その他

その他

【田原市立伊良湖岬小学校】かがやけ なかま ふるさと いっしょの時間

記事画像1
 「かがやけ なかま ふるさと いっしょの時間」を校訓とする伊良湖岬小学校は、開校3年目を迎えました。本校北側には、通称「うらやま」と呼ばれる山があります。時には学習林、時には部活動で体を鍛える場として、本校にとって大きな存在です。学習環境を自ら整えるとともに、地域の自然を大切にする気持ちを高め、郷土愛を育もうと、毎年春と秋に、保護者と児童が一緒に、環境整備作業を行っています。
 山頂までは「うさぎ」「たぬき」「かめ」の三つのコースに分かれており、学年分かれてそれぞれの担当場所の枯れ葉や枯れ木を片付け、通りやすいように整備していきます。整備をする中で、季節の木々や生き物にふれる機会にもなっています。
 整備を終えると、果樹園の手入れを行います。各学年が、毎年担当する果樹があり、草取りをして、肥料をまき、秋の収穫に向けての準備をします。1学期には、3年生がすももを収穫しました。4年生は梅を収穫して、梅干しやふりかけを作りました。これからの時期は、柿とみかんが収穫できるのを楽しみにしています。「うらやま」が与えてくれる自然の恵みを楽しみにしながら、作業を終えることができました。

【あま市立美和東小学校】 農業体験からつながる地域と学校

記事画像1
 本校では、1年生、2年生、3年生が植付けと収穫、4年生が収穫を行う「農業体験」を、毎年行っています。農業体験を通して、学区が農業に関わりの深い地域であることを、児童や保護者が理解するとともに、農業への理解を深め地域のつながりを育むことをねらいとしています。
 1年生は、サツマイモ。2年生は、ジャガイモ。3年生は、大根とカブ。5月と9月に植付けが終わりました。毎回、十数人の農業クラブ員の方々が、畑の状態を整え、児童が迷うことのないよう丁寧に指導をしてくださいます。また、多くの保護者の方々にも参加していただいています。
 農業クラブ員さんは、紙芝居やクイズ形式で、野菜の育ちや特徴を楽しく説明されました。その内容には、一緒に聞いていた保護者や職員も「なるほど〜!」という感嘆の声を上げました。
 児童にとっては、初めてのことばかりです。植え方や成長の様子に驚き、種の大きさや形に感動し、土を優しくかぶせるときには、「大きくなあれ、おいしくなあれ。」と歌います。
 農業クラブ員さんに感謝。保護者に感謝。自然の恵みに感謝。どんな顔をするのかな。どんな声を上げるのかな。数か月後の収穫。児童の喜びや驚きの反応が楽しみです。


【一宮市立北方小学校】 学級のスローガンづくり

記事画像1
 本校では年に2度、七夕と人権週間に合わせて学級のスローガンを作成する取組を行い、安全で快適な学級づくりを進めています。
 7月に行われた七夕集会では、どのような学級を自分たちの力でつくっていきたいのか、子供たちが事前に話し合って決めた学級のスローガンを、七夕の願い事として全校児童の前で発表しました。スローガンの中には、「なかよく」や「協力」「絆(きずな)」などの言葉が並び、学級全員で声をそろえて発表する子供たちの表情は、決意と期待に満ちていました。 
 このような活動を通して、子供たちは仲間の大切さを考え、お互いに思いやりの心をもって生活しています。全ての児童が安全で快適な学校生活を送れる北方小学校を目指して、これからも様々な取組を行っていきます。

【清須市立古城小学校】学校に「思いやりの花」「ありがとうの花」を咲かせよう

記事画像1
 本校ではJRC(青少年赤十字)の精神に基づき、子供たち自ら「気づき・考え・実行する」活動を行っています。中でもVS(ボランティアサービス)活動は、学年や学級を問わず誰でもすぐに取り組める活動です。しかし、VS活動を企画し、実行しても「こんな思いでやった」「ありがとうと言えなかった」といった声が上がりました。そこで、児童会役員を中心にみんなの思いを伝える方法を考え、「思いやりの花」と「ありがとうの花」を作り、全校児童に広めました。昇降口に掲示してある木には「鶴の折り方が分からず、困っていたので教えてあげました」「4年生のお兄さん、お姉さんが一緒に遊ぼうと声を掛けてくれました。うれしかったです」などのたくさんの思いやりとありがとうであふれています。
 この活動を通して、自分が行った活動をみんなに知ってもらったり、うまく伝えられなかった気持ちを相手に伝えたりすることができました。少しずつですが、子供たちに相手を思いやる温かい心が育ってきました。今後も相手を思いやり、感謝する気持ちを育む活動を続けていきたいと思います。

【日進市立香久山小学校】ゆめまつり

記事画像1 記事画像2
 毎年恒例で行っている児童会の行事です。「異学年の児童と交流することにより、思いやりの心を育てる」ことをねらいとし、3年生以上の学年が学級ごとに企画した催物(ゲームや体験など)に挑戦し、楽しみました。保護者・地域の方も来校され、それぞれの催物にも積極的に参加していただきました。どの学級も工夫を凝らした催物を企画し、児童が生き生きと活動していました。

【児童の感想】
・児童会として行った企画で、うれしそうなみんなの笑顔を見ることができてうれしかった。
・たくさんお客さんが来てくれて、楽しんでくれたので、満足できた。6年生なので最後の「ゆめまつり」だからさびしいけれど、楽しめたのでよかった。
・内容について、とてもたくさんの時間をかけてみんなで話し合った。やっとみんなが納得して決まった。みんなで協力して、作り上げたお店に低学年から大人の人まで来てくれた。お客さんのたくさんの笑顔を見ることができて、とても幸せだった。

【刈谷市立日高小学校】自他の命を大切にできる児童の育成<小学3年>

記事画像1
 本校では、小学3年生の児童に対して、複数の道徳の授業を関連づけて、よりよい集団を自ら作ろうとする児童を育てる教育実践を実施した。
 第1時は、教材「ぼくの妹に」を用いて、D−(18)「生命の尊さ」の授業を行った。兄弟を欲しがっていたひろき君が、病気がちの体で生まれてきた妹のみすずさんと生活する物語を通して、命の大切さについて考えた。その上で、「命を育てたり、いただいたり、命をもつものと関わったりするとき、大切なのはどんなことか。」と問うと、
 ・大切に育てる   ・人を大切にする   ・面倒を見る   ・やさしくする
 ・命に「ありがとう」と思いながら食べる   ・気持ちを考える
などの意見が出て、命の大切さについて深く考えることができたと感じた。
 続けて、教材「分けへだてをしない」を用いて、C−(12)「公正、公平、社会正義」の授業を行った。「みんながしているから、□□君を無視しよう」と言われる場面を児童たちに提示し、そのような場合はどうすればよいのかを、問題解決的に考えさせた。児童たちは自分事として考え、次のような解決法を考えることができた。
 ・「無視しない方がいいよ」と言う   ・「無視しなくていいじゃん」と言う
 ・「□□くんがかわいそうだからやめよう」と言う   ・「僕はしないよ」と言う
 その上で、「分けへだてをすると、どんな問題があるのか。」と児童に問うと、
 ・みんなに迷惑になる  ・けんかになる  ・された子がとても嫌な思いをする
 ・悲しい思いになる  ・いじめになる  ・トラブルになる
などの意見が出て、「みんなの命」の大切さについて深く考えることができたと感じた。
 心の教育活動を今後も継続して行い、自他の命を大切にできる児童を育てていきたい。

【東浦町立生路小学校】みんななかよし生路っ子!

記事画像1
 本校では、異学年交流の活動として1年生から6年生までの縦割り学年の集団である「なかよし団」活動を行っています。各学年を四つに分け、1年生から6年生で4色(赤、白、青、黄)の団を作っています。リーダーとして6年生が団長となり、4〜6年生には各学級にチーフリーダーを決め、なかよし団の活動計画を立てて活動しています。
 また、「なかよし団」を基本としたペア学年の活動も行っています。1学期は、ドッジボールや鬼ごっこ、水鉄砲遊びなど、それぞれのチーフリーダーが計画した交流活動を行いました。6月の読書週間では、高学年の子が低学年の子に絵本を読んであげたり、一緒に本を読んだりする「ペア読書」を行いました。さらに、ペア学年で給食を食べる「ペア給食」、高学年の子が低学年の子の学習を教えてあげる「ペア学習」、ペアの子たちと一緒に掃除をする「ペア掃除」など、様々な活動を通して仲良くなっていきます。
 さらに、運動会である「生路ンピック」も、この4色の「なかよし団」対抗で競い合っています。ふだんから交流のある「なかよし団」対抗ですので、ペア競争の種目はとても盛り上がり、応援にも熱が入ります。
 「なかよし団」の活動を通して、高学年の児童は低学年の世話をすることで年少者へ優しくする気持ちが芽生えます。低学年の児童は高学年のお兄さんお姉さんを手本として行動することができます。今後もなかよし団を中心として異学年交流を進め、思いやりの心を育てて生きたいと思います。

【豊田市立末野原中学校】心の減災教育「地震に備えよう~落ち着いて行動するために〜」

記事画像1
 1年生の学年集会で、スクールカウンセラーの先生から、地震によって起こる心の変化についての話を聞きました。地震が起きたあとに私たちの心が受ける影響について知り、ストレスを感じたときの解消法を学びました。グループワークを通して、様々な出来事に対し、物事をプラスに考えることでストレスが軽減できることを知りました。また、リラックスするための「10秒呼吸法」など、日々の生活でも使えそうなストレス解消法も教わりました。「地震が起きると、自分の体や心にも影響が出ることがよく分かりました。10秒呼吸法は、地震のときだけでなく、心が落ち着かないときにも、使っていきたいと思いました。」「自分の考え方によって、不安やストレスを軽減できることが分かりました。災害だけでなく、自分にとってマイナスのことが起こったときに、できるだけ前向きな考えをもっていようと思いました。」といった感想が寄せられ、自分の心を落ち着かせる方法を学ぶよい機会となりました。

【豊川市立八南小学校】 読書週間

記事画像1
 豊川市八南小学校では、6月20日(火)から7月3日(月)まで読書週間がありました。初日20日の3時間目には『いっぱい であおう わくわくどきどき』をめあてに読書集会がひらかれました。プログラムは(1)図書副委員長の言葉(2)おすすめの本の読み聞かせ(3)図書室の使い方を説明する劇(4)人気の本ランキング発表とクイズ(5)図書委員長の言葉でした。子供たちはクイズに楽しく答えたり、読み聞かせの本を真剣に聞いたりして、とても有意義な時間を過ごすことができました。
 この集会の後で、読書カードが配布され、読書週間がスタートしました。毎朝8時25分から40分までを「読書タイム」として、たくさん本を読むよう取り組みました。(1)「わたしのおすすめ本」を紹介しよう(2)毎日家庭で20分以上読書をしようをめあてに、それぞれの「読書記録カード」を使って、自分の読書の足跡がたどれるようにして取り組みました。
 「読書週間のふりかえり」で、低学年のある女の子は、「本がにがてだったし、字を読むのがゆっくりだったけど、だんだんうまくなって、読書がすきになりました。」と書いていました。また、ある男の子は、「テレビをけして本を読むことができました。これからもたくさん本を読んでいきたいです。」と書いていました。

【刈谷市立富士松北小学校】 地域・親子ふれあい活動

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 本校では、地域と関わり、親と子のふれあいを深めることをテーマに「地域・親子ふれあい活動」を行っています。活動内容は様々で、地域の方を講師としてお招きし、スポーツ、制作、ゲームなどの種目に親子で楽しんでいます。
 この活動はPTAの方が中心となって準備を行います。子供たちが参加する種目は希望により決定します。子供たちは、新しい種目に挑戦したり、一つの物を親子で作り上げたりする時間を楽しみにしています。
 子供たちから感想を聞くと、「初めて陶芸をしたけれど、楽しくできた。お父さんと一緒に参加できて、うれしかったよ。作品ができあがるのが楽しみ」と、ふだんは忙しくて、時間がとれないお父さんと過ごしたことに喜びを感じている子がいました。オリエンテーリングに参加した保護者の中には、「子供と一緒にハイウェイオアシス内を歩きながら、いくつも新しい発見をしました。またゆっくり子供と歩きたいです」と話していている方もいて、子供とともに地域のよさを見直す機会になったようでした。
 また、講師の先生に「楽しかったです。ありがとうございました」と個人的に挨拶する子も多くいて、「あいさつ運動」実践のよい機会にもなっています。
 このように、「地域・親子ふれあい活動」は、子供たちが地域の方や保護者とのきずなを深めたり、感謝の気持ちをもったりすることができる貴重な時間になっています。
心の教育推進活動