活動内容

交流

【西尾市立三和小学校】 ハートきらきら週間

記事画像1
 三和小学校では、子供たちが友情やいじめについて考えることで、いじめ防止に対する意識を高めるとともに、生活を見直し、よりよい人間関係を築いていこうという気持ちを育むために、「ハートきらきら週間」を設定しています。
 今年度は、11月27日から12月1日の期間に、以下のような取組を行いました。
1.ハートきらきら集会の開催
 児童会役員と生活委員が、いじめに関するアンケートの調査結果を発表しました。それから、「悪口」や「助け合い」に関する劇を行い、相手の気持ちを考えた言動の大切さについて確認しました。また、集会後は、クラスごとにいじめをなくすために自分たちのできることを真剣に考え、クラスの誓いをつくりました。
2.ハッピーカードの贈り合い          
 もらってうれしい温かい気持ちを増やすという目的で、ハッピーカードを贈り合いました。ハッピーカードには、感謝の気持ち、相手がうれしくなる言葉と相手のクラスと名前、自分のクラスと名前を書きます。そして、昇降口にあるポストに投かんします。児童会役員と生活委員が投かんされたハッピーカードを集めて仕分をして、相手に渡します。ハッピーカードを贈られた人は、とてもうれしそうで、笑顔の輪が広がっていきました。
3.全校一斉の道徳授業の実施
 期間中、全クラスで「思いやり・親切」「信頼・友情、男女の協力」「生命の尊重」の内容についての道徳の授業を行いました。一年生のクラスでは、親切にすることについて授業を実施しました。親切とはどんなことか、親切にされるとどう感じるか、親切にするとよいことがあることなどを考え、学習することができました。全校一斉にいじめ防止について考えることで、友達同士のよりよい関係を見直す機会にすることができました。

【安城市立志貴小学校】 たて割り学級活動を通して

記事画像1
 児童数が少ない本校においては、クラス替えがなく、人間関係が固定されがちである。そこで、異学年で交流する機会を多く設定し、固定されがちな人間関係を異学年に広げるととともに、人と関わる力を育てるために、たて割り学級活動を取り入れている。年間を通して活動することで、児童が自主的に異学年と関わる機会が多くなることを期待している。
 本校では、全校をたて割り5クラスに分けて活動を行っている。更に、ペア学年を設定し、1対1の個人ペアを作り、上級生が下級生の指導をしたり、面倒をみたりしながら、ゲームなどの様々な活動に取り組んでいる。
 4月には、学級旗作り、5月には学区連合運動会でのペア競技、6月には七夕集会、10月にはたて割り学級対抗ゲームを実施し、2月には志貴っ子フェスティバルを計画している。
 10月には、たて割り学級対抗ゲーム「じゃんけんぽんゲーム」を行った。体育館に敷かれたブルーシートの上に学級全員がのり、代表同士でじゃんけんを行う。勝った組のブルーシートはそのままの大きさで、負けた組のブルーシートは半分に折りたたむ。じゃんけんを続けていき、折りたたまれたブルーシートの上に全員の児童がのりきれなくなった方が負けというゲームである。ゲームの最中は下級生から順にじゃんけんを行う様子が見られたり、せまくなっていくブルーシートに全員がのれるように上級生が声をかけたり、おぶったりする姿がみられた。ゲームを通して、楽しみながら交流を図ることができた。ゲームの様子を観戦している他の組の児童たちからは「がんばれ!」といった応援の声も聞こえた。児童からは「またやりたい」「負けてしまったけれど、楽しかった」といった感想があがった。
 今後も、たて割り学級活動を通して、人と関わる力を育てていきたい。

【北名古屋市白木小学校】白木っ子チャレンジタイム

記事画像1 記事画像2
 本校は、コミュニティ・スクールの一つとして、多くの保護者や地域の方が、学校支援ボランティアとして子供たちの安全や学びを支えてくださっています。登下校の安全を見守る付添いボランティア、図書室や自然園の環境整備ボランティア、校外学習の引率、ミシンや毛筆の実技指導を手伝っていただく学習支援ボランティアなど、ボランティア活動が年々充実し、子供たちのよりよい教育環境づくりに貢献してくださっています。
 また、子供たちの学習意欲の向上を目的に、日頃の音読や計算、リコーダー演奏の練習の成果を認める場として、毎学期に1回ずつ、保護者や地域の方から、ボランティア先生を募り、20分の休み時間に見てもらう活動を実施しています。その時間を「白木っ子チャレンジタイム」と名付けています。
 「白木っ子チャレンジタイム」では、担任や自分の親以外の大人に、一人ずつ見てもらうので、子供たちは、いつも以上に真剣な表情で、練習の成果を披露します。ボランティアの先生に見てもらい、一人一人に温かい言葉をかけてもらった後、カードに花丸シールを貼ってもらいます。はじめは、やや緊張した様子ですが、練習の成果を披露した後は、どの子供も満足した笑顔を見せてくれます。また、参加してくださった方々からは、「子供たちの頑張りにいつも感心する」など、うれしい言葉をいただいています。
 今後も、学校と保護者、地域が一体となって、子供たちのよりよい成長を支えていきたいと思います

【西尾市立幡豆中学校】縦割りクラスで、豊かな心を育てます!

記事画像1
 山と海に囲まれた、緑豊かな環境で、生徒たちは毎日の学校生活を送っています。本校は、数年前から「縦割りクラス」でいろいろな行事に取り組むようになりました。

『応援合戦』
 応援合戦の演技を見合うことで、お互いのよいところ、もっと向上できるところをアドバイスし合います。

『合唱練習』
 昼放課に上級生が下級生のクラスを訪れ、合唱コンクールで歌う曲を聴き合います。

『FT』
 FTとは、フリー・トークの略です。朝の学習の時間を使って、クラスごとに話合いを行います。10月は、縦割りのクラスで「お化けの存在を信じるか」をテーマに意見を聴き合いました。ふだんの授業では味わえない上級生との話合いの時間に、下級生も刺激を受けることができました。

『交流清掃』
 無言清掃・膝つき清掃の伝統を、先輩から後輩へ伝えるために、掃除の時間にも交流しています。
 
 年間を通じて、他学年との交流を行うことで思いやりの心や感謝の心、人と接することの喜びを感じながら、のびのびと学校生活を送っています。

【豊橋市立石巻小学校】 地域とつながり、心を育てる

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 本校の6年生は、総合的な学習の時間に、地域のお年寄りのことを調べ、学習を深めています。石巻校区には、お年寄りが気軽に集まれる会合を行っている「ふれあいサロン」があります。子供たちは、調べ学習をすすめる中で「ふれあいサロン」に興味をもち、希望者が会合に参加させていただくことになりました。「ふれあいサロン」では、子供たちもお年寄りと一緒にゲームをしたり、歌を歌ったりして楽しみました。この活動を通して、人と人の交流によってお年寄りが楽しく元気になることを感じとることができました。
 そこで、もっとお年寄りと関わりをもちたいという気持ちになり、学校行事(野外劇)にお年寄りを招待することになりました。心を込めて招待状をつくり、お年寄りに届けたところ、野外劇の当日は、敬老席が満席になるほど見に来てくださいました。お年寄りの中には、野外劇の後、子供たちに手紙をくれた方もいました。野外劇の後も自主的に「ふれあいサロン」に参加する子もいて、交流は続いています。これからもお年寄りとの交流を通して、地域とつながり、思いやる心をもつ子供たちを育んでいきたいと思います。

【清須市立新川小学校】読書に親しむ秋「どんぐり読書週間」

記事画像1
 「今日はどんな本を読んでもらえるのかな。」
 1年生〜3年生の子供たちは、読み聞かせの時間をワクワクしながら迎えます。月、火、木、金は、お母さん方による読み聞かせがあり、水曜日は「ペア読書」と称した4年生から6年生による読み聞かせがあります。4年生〜6年生は、相手の子の顔を思い浮かべながら絵本を選び、読む練習をします。絵本の見せ方も工夫します。
 本校では、「自ら進んで読書に親しみ、心豊かな児童を育てる」を重点目標にして、読書指導をしています。多読の奨励をし、読み聞かせがあり、ペア読書があり、しおり作りがあり、様々な方法で子供たちを読書へといざなっています。そのため、3週間という少し長めの読書週間ですが、図書室には連日のように行列ができています。
 心を育てる読書指導、これからも、学校と保護者や地域が一緒になって進めていきたいと思います。

【新城市立八名中学校】 地域を見つめて

記事画像1
 八名中学校では、各学年、地域について学んでいます。1年生は、校歌に出てくる山『吉祥山(きちじょうさん)』や地域にある史跡『宇利城跡(うりじょうあと)』などを実際に訪れて調べました。調べたことをもとに歌詞を考え、歌にしました。できた歌は文化祭『吉祥祭』で地域の人々の前で披露しました。
 2年生は八名地域協議会の方々の力を借り、地域を巻き込んだ防災訓練を計画しています。大地震が発生した場合、中学校が避難所になります。避難所を運営する訓練をすることで、地域の大人も一緒に考えられる機会にしたいと思い計画しています。
 3年生は、八名地域をもっと活性化するにはどのような方法があるかを、中学生の視点で地域へ提案しています。「地域にある五葉湖(ごようこ)にアスレチックを作ったらどうか」「地域の特産品である『八名丸(やなまる)さといも』を使った料理を考え、新城市で行っている軽トラ市や地域のイベントで販売したらどうか」などのアイデアを出しています。
 どの学年も地域を見つめ、学ぶことで,郷土を愛する心が育っています。

【瀬戸市立本山中学校】 ロウビル校生徒の受け入れ

記事画像1
 本山中学校は、オーストラリア・メルボルン市近郊のロウビル・セカンダリー・カレッジと友好提携しており、2004年から国際交流活動を続けています。今年度は、ロウビル校から生徒8名、引率教員3名の計11名を9月19日〜25日まで受け入れました。3年前から友好の証しに襷(たすき)の受渡しを行っており、昨年の訪問時に渡した襷(たすき)が戻ってきました。生徒全員が、ロウビル校の先生の授業や生徒のプレゼンを4時間受け、グローバル感覚あふれる充実した1週間となりました。また、ロウビル校は、来日のたびに平和教育のため広島に寄ってから帰国しています。本校生徒が折り紙の鶴の折り方を教え、一緒に折った鶴を広島に持っていってもらっています。ロウビル校の生徒だけでなく、本校の生徒にとっても平和について考えるよい機会になっています。この交流は、英語の表現力やコミュニケーション能力を身につけるだけでなく、生徒が世界や未来を見つめ、社会で生き生きと活動するための資質の育成につながっています。

【豊川市立桜町小学校】 三世代交流会で心がほくほく

記事画像1
 本校では、三世代(子、親、祖父母)が交流する会を、地域の方が主催してくれます。例えば、竹馬や水鉄砲などをおじいさんに教わりながら、親子で製作します。地域の方と親子でふれあうことで心がほくほくする活動になっています。
 今年も7月に、13の講座にわかれて開催されました。子供のふりかえりを紹介します。
「三世代交流会を通して、物づくりが好きになりました。今年は竹馬を作るのが楽しみでした。おじいさんに教えてもらって、やっと竹馬ができました。竹馬には全然乗れなかったので、運動場で、お母さんと練習したらだんだん乗れるようになってうれしかったです。来年もやったことのない楽しそうな物づくりに挑戦したいです。」
 子供たちは、毎年、地域の方とふれあいを楽しみにしています。こうした取組を行うことで、地域との結びつきは強くなっており、子供たちの心は耕されています。

【稲沢市立清水小学校】「清水っ子まつり」〜縦割り活動でつなぐ児童の絆(きずな)〜

記事画像1
 本校では、「学校・家庭・地域」との連携を図り、子供たちが互いに認め合い、自らの力を発揮できる集団づくりを目指しながら、様々な体験活動や交流活動を行っています。特に、縦割り活動を積極的に取り入れ、異学年との交流を通して、年齢の異なる人との関わり方を体験し、相手のことを思いやったり感謝したりする心を育む活動に力を入れています。
 縦割り活動では、全校児童を「アニマル学級」と「フラワー学級」に分け、昼休みに行う「なかよし遊び」や、高学年が低学年に読み聞かせをする「なかよし読書」「なかよし給食」などを行っています。
 また、11月2日に行われた「清水っ子まつり」では、縦割り学級ごとに工夫を凝らしたお店を作って、みんなで協力して運営しました。高学年が中心となって企画し、中学年、低学年に仕事を割り振り、前日まで協力して準備を行いました。当日は、各学級で前半と後半のグループに分かれ、「風船ゲーム」「なぞなぞボックス」「リアルスゴロク」などのお店を開き、それぞれ店番とお客さんになって活動をしました。高学年と低学年のペアでお店を回ることで、縦のつながりが深まりました。
〈児童の感想〉 
・いっぱいゲームをして楽しかった。お兄さんが優しくてよかった。
・終わったときにチームのみんなと片付けるのもがんばりました。楽しかったです。
・同じ班の人とお話できて、仲よくできてよかったです。
・チームのみんながてきぱき準備をしてくれて、助かりました。
・低学年の子が行きたいお店に行きました。楽しく遊べてよかったです。
心の教育推進活動