市町村教委の取組

【武豊町教育委員会】「いのちの教育」−武豊町役場健康課と連携した道徳教育の推進−

 武豊町では、学校教育の重点目標として、「いのちの教育の推進」を掲げ、自他のいのちを大切にする心を育て、共に学び合い、高め合える学校を目指して各校の教育活動を行っています。
 昨年度から、文部科学省の「児童生徒の自殺予防に係る取組(通知)」を受けて、教育委員会と役場の健康課が連携し、「SOSの出し方教育」を始めました。文部科学省から示された手引きにしたがい、教育委員会が全体の実施計画を立て、健康課の保健師と小中学校の保健部会が中心となって指導案を作成しました。また、担任や生徒指導担当、スクールカウンセラーとも事前に合意形成を図りながら進めています。昨年度は、町内小学校1校のみの実践でしたが、今年度は町内全ての小学校と中学校1校で実施する予定です。
 授業は、担任と保健師または養護教諭がティームティーチングで行い、「自分の心の状態を知ること」「心にはさまざまな状態があること」「つらいときや苦しいときには信頼できる大人に相談をすること」などを指導しています。児童生徒の心の状態についての指導となるため、児童生徒への事前アンケートや授業中、授業後の心の状態に配慮しながら進めています。
 武豊町では、今後も、「いのちの教育」を中心とした教育活動を継続して行い、各校の道徳教育の推進に向けた取組を行っていきます。

【みよし市教育委員会】 子供の心を育てる教育の推進

 令和元年度は、11月20日(水)に市内小中学校の道徳教育推進教師12名が集まり、授業研修会を行いました。中3教材「足袋の季節」の授業では、「弱さを乗り越える」ことをテーマに授業が展開されました。展開後半に「自分の弱さとどう向き合うか」ということに焦点が絞られたとき、一人の男子生徒が次のように語りました。「一生抱えていくということ。自分がやってしまったことを取り返すことはできない。でも、自分の弱さから気付くことはある。自分の弱みは自分を高める糸口にもなる。でも、糸口を引っ張るだけでなく、校長先生が全校集会で教えてくれた『恩送り』のように自分がまだ他に生きている人のためにできることはある。自分がこんな経験をしたからこそ、他の人にすることでおばあさんも喜ぶ。幸せを人に広げて。結局、自分の弱さを知ることにより、相手の幸せを築くこともできるということだと思う」
「学び合い、学びを深める授業の在り方」をテーマにした研究協議会では、「生徒には力がある。その力を引き出す発問、働きかけを見つけていきたい」「校長先生の言葉と結び付けて考えるように、教材から離れ、日常の生活と関連付けて考えることは各教科での『学びを深める』と同じことであり、各教科の授業実践を道徳科の授業にも生かしたい」といった意見が出るなど、有意義な研修会にすることができました。

【あま市教育委員会】令和元年度あま市教職員研修「特別の教科 道徳」

 あま市では、あま市教職員研修において大学教授等を講師に招いた「Ama Teachers College」を開催しています。各種講座を設定し、教職員が個々で受講したいと思う講座を選択し、力量向上につなげています。
 昨年度は、8月に「特別の教科 道徳」に関する講座を2つ開講しました。そのうちの8月26日には、管内中学校教務主任を講師に招き「子供を高める道徳の授業づくり」として、教職員45人が子供たちの考えを深め広げるための方法を学びました。講座の前半では、「学びを楽しくする」をテーマに、「特別の教科 道徳」の新学習指導要領で目指すべき「主体的・対話的で深い学び」を具体的な授業実践例を聞きながら、体験的に学ぶことができました。また、後半では、具体的な教材をもとにして、ワールドカフェ方式で、意見を交換しながら授業案を考えました。誰もが目指したい「楽しい」授業を作るコツを具体的に学ぶことができました。
 事後アンケートでは、「楽しい授業、楽しい学びのためには何が必要なのかを考えることができ、とても有意義な時間となりました。道徳や他の授業づくりにも生かしていきたいです」など、今後の意欲向上につながった内容が多くありました。これからもあま市では、先生方にとって励みとなる研修機会を設けていきたいと考えています。

【長久手市教育委員会】令和元年度長久手市現職教育

 今年度から、中学校で道徳が教科化されました。今までの道徳指導とどのように違うのか、どのような視点が必要なのかなどをポイントとして、各学校と長久手市教育委員会で研修を進めてきました。
 長久手市現職教育研修事業の一つとして、市内中学校の2年目・3年目の教員を対象に、授業研究会を行いました。
 今年度は、長久手中学校2年生で、「3年生を送る会」を資料として「先輩への敬愛」という主題で、道徳科の授業を行い、研究協議会ではグループ協議で更に研さんを深めました。
 グループ協議では、価値観の押しつけにならない授業展開、生徒の実態を十分理解した発問などが話し合われました。日頃、気づかない先輩の存在や感謝の気持ちを、どのように自分たちで気づくようにしていくかがポイントだと確認することができました。
 今後も、研修を深めていかなければならない分野ですが、道徳科の授業が児童生徒にとって、有意義な内容になるよう努めていきたいと思います。

【南知多町教育委員会】南知多町の取組

 南知多町では、令和2年2月7日に、南知多町総合体育館において、町内の小中学校の全教員の参加による、南知多町教育研究発表会を開催しました。本年度、日間賀小学校が、「東海北陸地区へき地・複式・小規模学校教育研究発表会 愛知大会」で、中学校や地域と連携した取組について発表しました。その中の郷土愛を育む実践として、島内の清掃活動や「日間賀サミット」の活動を紹介しました。道徳科の授業と関連した、社会とのつながり、伝統や文化を大切にする取組等、大変参考になりました。
 2月18日には、教務主任研修会を行いました。2月4日に開催された「愛知県道徳教育パワーアップ研修会」に参加した先生より、研修についての伝達がありました。授業改善のポイント、ねらいの明確化、中心発問と補助発問の捉え方等、たくさんの情報交換をして、道徳的な価値を高められる授業の在り方について、協議することができました。

【西尾市教育委員会】子供たちの豊かな心の育成に向けて

 西尾市では、「豊かなかかわりの中で自己を見つめ、よりよく生きる子供を育てる道徳教育 −定番教材における多様な指導方法の研究3−」を研究テーマとして活動しました。
 8月に行われた夏季研修会では、学年ブロック(小学低・小学中・小学高・中学)に分かれて、定番教材をもとに、「考え、議論する道徳」の実現に向けた指導方法の工夫について話し合いました。西尾市教科指導員や外部講師による助言、指導を受け、道徳科における多様な指導方法や研修の在り方、授業における子供の捉え方について大きな学びを得ることができました。
 10月に行われた一斉授業研究会では、小学校の定番教材「くりのみ」を取り上げた提案授業をもとに、道徳的価値を高められる授業のあり方について協議しました。
 さらに、先生方の「評価の記述の仕方について学びたい」という声を受け、西尾市教科指導員が市内の学校を訪問し、研修や指導を行いました。
 今後も、西尾市では、子供たちの豊かな心の育成に向けて、よりよい道徳科の授業実践に向けて学ぶ機会を設けていきたいと考えています。

【瀬戸市教育委員会】現職教育における授業力向上

記事画像1
 瀬戸市教育委員会では、「特別の教科 道徳」の授業力向上を目指し、瀬戸市教育委員会の指導主事による模範授業を行いました。指導主事が市内の学校に出向き、4年生の子供たちを対象に授業を行いました。題材は「泣いた赤おに」、内容項目は「友情、信頼」です。そこで、「赤おにと青おには、本当に友達なのか」について話し合いました。「赤おにも青おにも、お互いを思い合っているから友達だと思う」「青おには、赤おにを悲しませているから本当の友達とは言えない」など様々な意見が出されました。
 最後に、出された意見をもとに「友達として大切なこと」を考えました。授業には、その学校の教員や近隣の学校の教員も参観をし、授業後には、授業のねらいや道徳科の授業の進め方等について話合いがされました。
 瀬戸市教育委員会では、各校の道徳教育推進教師を中心として道徳教育を充実させるとともに、各種研修を通して授業力の向上に努めていきます。

【犬山市教育委員会】道徳教育充実に向けた講師派遣事業

記事画像1 記事画像2
 犬山市では、14の小中学校で地域と関わりの深い講師を招いて道徳教育の充実に向けた取組を行っています。2019年度は、「人権教室」「人権講演会」「平和学習」「からくり体験」の四つの事業を行いました。
 「人権教室」は、市の人権擁委員が講師となり、みんなが仲よく暮らしていくために必要なことなどを話していただいたり、人権カルタをしたりと楽しみながら人権について理解を深めることができました。
 「人権講演会」は、もみじ寺で有名な犬山寂光院の松平實胤山主を講師としてお招きしました。「大切な命 大切な心」という演題で、子供たちの心に響く講演を行っていただきました。
 「平和学習」は、犬山市内在住の時々輪齊子さんによる戦争体験の講演会です。戦時中や戦後の貧しい生活の大変さ、戦争の悲惨さなどを聞き、生きていることへの感謝、毎日を一生懸命生きることの大切さについて深く考えさせられる機会となりました。
 「からくり体験」は、からくり人形師の九代玉屋庄兵衛さんと犬山祭保存会の方を講師に招き、からくり人形を操る体験もしました。歴史と伝統、そして技術の高さを感じ、郷土への愛着を深めることができました。
 地元の生きた教材は、子供たちにとって貴重な学びとなっています。本物に触れ、五感で感じることが豊かな心を育むことにつながります。今後も、犬山市の子供たちの健やかな成長を願いながら、これらの取組を継続していきたいと思います。

【尾張旭市教育委員会】課題別研修の開催

 尾張旭市では、昨年度より教務主任会で道徳科に関する研究に取り組んでおり、道徳科の手引書となる「特別の教科 道徳のいろは」を作成しました。「特別の教科 道徳のいろは」は、基礎編・授業編・評価編・指導案編の4部構成となっており、道徳科の目標や基本の指導過程及び多様な指導方法を示したり、評価方法や指導案の書き方を紹介したりしています。
 また、尾張旭市では、毎年、夏季休業中に教育の今日的な課題に対応するため、「課題別研修」を開催しています。今年度については、道徳科をテーマに掲げ、「特別の教科 道徳のいろは」のさらなる活用を図るとともに、授業力を向上に向けて、「『特別の教科 道徳のいろは』を使った授業をつくろう!」という演題のもと、基礎編と実践編の2講座を開催しました。
 今後も、「特別の教科 道徳のいろは」を活用しながら、子供たちの健やかな成長につながるよう道徳教育を推進していきます。

【知立市教育委員会】道徳教育の充実に向けて

〈知立市の取組〉
 昨年度、市内十校の教務主任を中心とした「学力向上研究推進委員会」では、道徳を取り上げました。「考える道徳の授業を行うための授業展開」「評価の具体的な方法」について研究し、市内全小中学校での道徳科授業の充実を推進してきました。また、道徳の指導員が各校に対し研修や指導を行ったり、外部講師を招いて教員研修会を行ったりしました。教師が学ぶことで、道徳についての見地を深め、授業実践に生かしています。
〈研究授業では〉
 授業力向上プロジェクトが提案する手だてをもとに授業実践
1「友情」への思いを高める教室環境
 教師の朱書きの入った感想や、子供たち同士がコメントし合った感想を教室に掲示しました。教師と子供、子供と子供の関係を授業の中で築いていく布石が見られ、「友情」への思いを高める教室環境が、子供たちの活発な話合いに結びつきました。
2「たずね歩き」の実践
 自分の考えを伝えたり、友達の考えを尋ねたりする活動を実践しました。自由に歩き、様々な考えに触れ合う場になりました。多くの友達に自分の考えを伝えるため、発言に対しての自信をもたせることにもつながりました。また、多様な意見に触れて、自分の考えを見直す子供の姿も生まれました。
3「サインボード」の活用
 話合いやたずね歩きの際に、自分の立場が視覚的に分かるように、サインボードを活用しました。たずね歩きの際には、胸についたサインボードの色(赤・青・黄色)を見て、立場の違う友達と効率よく交流をする姿が見られました。机に立たせるサインボードから、胸につけられるように、組立てを工夫してあります。
〈教師の授業力を高めるために〉
1書籍の貸し出し
 これまで実践した教科や学級経営に関する書籍の貸し出し
2指導案の掲載
 今までの実践の指導案をデータとして書庫内にアップ
3実践授業のDVD
 各学校に配布し、今後の実践で活用する