ねらい

人間関係作り

【岡崎市立岡崎小学校】縦割り班「なかよしグループ」での岡小なかよし活動

記事画像1 記事画像2
 本校では、全校児童を縦割り班にして、1グループ15人程度の「なかよしグループ」を作っています。行事や委員会集会で活動する機会を設け、他学年との交流を深めています。各グループの6年生は、下学年のことを考えて室内遊びを企画・準備・運営をしたり、行事や集会活動中に下学年の子を援助したりすることで、最高学年としての自覚も育てています。
 本年度は、5月に「なかよし結成集会」を行い、グループの仲間と初顔合わせをしました。なかよしグループで「なんでもバスケット」などの室内遊びをして触れ合った後、体育館で「ペットボトルボーリング」をしました。
 また、「学区合同なかよし運動会」では、学区の方の協力のもと、オリジナル曲「なかよし音頭」を踊りました。さらに、7月の「七夕集会」では、「二人三脚リレー」を行って楽しみました。この活動は、2学期以降も続けていきます。
 これらの活動の中で、上学年の児童と下学年の児童が手を取り合って活動したり、笑顔でお互いに協力したりする姿が見られました。教師も含め、学年間のつながりが深まっています。

【幸田町立豊坂小学校】その子のよさを生かして、生きる力を身につけたたくましい子を育成する

記事画像1
 豊坂小学校は道徳教育の目標の一つに「自己の生き方についての考えを深められるようにする」があります。自己の生き方について考えを深めるようにするには、道徳科の授業を中心として、中心人物の行動に自分を重ねたり、友達の考えを聞いて自分の行動をふり返ったりと、各担任が子供たちの実態に応じて指導をしています。
 また、自己の生き方についての考えを深めるために、「自己をふり返る」ことを大切にしています。道徳科の授業を終えた感想を「道徳ノート」や「ワークシート」、「道徳の教科書のふり返りページ」に蓄積し、自分で読み返しができるようにしたり、授業の様子や子供たちの感想を、学級通信で紹介したりしています。
 3年生では、4月当初から1か月に1回の更新で、「よろしくギフト」を掲示する取り組みをしています。「自分がみんなのためにがんばったこと」「今、こんなことをがんばっているから知ってほしい」ということを書いて、廊下に掲示します。これを行うことで、自分が1か月に取り組んだことを振り返り、友達のがんばっていることを知り、さらに自分は学級の中で、学校の中で、人としてどんなことをしたらいいか、どんなことができるかを考えることにもつながると考えています。
 自己の生き方について考えを深めた先に、自分の生き方に自信をもち、自分や友達のよさを認められる子が増えていくように、道徳科の授業を工夫し取り組んでいきたいと思います。

【稲沢市立六輪小学校】 楽しいな わくわく遊び

記事画像1
 本校では、学年や学級を超えた集団意識・連帯感を高め、温かい人間関係をつくることを目的に、う異学年集団で楽しみながら運動や遊びに取り組む「わくわく活動」を行っています。「わくわく班」は、高学年児童が中心となって全校で構成されており、全部で12のチームがつくられています。
 メンバーと仲よくするため、初回は授業時間を使って顔合わせ会を行います。1学期には、休み時間を使って同じチームの友達と遊ぶ「わくわくタイム」を2回行います。 初めて会うお兄さんお姉さんに緊張した顔の1年生児童も見られましたが、交流のゲームを行っていくうちに、だんだんと笑顔が見られるようになりました。活動後には、「楽しかった」「もっとやりたかった」という声も聞かれました。また、リーダーの6年生の中には、初めは声の掛け方が分からず、戸惑っている児童もいましたが、活動を重ねるごとに、言われなくても進んで声掛けを行う姿や堂々と司会進行する姿が見られるようになりました。また、活動を重ねるごとに集団意識が高まっていき、高学年児童が、低・中学年児童を気遣ったり、低学年児童が、高学年児童に甘えたりする様子が見られるようになりました。
 2学期以降には、「わくわくタイム」の他に、「わくわく長縄跳び大会」等が予定されており、児童も活動がある日を楽しみにしています。

【豊田市立美山小学校】 なかよし活動を通して

記事画像1 記事画像2
 本校では、豊かな人間関係を育み、仲間としての所属感や連帯感をもつために、異年齢交流活動(なかよし活動)を年5回実施しています。6年生は下級生を楽しませるために遊びを計画し、運営、振り返りをします。振り返りでは、6年生が下級生からお礼の手紙をもらったり、担当の先生からコメントをもらったりすることで、一人一人の頑張りが認められ、自己有用感を獲得していきます。1〜5年生も各学年に合った目標をもって活動に参加することで、他学年との交流を深めていきます。
 6月29日の「なかよし集会」では、運動場、体育館、教室等に別れて、6年生が考えた遊びを各グループで楽しく遊びました。子供たちは、6年生が考えた遊びを通して、他学年と交流し、交友を深めました。
 7月4日には、「お礼の会」として、1〜5年生が、遊びを計画してくれた6年生に手紙を渡しました。グループの子全員からメッセージをもらいながら手紙を受け取った6年生は、喜びを感じ、次回も楽しい遊びを考えようという意欲をもつことができました。

【稲沢市立牧川小学校】 心を育む取組

記事画像1 記事画像2
 本校では、道徳教育の一環として「縦割り活動」と「ありがとう・がんばったねカード」という「心を育む取組」を全校で行っています。その活動の様子を紹介します。

(1) 縦割り活動
 本校では、異学年に対する思いやりや、感謝の心を育てることをねらいとして、「縦割り班遊び」「縦割り班給食」「縦割り班長縄跳び」などの縦割り活動を行っています。活動の後には、児童に振り返りをさせ、感想を書かせています。6月に行った「縦割り班遊び」の児童の感想を紹介します。
・色おにをやりました。おには6年生がやってくれました。みんなで遊んで楽しかったです。(3年男児)
・今回の縦割り班遊びでよかったことは、みんなと楽しく遊べたことです。私は5年生として自覚をもって6年生をサポートできるようにがんばりたいです。(5年女児)
・今回もみんな仲よく遊べたと思います。1年生の子も笑顔で遊んでいたので、とてもうれしかったです。次回もみんなが仲よく遊ぶことができるような遊びを考えたいです。(6年男児)
 初めは、自分が楽しむことに夢中になっていた高学年でしたが、次第に低学年が楽しめるようにルールを考えたり譲ったりしている姿が多くみられるようになりました。5月当初は、遊びの内容に不満を示す低学年の児童もいましたが、高学年が頑張ってくれていることが段々分かるようになり、高学年の指示を守って楽しく活動できるようになってきました。今後も、異学年に対する思いやりや、感謝の心を育てていきたいと考えています。

(2) 「ありがとう・がんばったねカード」
 各学級では、学活の時間や帰りの会などに「ありがとう・がんばったねカード」を使って、友達の行いに感謝したり、がんばりを認め合ったりする相互承認活動を継続しています。使用したカードは、個々の似顔絵のついた台紙に貼り、各学級の背面黒板横に常設掲示しています。また、給食時の校内放送では「先週のがんばりさん紹介」として、称賛の言葉が全校に紹介されます。友達のよいところに気付き、お互いを認め合う関係を全校で築いています。

【碧南市立棚尾小学校】 1、6年のペア活動

記事画像1 記事画像2
 本校では、1年生と6年生がペアになり、一年を通して様々な活動を一緒に行う、異学年交流を行っています。4月の学校探検からはじまり、サツマイモ植え、ペア遠足など、楽しい行事が盛りだくさんです。また、日常では、長い休み時間に6年生が遊び来てくれたり、掃除を手伝ってくれたりします。1年生は、一緒に遊んでくれて、優しく教えてくれる6年生が大好きです。6年生が来ると、みんなにこにこ笑顔で、すぐさま駆け寄っていきます。6年生も、自分の教室で見せる顔から、お兄さんお姉さんの顔になります。そこには、あたたかいつながりを感じます。
 6年生と一緒に植えたサツマイモに水をあげるため、1年生だけで学校から歩いて畑に行く途中、道路と道路が交差する小さな路地で、しっかり立ち止まって手を挙げ左右を確認する児童を見つけました。立派だねと褒めると、「ペアのお姉さんが教えてくれたんだよ。自分の命は自分で守るが合い言葉だって」と自慢げな様子で答えました。「自分の命は自分で守る」は、本校の交通安全の合い言葉です。一緒に手をつないで歩く中、しっかり先輩から後輩へ受け継がれたようです。
 また、ペア活動が上手にできるか心配していた児童にも、優しいお姉さんとしての姿を見せてくれました。1年生のたどたどしいお話を最後までしっかり聞き、1年生がどうしたら喜ぶかなと、相手のことを考えて動くことができています。「相手の話を聞き、相手のことを考える」同じ年や年齢の近い相手に対しては、ふだんなかなかできていないことも、年の離れた1年生にはできる、教師もその子のよさを見つけ褒めることができる、そんな異学年交流のよさを感じました。
 まだまだ、ペア活動は2学期、3学期と続いていきます。どんな楽しいことが待っているのか、1年生も6年生も心待ちにしています。

【豊橋市立八町小学校」 四つの心の花をさかせよう

記事画像1
 本校では、1年生から6年生までの児童で、たてわり班活動を行っています。毎週木曜日の昼の休み時間に行うたてわり班活動と、年間で行う五つの集会があります。
 たてわり班の仲間との顔合わせである「たねまき集会」
 たてわり班で出かける遠足「若葉の集会」
 たてわり班を赤青黄緑の4色に分け、4色対抗で行う運動会「青空フェスティバル」
 たてわり班で遊びを考え、校区の老人会のお年寄りとの交流を楽しむ「ふれあい集会」
 たてわり班の6年生に感謝の気持ちを伝える「あすなろ集会」
 どの集会でも、子供たちは自分たちの心に「4つの心の花」が咲くように、意識して活動しようとしています。
 「四つの心の花」については、4月の「たねまき集会」の際に全校に周知されます。
 あいさつや返事がきちんとできる「あいさつの花」
 だれとでも仲よくできる「思いやりの花」
 楽しく、精いっぱい活動する「感動の花」
 よいと思うことはすすんで行動する「勤労の花」
 月ごとに「四つの心の花」について、たてわり班での集会や活動の様子、自分自身の行動をふり返っています。
「若葉の集会で、6年生が考えてくれたゲームがすごく楽しかったです」
「青空フェスティバルでは、チームで協力して優勝できてうれしかったです」
「先生や友達に大きな声であいさつができてよかったです」
 子供たちの心が、四つの花で満開になるように、今後もたてわり班活動を支援していきたいと思います。

【一宮市立開明小学校】たてわり活動 〜きずなを深めよう運動〜

記事画像1
 本校では、児童を全12班の異年齢集団に分け、「たてわり活動」を実施しています。児童による自発的・自治的な活動を通して、集団生活をする上で必要な資質・能力や態度、協力しようとする気持ちや互いを尊重する心を育てることを目的としています。年間を通して、たてわり班ごとに集まって遊んだり、班ごとに出店を運営する「たてわり祭り」へ参加したりするなど、様々な活動をしています。今回は「きずなを深めよう運動」について紹介します。
 今年度は、「クイズスタンプラリー」を行いました。校舎内にあるチェックポイントでクイズに答えてスタンプを集め、集めたスタンプからキーワードを考えるという内容でした。各チェックポイントには、学校に関するクイズが用意されていて、高学年児童が低学年児童に答え方を教えたり、難しい問題は皆で答えを考えたりしながら、助け合って活動していました。
 活動後、児童からは「高学年の人が、やさしく教えてくれて、よかった」「分からないことがあっても、みんなで協力することができて、気持ちよく活動できた」などの感想が寄せられました。
 今後も、児童の心を育てる活動を続けていきたいと思います。

【豊橋市立大清水小学校】楽しみだね ふれあい団活動 〜望ましい人間関係をめざして〜

記事画像1
 本校では、全学年を縦割りにし、木曜日の昼休みの時間を使って異学年交流(ふれあい団活動)を行っています。
 5月24日は、本年度最初の「ふれあい団活動」の日。6年生のリーダーが、低学年でも楽しめるような内容を考え、1〜6年生の子たちが鬼ごっこやドッジボールなどで楽しく遊ぶことができました。高学年の子たちは、低学年の子が困っていると優しく声をかけたり、カラー石灰を使って線を見やすく工夫したりして、周りに気を配りながら活動していました。
 本年度からは、年2回の「530運動」も「ふれあい団活動」で行うことになり、5月28日に1回目が行われました。リーダーが中心になって、草取りやごみ拾いを行い、低学年のよいお手本となって活動することができました。なかなか抜けない草を力強く抜く高学年の姿を見て、1年生は「すごーい!」「さすが6年生!」と声を出しながらがんばっていました。また、高学年の子たちが低学年の子たちを気遣いながらごみを集め、力を合わせて活動している姿を見て、ほほえましく思いました。
 1〜6年生が一緒に活動する「ふれあい団活動」を通して、関わり合う喜びを感じながら、社会性を身につけられるよう、今後も、月に1回の「ふれあい団活動」を行っていく予定です。

【豊川市立一宮南部小学校】元気にしよう ぼく・わたしの心

記事画像1
 昨年度の学校保健委員会では、「元気にしよう ぼく・わたしの心 〜見方を変えて、気分をコントロールしよう〜」と題し、4〜6年生の児童が、講師の方と一緒に心の健康について考えた。人間関係の中で、相手の言動に腹を立てたとき、その場を離れたり、深呼吸したり、見方を変えたりすることが大切である。
 また、仲直りにはいろいろな方法がある。そして、よい心は規則正しい生活が元になっている。このようなことをグループ討議やワークシート学習で進めた。
 「友達のよいところ探しは言うほうも言われるほうも気持ちがいいのでどんどんしていきたい」(5年女子)のように、「よいところ探し」を楽しんだり、「うまくいかないとき、自分のことがいやになってしまうが、見方を変えると自分にもよいところがあると考えられるようになった」(6年男子)のように自分を見直す機会になったりした。
心の教育推進活動