中学生

【弥富市立弥富中学校】スマホ教室〜生徒編&保護者編〜

記事画像1
 外部より講師さんをお迎えし、1年生、保護者を対象にスマホ教室を実施しました。
 ふだん、なにげなくアップしている画像や動画から大きな問題に発展してしまうことがあること。そこから位置情報など様々な個人情報が流れ、ストーカーなどの被害の原因にもなり得ること。一度流出した画像は消せないことなど、スマホやSNSの便利さの裏側に潜む危険性について分かりやすく学びました。
 本校の1年生のスマホ所有率は90%以上で、想像よりも多くの生徒が所有していることがわかりました。様々な危険を知った上で、便利なツールを上手に使えるようになってほしいと思います。
 また、午後からは、PTAの研修として「保護者のための体験!体感!スマホ教室」を実施し、「無料通話アプリでいじめ」「コミュニティサイトで悪ふざけ炎上」「ゲームアプリで高額課金」「コミュニティサイトで性犯罪被害」など、子供たちが陥りやすいトラブルを、実際にスマホを使って体験しながら保護者としてできる予防策を教えていただきました。
 子供にスマホを持たせるときに大切なことは三つ。「ルールを作る」「大人自身が学ぶ」「フィルタリングを利用する」と、一番大切なことは「困ったときに相談できる近くの大人との信頼関係」だと強くおっしゃっていました。子供にスマホを与えるだけでなく、正しく使えるようにすることが大切だと、参加した保護者は改めて考えさせられたようでした。

【岡崎市立矢作北中学校】 情報モラル教育実践

記事画像1
 現在、スマートフォンの普及率は高く、小中学生の所持率も高い。SNSはとても便利であるが、使い方次第では相手を傷つける道具となる。正しい知識を身につけて、使用するために2年生の道徳の時間で自作教材の「だれのためのプロフィール」で情報モラルについての授業を行った。その後、学級の時間に「小学生のためにSNS使用のルールを考えよう」という2時間完了の授業実践を行った。
 2時間目の学級の時間では、小学生からの悩み相談という設定で、その悩みに答えていくグループ活動を中心に進め、最後にグループの代表者が話合いの内容を発表した。相談内容は主に、「友達が無料通信アプリで悪口を送ってきた。やめてほしいけどやめてとメッセージを送ると嫌われるかもしれない。どうすればよいのかな」や「友達と撮った動画を無料通信アプリのグループに送ったら、勝手に別のグループに送られた。これ以上、他の人に見てほしくないんだけど、どうすればよいのかな」など七つ用意し、なぜいけないのか、どのように対処したらよいのかということを考えながらグループで話合いを行った。「相手の気持ちを考えてSNSを使わなければいけない」など意見が出され、SNSの使い方を振り返るよい機会になった。

【東海市立横須賀中学校】 情報モラル教育実践

記事画像1
 昨今、スマートフォンの使用率が急激に上昇している。放課中に、「昨日、メール見た?」「スマホのあのゲームは、面白いね」など、スマートフォンに関する話をしているのをよく耳にする。そんな情報化社会が急速に広がる中で、生徒間でも無料通信アプリやSNSに関わるトラブルが発生している現実がある。そこで、正しいスマートフォンやインターネットの使い方を身につけ、情報化社会に適応するため、本校では、情報モラルに関する集会を行った。
 今回の集会では、主に無料通信アプリやSNSの使い方について取り扱った。具体的な内容は、以下の二つである。
 一つ目は、無料通信アプリやメールを送信する際に微妙なニュアンスが伝わらないため、会話の内容に配慮を要するというものである。例えば、「やばくない?」という言葉は、よい意味にも悪い意味にも捉えることができるため、人間関係のトラブルに発展する可能性がある。生徒も「確かにどっちかわからないときがある」などとつぶやいており、身近に共感できた話題であった。
 二つ目は、自分が撮った画像の取扱いについてである。 講演の中では、飲食店で友人がいたずらをしている写真をSNSで拡散したところ、友人が飲食店に賠償金を払わなければならなくなったという事例が紹介された。実際に起こった事件を参考にしており、生徒も「こうなったら本当に大変だよね。」と、自分がそのような立場になり得るということを実感していた。
 今回の実践では、生徒自身が、スマートフォンを使うことによって、トラブルや犯罪などに巻き込まれる可能性があることを実感し、うまく使えば便利な物、使い方を誤ると危険な物というスマートフォンの二面性を学ぶことができた。今後は、この講演の内容を生かして、情報化社会に対応するため、指導を心がけていきたいと感じた。

【半田市立青山中学校】 無料通話アプリを気持ちよく使うには,どうすればよいだろう。

記事画像1
 2年生の技術科で、無料通話アプリのやり取りの留意点や危険性を考え、話し合う授業を実践しました。この話合いを通して、情報伝達の安全性やマナーに気付かせることを目標としました。
 『無料通信アプリの中で「はっ?」と書いたのがきっかけで、「偉そう」「うざい」などと書かれるようになり、学校では誰も直接的ないじめの言動はないため、先生には分からなかった。』という事例を題材にしました。
 資料を読み、事例の問題点を挙げます。次に問題点をどのように改善していけばよいかを考えます。これをワークショップ形式で行い、全ての生徒が発言をし、相互の考え方や知識を伝え合うことで、理解をより深めさせました。
 その後、各班で自分の考えを視覚的に整理させ、班相互で話し合ったことを発表し合うことで、実生活で無料通話アプリなどを使用する際の「在るべき姿や考え方」に気付きやすくなるようにしました。

【江南市立宮田中学校】被害者にも、加害者にもならないために

記事画像1
 宮田中学校では、警察や大手通信会社の協力を得て、学年や発達段階に応じた情報モラル教育を実施しています。興味本位で交流サイトに参加し恐ろしい状況に陥ってしまった事例、ゲームアイテム欲しさに成りすましや詐欺まがいなことをしてしまう事例などを紹介してもらいました。日頃、便利に使用しているスマートフォンの恐ろしい面や使用する側の責任を改めて確認することができました。
 情報モラル教室の後、各教室に戻り、各自がスマートフォンを使用する際、何をしなければならないかを班で話し合いました。この教室を通して、SNS上で、加害者にも、被害者にもならないという誓いを新たにしました。

【豊川市立南部中学校】 情報モラル集会の取組について

記事画像1
 情報端末(スマホ・ケータイ)にかかわるトラブルが、年々多くなってきています。新たな問題も生まれ、生徒たちにとって正しい使い方を理解することが求められています。
 どのような使い方がトラブルのもととなるのか、さらには法に触れる行為になってしまうのかを知る目的で、情報モラル集会を開催しました。講師は、携帯会社の方にお願いをしました。
 講演では、グループトークでのいじめについて、SNSで知り合った人と接触することの危険性についてなど、事例を交えて話をしていただきました。また、自撮り画像を気軽に見知らぬ相手に送信してしまうトラブルの事例などもお話しいただき、ケータイやスマホが身近に存在する中学生にとって、便利なツールも十分気を付けて使用しなければならないことを学びました。
 情報社会はますます発展していき、大人になったときには何らかの情報機器を使いこなさなければならない時代です。生徒たちにとって便利な機能が自分や他人を傷つけることにならないよう、指導をしていきたいと思います。

【愛西市立立田中学校】携帯安全教室

記事画像1 記事画像2
 本校の生徒は、約8割もの生徒が自分のスマートフォンや保護者のスマートフォンを使用し、メッセージアプリを使った生徒間のトラブルが、毎年のように起こっています。スマホを1日2時間以上も使用する「携帯依存」とも見られる生徒も増えてきている傾向にあります。半期に一度行っている生徒向けのアンケートの結果からも、生徒は自分専用のスマートフォンをもっており、使用時間が年々延びてきていることが分かっています。このような現状を変えていくために、全校集会で保護者にも参加していただいた「携帯安全教室」を開き、講師の先生を招いて、携帯電話のもつ便利さや危険性について考える時間をもちました。
 スマートフォンのアプリやインターネットに潜む危険性について、実際に起きてしまった事例をもとに、軽率な行動がどれほどの被害を生みだすのかということを、とてもわかりやすく話していただきました。生徒たちも興味深い様子で講師の先生の講演を聞いていました。
【講演の内容】
・悪ふざけでSNSに載せた写真のせいで、サイトが1時間で炎上し、すぐに掲載者の名前、学校、住所などがインターネットに書き込まれてしまったこと。
・インターネットに載せられた写真は永遠に消えず、その写真のせいで結婚することも就職することもできなくなってしまった人がいること。
・投稿された動画は様々な人が見ることができるため、どこで撮られたかがすぐにわかり、ストーカーの被害に遭うという事件が起こったこと。
・スマホを使って連絡を取るときは、「眠たいと思っているかもしれない」「ご飯を食べたいと思っているかもしれない」など、相手に対する思いやりをもたなくてはならないこと。
【生徒の感想】
・私は、写真をスマホにUPすることはないけれど、1つの写真に、位置情報や個人情報、住所などたくさんの情報が含まれていることがわかり、改めて恐ろしいなあと思いました。
・私は無料通信アプリに、写真も動画もよく投稿しています。SNSのウェブサービスにも、写真が200枚近く投稿してあります。プロフィールも顔写真にしたことがあるので、とても不安になりました。これからはひかえたいと思います。

【東浦町立北部中学校】 情報モラル教室(2年生)

記事画像1
 東浦町立北部中学校では、全学年を対象に、情報モラル教育を行っています。
 2年生は今年度、昨年度に引き続き、無料通信アプリ会社が提供している教材を利用して、体育館にて「情報モラル教室」を実践しました。この教材は、無料通信アプリ会社と静岡大学教育学部によって作成されたもので、「悪口編『ネットで悪口を言わない』ガイド」「基本編『あたりまえ』の『ちがい』ガイド」「つかいすぎ編『ネットを使いすぎない』ガイド」「写真編『不適切を公開しない』ガイド」の4つで構成されています。今回は、生徒の実態も考慮に入れて、「悪口編『ネットで悪口を言わない』ガイド」を利用した授業を行いました。授業を通して、生徒たちは、コミュニケーションを行う際に重要となる、自分と相手との考え方や感じ方の「ちがい」に気付くことができました。特に、同じテキストやイラストでも、人によって感じ方が違う場合があることを多くの生徒が実感していました。また、ネット上では、相手の表情や雰囲気がわからないので、「誤解」が生まれやすいことに気付き、自分の考えや気持ちを上手に相手に伝える方法について真剣に考えていました。

【安城市立安祥中学校】 ケータイ・スマホ教室を開催

記事画像1
 本校の生徒の携帯電話・スマートフォンの所持率は75%程度です。学年を上がるごとにこの所持率は上がる傾向です。
 毎年1年生を対象に、携帯電話・スマートフォン安全教室を2学期に行っています。今年も11月9日にNTTの方に来ていただき、1時間は生徒を対象に、もう1時間は保護者を対象に携帯電話やスマートフォンの安全な使い方を教えていただきました。
 以下は生徒の感想です。
○ メールや無料通信アプリを送るとき、感情が伝わりにくく誤解を招くことがあることを学びました。僕はまだスマホを持っていないけれど、持ったときには責任感をしっかりもって扱おうと思います。
○ 僕はスマホを持っていないけれど、将来使うと思うので、そのときは気をつけて使いたいと思います。一番気をつけたいと思うのは、メールや無料通信アプリで自分はこう思っているのに、相手は違って感じていることがあるということです。今日の話を聞いてケータイ・スマホに対する考え方が変わったのでためになったと思います。
○ 今日わかったことは二つあります。一つ目は、写真やちょっとした情報が重なることで家まで特定されてしまうということです。二つ目は、文字での会話なので小さな誤解を招き、いじめに発展してしまうということです。個人情報は絶対にSNSにあげないようにしたいです。以前からこのようなことを知っていながら、みんなやっているからとSNSにあげていましたが、自分はもちろん、友達にも注意して被害にあうのを防ぎたいです。また、いじめを防ぐためにも、無料通信アプリなどで誤解を招くような言葉は使わないように気をつけたいです。それでも誤解があり、いじめにつながりそうであれば止めるような人になりたいです。
○ 私は、スマホは便利だけど、使い方を一歩間違えるだけでとても危険だということが改めてわかりました。写真や個人情報を載せるだけで自分の家が特定されてしまうことがわかり、とても怖いなと思いました。私もスマホを持っていて、お母さんに怒られたことが何回もあります。だから、使い方を家族と話し合ったりして使うときのマナーやルールを確認して安全に使おうと思いました。
○ 私はスマホを持っています。よくインターネットで調べものをします。すると「このネットワークには接続できません」という表示が出てきて、「めんどくさいな。フィルタリングを外してくれないかな。」と思うことがありました。でも、今日この話を聞いて、フィルタリングは自分の身を守るためにとても大切なものだと知りました。そして自分の身を守ってくれていた両親に感謝しなければならないと思いました。これからは両親や友達のためにもケータイ・スマホを正しく安全に使い、自分の身を守っていこうと思いました。

【尾張旭市立東中学校】課金トラブルに巻き込まれないように

記事画像1
 スマートフォンが普及するようになり、様々なことができるようになりました。その反面、知らないうちにトラブルや犯罪に巻き込まれる危険も高くなりました。本校も、多くの生徒にスマートフォンが普及している実態があることから指導していますが、いつの間にかトラブルになってしまうこともあります。
 総合的な学習の時間の一部で、調べ学習の基礎として情報機器の正しい利用を学習しています。その中で、ゲームの課金トラブルについての授業をしています。教材として、NHK for Schoolにある「無料ゲームのはずが…」を利用しています。
 はじめに、生徒にスマートフォンや携帯電話の便利さと間違った使用によるトラブルの話をします。次に、映像資料を見て、話の中で起きた課金トラブルについて話し合います。一つ目は「課金をやめられなくなったときの主人公の気持ち」です。二つ目は「課金などのトラブルをなくすためにはどうすればよいか」です。これらについて自分の考えを発表した後、授業を通しての感想を書きます。
 授業を終えた生徒からは、「頭では分かっているが、『これくらいなら…』がいつの間にか積み重なっていくかもしれない」「ちょっとでも課金すると止まらなくなるから、絶対に課金しない」「年齢制限を守って課金の上限を超えないようにする」など、自分の生活と絡めた感想の声がありました。
 課金の他にも、SNSや動画共有サイトを利用する上でのトラブルなど、便利さと隣り合わせの危険が数多くあります。今後も授業や朝の会、帰りの会などを利用して、便利なものを安全に使用することができるよう、指導していきたいと思います。