保護者

【小牧市立北里中学校】 無料通話アプリの使用から学ぶ

記事画像1 記事画像2
 現代では、スマートフォンなどの携帯端末を所持する中学生が増え、SNS上でのトラブルが広がっています。本校でも「無料通話アプリ」上でトラブルが起きたことがあります。
 本校では、無料通話アプリが危ないから使用するのを止めさせるのではなく、正しく有効に活用する力を身につけさせることを目標にしています。今回、中学2年生の授業参観で、無料通話アプリを正しく使うための注意点を考える授業を行いました。保護者が参観している中で行うことで、家庭でも話題にしてもらい、今後のSNSの正しい利用につなげられるとよいと思ったからです。
 学級の中で無料通話アプリを使用している生徒は9割おり、「グループで会話できる」や「気軽に返事できる」「既読機能がある」といった長所と「めんどくさい」や「トラブルが起こる」といった短所も生徒たちは理解していました。授業では、4人グループで紙面上での模擬会話を行いました。合唱コンクールでの出来事を取り上げ、一人の生徒の行動について、「A.面白い会話」「B.バカにする会話」「C.いじめの会話」というテーマで会話を考えさせました。その後、ひとつの会話を取り上げ、どこが「面白い」「バカにしている」「いじめ」なのかを考えさせると、人によって感じ方が違うことに気づきました。自分にとって「面白い会話」が人によっては「バカにする会話」「いじめの会話」と感じることを知り、言葉の受け取り方は人によって違うので、注意が必要だということに気づくことができました。
 授業後、生徒のふり返りには「顔を見て言えないことは書かない」「送信ボタンを押す前に読み返す」といった、今後の無料通話アプリの使用に生かせる感想も見られました。保護者からは無料通話アプリの怖さとともに親子で話し合う必要性も感じられた等の声が聞かれました。
 今後、生徒たちを取り巻くICT環境は、日々進歩していくと考えられます。それに振り回されるのではなく、自分の力を伸ばすツールとして活用できる生徒を育てていきたいと考えています。

【豊川市立一宮南部小学校】スマホ・携帯安全教室

記事画像1
 7月のPTA教養講座では、携帯電話会社のインストラクターを招いて、「スマホ・携帯安全教室」を行いました。保護者と一緒に、5・6年生の児童も参加しました。子供たちにも身近になったスマホや携帯ですが、大きなトラブルや事故に巻き込まれないためにはどうしたらよいか、具体的な例を交えて話していただきました。講座では、ゲームの課金についてのシステム、ネット上に個人情報を公開することの危険性、自分のメッセージを送信するときの言葉の選び方など、トラブルや事故を回避するために知っておくべきことを分かりやすく学びました。子供たちだけでなく、大人も、子供にスマホや携帯を持たせる際、考えておかなくてはいけないことを改めて確認できたようでした。 
 保護者からは、「使い方や持たせる時期に悩むことがある」「今日のようにアニメーションなどで楽しく学ぶことで、子供たちが少しずつ危険もあるということを理解できていくとよいと思う」「フィルタリングの必要性を実感した」などの感想が出されました。親子で学ぶ有意義な時間をもつことができました。

【一宮市立今伊勢西小学校】 保護者のためのスマホ教室

記事画像1
  一宮市今伊勢中校区では、1中学校と2小学校が連携し、一昨年度・昨年度と、保護者や地域の方を対象に「スマホ教室」を、公民館において年2回実施しました。携帯電話やインターネットの利用による被害やトラブルが増加している昨今です。その未然防止のためには、小中学校での児童・生徒への情報モラル教育は必要不可欠ですが、就学前の低年齢の子を持つ保護者にも広めていくことが必要であると考えられます。そこで、今伊勢中校区で保護者や地域の方に「スマホ教室」に参加していただくよう啓発活動を行い、子供たちのスマホやネットのトラブルを減らしていこうと取り組みました。休日の実施にも関わらず、我が子と一緒に参加していただいた保護者もいて、実際にスマホに触れながらの「スマホ教室」では楽しく有意義な時間を過ごすことができました。
 また、本校では新就学児童の保護者説明会においても、スマホ教室を実施しています。まだ幼い我が子にスマホ等を触れさせたことがない保護者が大半ですが、中にはタブレット等に触れさせている保護者もいて、とてもためになると好評でした。児童と保護者、両者の意識を高めながら情報モラル教育を今後も実践していきたいと考えています。

【瀬戸市立長根小学校】 情報モラル教育

記事画像1
 本校では、6月の学校公開日に6年生の児童向けに「スマホ教室」を開きました。6年生の中に自分のスマホを持っている子は56%、保護者のスマホでゲームやSNSを利用する子は77%に達しました。大人がスマホを利用しているのを見て、子供たちはスマホに魅力を感じ、憧れているようにも思えます。しかし、利用数の増加とともに、スマホによって起こるトラブルが増えていることも事実です。
 今持っているスマホを、あるいは、いつか持つであろうスマホを、安全に使えるようにするための「スマホ教室」は、子供たちの意識を変える大切な時間となっています。また、授業参観の一つとして行っているため、参観した保護者にとっても子供のスマホについて考えるよい機会になりました。
 スマホ教室では、以下のようなことを分かりやすく教えてくださいました。
1.言い回しや絵文字の使い方で相手に伝えたかったことが思うように伝わらないことがあること。
2.写真や動画から位置情報が確認できること。
3.一度インターネットに掲載したものは、拡散されてしまい消せないこと。
4.偽物のアプリが存在し、危険であること。
5.ワンクリックで詐欺に遭う可能性があること。
 授業を受けた子供たちは「写真をSNSにアップするだけで居場所が分かるなんて知らなかったです。怖くなりました。」「いつかスマホを持って友達と連絡をとるときには、言葉を省かずに伝えることで、大切な友達を傷付けないようにしたいです。」「スマホは便利だし、ゲームは楽しいけれど、ワンクリックで詐欺にあうことがあるなんて知らなかったです。」などと感想を書き、スマホの危険性を理解して、安全に使いたいと思った子が多くいました。
 スマホのトラブルは、学校が気付けない盲点でもあります。10月には、同じ会社による保護者向けのスマホ教室をPTAの行事として開催します。これからも、子供たちと保護者の心に響く情報モラル教育を実践していきたいと思います。

【豊橋市立豊城中学校】 目指せ!「賢い」メディアユーザー!

記事画像1
 現代の私たちを取り巻く社会は、ICT技術の驚くほどのめざましい発展や,多様化したメディアにあふれています。しかも子供からお年寄りまで、誰でも気軽に利用・操作できるメディアツールの簡便性には目を見張るものがあり、誰もがその恩恵にあずかりながら暮らし、私たちの生活に密接なつながりをもって存在しています。中学生も例外ではなく、多くの生徒がパソコンや携帯電話、スマートフォンやタブレット端末など、自分専用のメディアツールを持ち、大人よりもすばやく操作を身に付け、自在に使いこなしている様子がうかがえます。
 しかし、気軽で便利に使える反面、中学生はモラルや使い方がまだまだ未熟で、その未熟さに由来する人間関係のトラブルを招いている状況が、どの学校でも頻繁にみられるのが現状です。そのような状況を受け、本校でも例年2年生で「ケータイ教室」の出前講座を行ってきましたが、今年度は対象を全校に広げ,保護者や健全育成会にも参加していただき、7月18日に「スマホ教室」を実施しました。
 講座は、日常生活にありがちな事例の紹介からスタートし、その後、話の流れの中で、スマホアプリには本物と偽物があることを教えていただきました。これについては、参加した大人よりも生徒の方がよく知っており、真がんの見極めも大多数ができていることに驚かされました。
 しかし、何気なくアップしたSNSの写真のデータから、容易に場所や個人情報が特定できるなどの簡便性の裏側に潜むぜいじゃく性に対しては分かっていない部分も多く、認識の薄い私たちの身近な生活がいかに危険と隣り合わせであるのかを、講師のお話やスライドから学び、大人も生徒も認識を新たにすることができました。
 時代の流れで、メディアツールと関わりのない生活を送ることは、現状ではもうほとんど不可能ともいえる現代。その中でメディアと「安全に」関わり、「うまく」活用する「賢い」ユーザーに大人としてならなくてはならないと思うと同時に、生徒も賢く育てていかなければならないと思いを強くしました。

【清須市立西枇杷島中学校】 情報モラル教室

記事画像1
 本校では、毎年1学期に情報モラル教室を開催しています。今年度も6月2日(金)に、1年生と、全学年の保護者(希望者)を対象に、KDDI株式会社から講師を招いて開催しました。実際に起こっている事例を、動画を見ながら分かりやすく説明してもらい、このような問題を起こさないためにも、相手に対する思いやりの気持ちが大切だと学びました。
 生徒たちの事後の感想
 ・今日の話を聞き、少しの勘違いでいろいろなトラブルが起こることが
  分かりました。
 ・私も送った後にしまったと思ったことがあったので、今日の主人公の
  気持ちがよく分かりました。
 ・自分の出した情報がいろいろな人に見られること、相手が見たときに
  どう思うかを考えて送ることが大切だと分かりました。

【愛西市立佐織西中学校】情報モラル教室

記事画像1
 講師の方をお招きして、「情報モラル教室」を開催しました。情報モラル学習は毎年一度開催をしています。
 生徒の実態として、自分のスマホは所有していなくても、保護者のスマホやゲーム機、家庭のコンピュータなどを使用して、インターネットを使用している人が多数いる状況にあります。そのため、使用に当たっての危険性について知り、自らの使用の仕方について振り返ることは非常に大切な時間であると考えます。
 今回の教室では、様々な機会において、インターネットにつながる生活であることを知り、インターネットの以下の六つの特徴を学びました。
1 世界中に公開されること。
2 情報がずっと残ること。
3 匿名ではないこと。
4 情報が不確かであること。
5 不正なアクセスがあること。
6 公共の場であること。
 インターネットの情報発信、公開、交流において「被害にあわないためにどうすればよいのか」を具体的な事例をもとに考え、理解することができました。また、トラブルの危険に巻きこまれた際にどうすればよいか知ることができました。
 また、文字を使ったコミュニケーションにおける誤解の危険性についても自分のこととして考え、理解を深めることができました。
<生徒の感想>
 ・今までもインターネットの危険性についての勉強をしたことがありますが、インターネットが匿名ではないということを初めて知りました。自分の言葉に責任をもたなくてはいけないと思いました。
 ・インターネットの情報を発信したり、公開したりするとき、本当に気を付けないといけないことを改めて知ったので、よかったです。
<保護者の感想>
 ・スマホを購入するかどうかを悩んでいたところだったので、とても有意義な時間となりました。
 ・スマホいじめなど、とても心配な問題があると思った。気軽に使える道具であることで、危険性や責任感をしっかりもてないところがある。今日の講座は、そういう意味でも、子供たちが危険性をよく理解したと思います。

【新城市立東郷西小学校】「共育の日」に親子で学ぼうICT

記事画像1
 6月10日(土)、5・6年生と保護者や地域の方を対象に「共育講演会・情報モラル講座〜親子で学ぼうICT〜」を開催しました。講師には「新城・奥三河の情報誌:のんほいタウン」編集長の藤本忍さんをお招きし、子どもたちはもちろん保護者も含め、携帯等の使用経験が十分あることを考慮して講演していただくようお願いしました。
 終了後、保護者から次のような感想がありました。
・私自身、近頃スマホに「感染しています。対策アプリをインストールしてください。」とのメールが再三ありました。携帯電話ショップへ行こうか、紹介通りインストールしようか迷っていましたが、危険性のあるアプリであるかもしれないとのお話があり、安心いたしました。感謝しております。
・DSやYouTubeなど、最近の子供たちの話題の中には、インターネットの世界が出てきます。楽しいだけではなく、一つ間違うと怖い世界にもなり得ることが、話を聞いて心に響いてくれるといいなと思いました。
・子供たちも、便利ゆえに見落してしまう情報モラルの盲点のようなものが分かったのではないでしょうか。大人になっていくうえで身に付ける必要を求められるモラルの問題。親子で見直し、話ができるきっかけになると思います。
 今後も、親子や地域で学ぶ機会を設けていきます。

【豊橋市立つつじが丘小学校】健全育成会〜スマホの危険と家庭のルール〜

記事画像1
 パソコン、スマホ、タブレットが日常的に利用され、いつでもネットにつながっている『情報社会』の現代。情報のやりとりで生活が快適で便利になっているプラスの面がありますが、ネットいじめや依存、なりすましの問題などマイナスの面も多くあります。昨年度、4年生から6年生と保護者を対象とした健全育成会で「ネット社会の歩き方〜スマホの危険と家庭のルール〜」について講演会を行いました。1.情報社会の仕組み、2.ネットに出された情報のゆくえ、3.匿名と実名の違いについて、4.ネットの使い過ぎについて、5.「ネットいじめ」について、の5つの課題について順番に話がありました。
 *デジタル化されネットに出された情報は、コピーさればらまかれてしまうので、消去しようとしても完全に消去することができない。
 *ネットでのやりとりは相手の顔が見えないため、別の人格のように振る舞って、悪意ある行動をする人もいる。
 *ネットやゲームに使っている時間(1日あたり)、小学生→58.5分、中学生→95.9分、高校生→175.5分。
 *「ネットいじめ」には「いじめ」とは違う特徴がある。
 最後に、スマホの使い方、情報の送受信、情報の交流などについてまとめた「ケータイ・スマホ20の約束」について話がありました。子供に携帯を持たせるのであれば、約束事をつくること、使い方について話し合うこと、フィルタリングの設定を考えることなど、大人がきちんと管理しなければいけないことについても考えさせられるものでした。
 情報モラルについては、学校から繰り返し子供と保護者に伝えていく必要があると改めて考えさせられました。

【岩倉市立曽野小学校】 サイバー犯罪防止教室

記事画像1
 江南警察署の方から話を聞き、インターネットや携帯電話、スマートフォンを使う上での注意点や、危険な面について学びました。岩倉市の携帯電話やインターネットに関わる事件や犯罪についての現状を知り、保護者にも参加していただくことで、トラブルについて親子で考えていただく契機としました。
 特にパソコン・スマートフォンなどで普及している、『YouTube』に自分の動画を投稿する児童がいたことで、その危険性の喚起や注意を行うことと、保護者会等で近隣小学校付近に動画を投稿する不審者の存在が危険視される声が多く言われ、岩倉市を管轄している江南警察署から現状の危険性と安全策、個人ができる対策を指導していただきました。 保護者にも多く参加いただき、よい啓発活動になりました。児童には良好な人間関係の築き方と、問題行動をすると犯罪になるという注意喚起をしていただきました。児童と保護者には、岩倉市で不審者に盗撮などの行為をされたらどのように対応すると良いのかを、実際にあった事例をもとに話を聞きました。デジタルカメラを使用している不審者に出会ったら関わらずに逃げて、盗撮を感じたらすぐに警察に電話をするなどの対応の仕方を学びました。保護者の中に、実際にデジタルカメラをもった不審者と遭遇したときに、どのように身を守るのかを知りたがっていた方が多かったので、このような取組は大いに好評でした。
情報モラル教育実践