中学生

【春日井市立松原中学校】スマホ・ケータイ安心安全講座

記事画像1
 6月5日(月)に、携帯電話会社からインストラクターをお招きし、「スマホ・ケータイ安心安全講座」を行いました。
 最近の子供たちは、スマホやパソコンをいろいろな用途で使いこなすようになっています。掲示板形式のサイトや無料通信アプリをはじめとするSNSやブログ、無料で利用できるアプリケーションの利用も活発です。特に、SNSのサイトには気軽に投稿ができ、不特定多数の人とコミュニケーションがとれるため、便利なツールとして利用が急増しています。反面、悪意をもった見えざる相手と容易につながり、犯罪にまきこまれる危険性があり、すれ違いによる誤解から、いじめに発展するような友人関係のトラブルも発生しています。
 そこで、今回はSNSサイトへの安易な投稿により、事件に巻き込まれたり、友人関係のトラブルが発生したりする危険性について、ドラマ化した映像を交えて丁寧に説明していただきました。
 子供たちから、「正しい使い方をしないと、知らない間に被害者だけでなく、加害者になりうること知って怖いと思った」「ささいなことでも情報が積み重なると、個人を特定される危険性のあることがわかった」などの声が聞こえました。
 インターネットを通してのコミュニケーションが一層進む中で、マナーを守って安全に通信機器が利用できるように、今後も継続して講座を開催していきたいと考えています。

【岡崎市立福岡中学校】 情報モラル講話

記事画像1
 最近の中学生は、SNSを利用する生徒が増えているようです。本校でも、利用している生徒が多くいると聞いています。そこで、岡崎市視聴覚ライブラリーより講師をお迎えして、SNSの危険性を中心とした講話をしていただく機会をもちました。
 SNSは、便利で楽しいものである反面、大きな危険をはらむものでもあることを分かりやすく教えてくださいました。友達とだけのコミュニケーションのつもりでした会話が、いつの間にか拡散してしまい、回収不可能になってしまった事例や気軽に画像や動画をあげたところ、それを無断で転用され、悪意のあるタイトルをつけられて広められてしまった事例等、様々な事例を交えてお話をしてくださいました。また、写真や動画に映り込んだ物から住所が特定されてしまった事例もありました。
 SNS上の個人情報は、不特定多数の人に様々な目的で見られていることに気づくことができました。身近なコミュニケーションツールであるスマートフォンが使い方によっては、様々な危険性をはらんだものであることを心得なければならないと考えるよい機会となりました。

【東浦町立西部中学校】スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1 記事画像2
 6月末に、全校生徒対象のスマホ・ケータイ安全教室を開催しました。今年度は、携帯電話会社の方に来ていただき、スマートフォンや携帯電話を使用する上でのトラブル等について教えていただきました。
 具体的に、次の四つの例を挙げて、生徒にわかりやすく説明していただきました。
 1 個人情報の流出トラブルについて
 2 SNSの情報共有にまつわるトラブルについて
 3 なりすましの相談相手のトラブルについて
 4 ネットゲーム依存による成績の低下について

 中学生が主人公の再現ドラマを見ながらのお話でしたので、生徒は、真剣な表情で聞いていました。
 スマートフォンや携帯電話の普及率がどんどん上がっていく中で、便利な反面、その奥に潜む危険について学ぶことができました。
 これからも、生徒がトラブルの加害者にも被害者にもならないように、保護者・地域と連携して、情報モラル教育を進めていきたいと思います。

【豊田市立藤岡中学校】情報機器の適切な使い方を考える

記事画像1 記事画像2
 本校では、6月、全学年で情報機器の適切な使い方を考える道徳の授業を行いました。
 1年生は、資料「ネット将棋(出典「私たちの道徳」文部科学省)」をもとに、インターネットの匿名性について知り、直接、人と接するときよりも大胆になったり、礼儀を忘れてしまったりしがちであることに、話合いを通して気づかせることができました。
 2年生は、資料「『ケータイ依存』症候群(出典「キラリ道徳」正進社)を通して、思春期のこの時期にふさわしいコミュニケーションの在り方を話し合いました。導入で「ケータイ依存度チェック」を行い、現在の自分の依存度を確認したあと、依存症にならないためにはどうしたらよいかを話し合いました。「使用時間を決めている」「アラーム設定で気付けるようにしている」「一人の部屋では使用しない約束をした」など、今行っている工夫を出し合い、自分事として考えることができました。
 3年生は、無料通信アプリのグループトークを題材にした「NHKココロ部」の映像を取り上げました。相手が見えないというコミュニケーションツールの特性を確認し、その上で、人とのつながり方に必要なことを話し合いました。映像には生徒にとって身近な場面が多く、話合いが深まりました。
 携帯電話やインターネットが当たり前になっている現在、今後も道徳の授業を通して、上手に活用していこうという気持ちを高めていきたいと考えています。

【一宮市立西成東部中学校】情報モラル講演会「スマホ・ケータイ安全教室」

記事画像1 記事画像2
 本校では、6月29日(金)、携帯電話会社から講師の方をお招きし、生徒を対象に「情報モラル講演会」を行いました。保護者の方々にも参加いただきました。

1 写真を安易に公開すると、背景などから個人や住所が特定されてしまうことがあるので気をつける。
2 インターネット上に公開されていることは、本当のこととは限らないので、安易に会いに行ったりしない。
3 無料通信アプリなどにおいて、文字だけのやりとりでは誤解をまねくことがある。だから、相手の都合を考えることが大切である。
4 使い過ぎで、夜更かしや高額請求にならないように気をつける。

 以上のことを、新聞記事やドラマなどの資料をもとに、具体的に教えていただきました。
 スマートフォンや携帯電話の使い方について考える、よい機会となりました。

【蒲郡市立大塚中学校】 スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1 記事画像2
 蒲郡市立大塚中学校では、6月8日(金)に全校生徒を対象に「スマホ・ケータイ安全教室」を開催しました。講師の先生をお迎えし、「インターネットを安全に利用するために」という演題で、生徒参加型の講演をしていただきました。
 講演の中では、実際に起こった「ワンクリック詐欺」「無料通信アプリがきっかけとなった仲間外れ」「自撮りした裸の写真を送信してしまった」などの七つの事例が紹介されました。自分が事例のようなことに巻き込まれる可能性があるかないかをワークシートに記入したり、グループで話し合ったり、全体の場で意見を出し合ったりしました。講演の中で、このような生徒自身が参加する活動を入れたことで、積極的にインターネットに潜む危険について考えたり、今の自分のインターネットの使い方を見直したりすることができました。
 生徒の感想では、「インターネットは、くもの巣のようにすべてがつながっている。一度インターネット上に掲載した画像や悪口は、回収することができない。悪ふざけで投稿したではすまされない」「上手に使えば便利な道具だけど、詐欺などの危険性も潜んでいる。困ったときは、親に相談したい」「無料通信アプリをやりすぎている。授業中、眠たくなることがある。『おやすみ』の言葉を送信して、終わらせるタイミングをつかむとよいと思った」「スマホをはなせなくなっている。時間を決めてやらないと、体調を崩してしまうことがわかったから、今後直したい」「友達が送ってきた無料通信アプリの言葉がきついと感じた時は、面と向かって理由を聞きたい。自分が意味を取り違えているかもしれないし、相手が間違って送ってしまったものかもしれない。みんなで仲間外れにするのはやめたい」などがありました。
 「インターネットとは、『よりよい社会を求めて、ボランティア精神で開発してきた』『犯罪の道具ではない』『相手や自分を傷つけるものでもない』『インターネット技術を使って人の役に立つ仕事ができる人になってほしい』」と、講師の先生が最後を締めくくった言葉を、生徒たちが心に染み込ませながら聞き入っていることを感じました。インターネットを正しく使いこなせるきっかけづくりとなりました。

【豊田市立井郷中学校】情報モラル教育実践 −情報社会に生きる生徒たちのための授業−

記事画像1
 本校の第1学年では、中学校で大きく成長する姿を考えさせ、その姿に近づいていけるように道徳教育を行っています。その一つが情報モラルに関する授業です。時期の設定や道徳の授業との関わりをもたせ、定期的に、情報モラルへの理解と自分自身の在り方について向き合わせて活動を行っています。

○4月下旬:道徳の授業1「コジマくん」(NHK提供の道徳資料)
 お笑い芸人が、SNSのグループトークの間違った使い方について考えさせる資料を用いて授業を行いました。グループトークから、仲間外れにされた友達をかばった友達が、次々に仲間外れに会うという内容から、SNSを使うときのモラルと自分自身の在り方や行動について考えることができました。

○6月下旬:道徳の授業2「スマホ宣言」(豊田市教育委員会によるスマホに関する資料)
 豊田市教育委員会が配布している小中学生を対象にしたスマホ宣言を用いて、自分自身の在り方や、今後の情報機器の使い方について考えさせるとともに、スマホやSNSなどのトラブルに他の生徒を巻き込んでしまったり、逆に巻き込まれてしまったりしないようにするために行いました。

 今後も、学校、地域、家族が連携をとり、情報モラルの理解が深まり、自分自身の行動を考えていける生徒を育てていきたいと思います。


【豊川市立一宮中学校】スマホ・ケータイ安全教室を実施しました

記事画像1
 6月29日(金)、全校生徒とその保護者を対象に、「スマホ・ケータイ安全教室」を実施しました。一般財団法人マルチメディア振興センターの方を講師としてお招きしました。
 スマホやケータイを使用する上でのマナーやルール、また危険性や上手な活用方法についてわかりやすく説明していただきました。
 さらに、インターネットやSNSにおける実際の事例をもとにお話しいただいたことで、生徒たちは自分たちの身近でも起きることだということを改めて感じ、フィルタリングなどの予防の仕方についても興味深く聞くことができました。

【新城市立八名中学校】スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 近年、子供たちを取り巻くネット社会は大きく変化しており、いつでも誰でも不特定多数の人と関わりをもつことができるようになってきています。本校でも、大多数の生徒が、携帯電話やスマートフォンなどの情報端末を持っています。正しい知識のもとで利用すれば、大変便利なものではありますが、使い方を一つ間違えれば、大きなトラブルになります。しかし、どんなことがトラブルの引き金になるのかがわかっていない生徒が多いのです。
 そこで、平成30年2月に専門知識をもった方を講師に招き、全校生徒を対象に「スマホ・ケータイ安全教室」を開きました。今回は、SNSに書き込んだ文字の危険性やネット上に情報を公開するときの注意点などを、アニメーションやスライドを使って具体的に教わりました。また、安易なネット投稿により多くの人を混乱させ、警察まで動いたという実際の事例も紹介していただきました。
 会終了後のアンケートには、「同じ言葉でも、自分が思っていることと友達が思っていることは違うことがあるので気をつけたいです」「自分や友達の個人情報は、絶対にネットに公開してはいけないと改めて感じました」「使い方を間違えると大変なことになるので、今回教えていただいたことを忘れずに、正しくスマホを使いたいと思いました」などの感想がありました。
 今後も、自分のため、そして他者のためにも情報モラルを深く考える学習を、様々な機会に行っていきたいと思います。

【愛西市立永和中学校】情報モラル講演会

記事画像1 記事画像2
 永和中学校では、情報化社会の中で、生徒自らが判断して行動できる力と態度を育成することをねらいとして、5月24日(木)に「情報モラル講演会」を行いました。
 講演会では、外部講師に依頼をして、スマートフォン・携帯電話の安全な使用の仕方についての説明を行っていただきました。若者の間で流行しているアプリ等を題材として、個人情報を安易にインターネット上にあげることの危険性を、映像やスライドを見ながら、具体的に学ぶことができました。ふだん使用しているアプリについての質問に対して、生徒たちは積極的に答えることができていました。何げなく使っているアプリではありますが、使い方を間違えると取り返しがつかないことになることを実感している様子でした。
 永和中学校区は、地域の方々がとても協力的で落ち着いた地域です。今回の講演会で教えていただいたことを、今後の指導に生かし、家庭や地域ともしっかり協力し合いながら、生徒の健全な育成へとつないでいきたいと思っています。
情報モラル教育実践