 最後に、もう一度、最初に見せた資料1を見せて、振り返りをしました。「入力する」と答えていた子供も、「個人情報を簡単に入力してはいけないと思いました。本当に、怖いことにつながっていくと思いました」と振り返りに書くことができました。今回の授業をきっかけに家庭でも話題にしていただき、早い段階からインターネットの利用について、家庭でのルール決めをお願いしました。

【豊川市立国府小学校】 個人情報の保護

記事画像1
 本校では、「コンピュータや各種視聴覚機器を積極的に利用し、子供たちの情報選択能力や情報活用能力を養うための指導内容・方法を研究し、実践する」ことを目指しています。
 子供にインターネットへの印象を聞くと、1学期に行った調べ学習を想起して、「楽しい」「詳しく書いてある」など、よい印象ばかりがあがりました。4年生では、教育情報サイトを活用して、個人情報についての授業を行いました。
 授業では、「環境について調べていると、こんなページがありました。あなたならどうする。」と子供たちに投げかけました。「自然環境を守る活動を応援してくれる人は、名前や住所を入力して、応援するボタンを押してほしい。」
 「あなたなら応援するか、しないか」と発問しました。「環境は大切だから応援する」と答える子もいれば、「怪しいサイトかもしれないから応援しない」と答える子もいました。また、「応援したいけど、名前や住所を書くのは嫌だ」と答える子もおり、お互いに考えの根拠を述べていきました。話合いを終えた後、もう一度「応援するか。応援しないか。」問いかけたところ、「怪しいサイトかもしれないから考える」と答える子が多くいました。
 インターネットはとても便利だが、その反面それを悪用しようとする人もおり、自分で安全かどうかしっかりと判断したり、周りの人の意見を聞いたりして、安全に使用していこうという態度を今後も育んでいきたいと思います。

【知多市立八幡小学校】正しく使おうインターネット(正しいインターネットの使い方)

記事画像1
 本校では、スマートフォンを持っている児童も高学年になると多くなるという実態があります。スマートフォンやパソコンで、インターネットを利用することによって、トラブルが起こることが懸念されています。情報を受け取るがわとしては、受け取った情報が正しいかどうかを考えたり、情報を比べて何が正しいか判断したりすることが重要です。発信するがわとしては、発信した情報は多くの人に簡単にすぐに広まってしまうことや、一度インターネットに載せた情報はなかなか消せないということを知るのは大事なことです。
 今回の授業では、友達と撮影した写真のデータが人に回るうちに悪用されてしまう事例や、考えずにダウンロードしたデータを使ってしまうことで起きた危険なことについて、アニメーションやスライドを使って説明をしました。また、写真が第三者に利用をされてしまうことで、本人が不利益を被ることがあることについても説明をしました。
 児童からは「データをダウンロードするときはよく内容を読んでからにしようと思う」「写真を渡すときは、絶対に知らない人にあげないでねって言いたい」「書いてある文章の内容が分かるようによく勉強をしたい」などの感想がありました。
 今後も様々な教科を通して、情報モラルの意識を高めていきたいと考えています。

【碧南市立西端中学校】スマホ教室の開催

記事画像1
 本校では、平成29年度の6月に生徒対象、7月に保護者対象、2月の入学説明会のときに新入生の保護者対象に、計3回のスマホ教室を開催しました。講師には、県の委託の指定を受けて、学校でスマホ教室を行っている専門家の方に来ていただきました。
 生徒対象のスマホ教室は、1年生と2年生、3年生に分けて実施しました。1年生は、「言葉の使い方」をテーマとし、メッセージアプリで意味を取り違えてしまう可能性のある事例をとりあげて学習しました。2・3年生は、「個人情報を守る」をテーマに学習しました。写真に記録される位置情報や、画像に映っている外の背景や部屋の中に映っているもの、人物が着ている服などからも個人情報が漏れていくことを学習しました。
 保護者には、「危険を知って安全に使わせる」をテーマに講座を開催しました。スマホのデモ機を使って、実際に中学生・高校生がよく使っている六つのメッセージアプリが紹介されました。講師の方から、「言葉の使い方」「個人情報の漏れ」「個人情報が盗まれる」ことによるトラブルについて、お話をしていただきました。
 どの教室でも「『危険を知って正しく使う』ことが、自分を守ることになる」ことを学びました。

【蒲郡市立三谷東小学校】情報モラル教室

記事画像1
 「インターネットって、調べるときに便利だよね」「無料通信アプリって友達と連絡するのに便利」など、本校の高学年の子供たちは、家にあるコンピュータや保護者のスマートフォンを使わせてもらい、調べものや友達との連絡をすることが度々ある。しかし、便利な反面、危険なこともあることを学ばせたいと考え、ここ数年、5月に4、5、6年生と希望する保護者を対象に「情報モラル教室」を開催している。蒲郡青少年センターより「安心ネットインストラクター」を招き、インターネットに潜む危険などを教えていただいている。
 学習を終えた後、子供たちは、
「平日1時間以上使っていると、成績が悪くなるのかぁ・・・」
「人を特定できるような写真などを載せてしまうと危ないこともあるんだ」
「文字だけだと、気持ちを伝えられないこともあるんだね」
「インターネットは、包丁や火と同じように便利だけれど、使い方を間違えると人を傷つけてしまうことが分かった」などの感想をもつことができた。
 本年度は、多くの保護者の方にも聞いてもらうため、6月に行う土曜参観日に、「学校保健委員会」と合わせて実施していく予定である。

【常滑市立青海中学校】「デジタル作品の制作」に関連した情報モラル教育

 2学期には、体育祭に向けて応援旗を作成したり、応援合戦の振り付けを練習したりする姿が見られます。技術・家庭科の技術分野の授業では、体育祭に向けた応援旗の作成や応援合戦を撮影した写真や動画を編集し、「私たちのクラスの応援合戦」というテーマで作品を制作しました。制作に関連付けて、肖像権について取り上げ、顔写真や服装などから個人を特定することができることを知らせました。
 生徒たちは、制作品を見直して、写真の解像度を下げたり、動画のシーンを切り取ったりして、肖像権に配慮した作品として完成させることができました。生徒同士で、完成した作品を見あい、クラスの仲間で頑張った成果を確認することができました。

【日進市立日進西中学校】 情報モラルの出張授業

記事画像1 記事画像2
 本校では、毎年6月から7月の間で、「生活安全教室」を行っています。携帯電話会社の方をお招きして、情報モラルについての授業を行っていただきました。

 内容は、
 1 インターネット上に掲載している写真によって、風景の中からでも本人や住んでいる地域、家までもが特定されてしまう恐れがあること。
 2 無料通話アプリによって記入された文章によって、友達とのトラブルに巻き込まれてしまうこと。また、意図せずトラブルを生み出してしまうこと。

 情報が簡単に手に入る時代だからこそ、個人情報も簡単に流出してしまうことや、犯罪などに巻き込まれてしまうことなどを学ぶことができた授業でした。

【豊川市立三蔵子小学校】携帯電話や通信機能付のゲーム機の危険を知り、適切な使い方を学ぶ

記事画像1
 11月17日(金)の5・6時間目に、4・5・6年生を対象にした「スマホ・ケータイ教室」を開きました。「携帯電話や通信機能付のゲーム機の危険を知り、適切な使い方を学ぶ」をテーマとして、携帯電話会社から講師の方を招き、講話をしていただきました。
 はじめに講師の方から、子供たちに「携帯電話やスマートフォンを使っているか」と質問をされると、多くの子が使っていることが分かりました。特に学年が上がるごとに人数が増えていくことが印象的でした。
 次に、SNSで起きる危険を映像から学びました。些細な書き込みから大変なことが起きることを知り、子供たちは書きこむ時には、住所や居場所が分かるような書き込みはしないように気をつけることを学びました。
 また、SNSだけでなく、ダウンロードして遊ぶゲームであっても、お金がかかることがあり、気づかないうちに高額な請求が来てしまうことを知りました。どの事例も子供たちにとって身近ではあるが、多くの子は想像したこともない話でした。子供たちは、事例のドラマを見ながら実感をもてたようでした。
 
「スマホ・ケータイ教室」後の子供たちの感想
・こんなに怖いことが起こるとは知りませんでした。これからスマホでゲームを行う際には、おうちの人と相談して、遊び方をしっかり決めておきたいと思います。
・スマホは便利だけれど、悪い人もいるから気をつけて使いたいと思います。

【豊橋市立吉田方中学校】情報モラル教室

記事画像1
 平成29年度は、5月12日に全校生徒とその保護者を対象に情報モラル教室を行いました。講師は、一般社団法人の講演担当者の方で、「インターネットを使うときに気をつけること、考えること」というタイトルで、インターネット上のコミュニケーショントラブル、上手なインターネットの使い方についてお話ししていただきました。本校で情報通信端末(コンピュータ、スマホ、タブレット等)をもっている生徒は7割をこえています。また端末を持つほとんどの生徒が無料通信アプリなどのSNSを利用したことがあるという実態もあります。このような実態の生徒たちは、情報通信端末を通じてコミュニケーションを図る際の配慮や、情報を発信することの責任の重みを再認識したようです。また今後も、適切に情報や端末を扱えるようにするための継続的な指導の必要性を感じました。

【講演を聞いた生徒の感想】
 インターネットと社会とのつながりについて学びました。スマートフォンなどが普及する前と後を比べると、ガラケーだった時代は,まだインターネットと社会の間で溝がありました。しかし、スマートフォンが普及した現在では、インターネットと社会がイコールで結ばれるぐらい、インターネットと社会は関係していることが分かりました。SNSのウェブサービスなどに自分の家の中の写真を載せただけで、住所などが分かってしまうと聞いて、とても驚きました。インターネット上での炎上などは、たいてい夜に起こることを初めて知りました。夜は、昼間に比べて気持ちが高ぶることが多いからだそうです。改めて、インターネットは便利な部分もあるけれど、気を付けて使っていかなければならないと感じました。

【岡崎市立福岡小学校】 スマホによるトラブルを減らすために

記事画像1
 スマートフォンの使用に伴うトラブルに遭わないための心構えをつくりたい。ルールを守ることで、利便性が高いスマートフォンを使って、より快適な生活を送ることができるようにしたい。そうした願いの下、スマートフォンによるトラブルを疑似体験することで、他者への影響を考え、人権を尊重し、情報社会での行動に責任をもつことの大切さについて理解できるように指導していこうと考えた。
 まず、導入でスマホ専用アプリ「スマホにひそむ危険」を活用し、様々なトラブルを疑似体験した。次に、問題点についてグループで話し合う活動を取り入れた。そして、グループ発表を通して問題点や解決策を共有し、トラブルに巻き込まれないためのルールを考えた。
 また、活動の意欲化を図るために「Myスマホ」「アプリシール」を活用した。単元の終わりには、「スマホ検定合格証」を贈呈するようにした。最後に授業のまとめとして、啓発標語を考える時間を設けた。子供たちはスマートフォンとうまく付き合っていく方法を考え、標語で表現することができた。
情報モラル教育実践