活動内容

福祉体験

【春日井市立小野小学校】 障がいのある人が困っていることを知るアイマスク体験

記事画像1 記事画像2
 本校の3年生は、「総合的な学習の時間」で福祉について勉強しています。
 6月7日(木)には、視覚障がい者の気持ちを理解するという目的で、体育館でアイマスクをして、白杖(はくじょう)をついて障害物を避けて歩く体験をしました。2人1組になり、ペアの誘導に従ってコースを回りました。この体験を通じて、障がいのある人の困っている状態を知り、社会にはいろいろな立場や状況の人がいることに気づくことができました。
 児童の振り返りシートでは、「とても怖くて、目が不自由な人はこんなに大変なんだな」「ふだん通っている道が予想と違って大変でした」「町で白杖をついている人を見かけたら助けてあげたい」と書いてあるものも見られました。
 これからも福祉体験を通して、優しい心を膨らませていけたらよいと思います。

【豊川市立小坂井東小学校】福祉実践教室

記事画像1 記事画像2
 本校では、体験を通して人権や福祉について考える「福祉実践教室」を全学年で行っています。5年生は、毎年保護者と一緒に実際に車いすに乗ったり、押したりする体験や、車いすを利用している方の話を聞く会を行っています。車いす体験では、講師の方から車いすの使い方や後ろから押すときに気をつけることを教えてもらい、子供同士や子供と保護者がペアになり、実際に車いすの操作を行います。見た目以上に車いすで移動する難しさを体験することで、車いすを利用している人の気持ちを考える機会となっています。
 また、3年生は視覚障がいの方をお呼びして、話を聞く会を行っています。昨年度は、実際に盲導犬(PR犬)が来て盲導犬と接する活動を行いました。近くで盲導犬がガイドをする様子を見てどの子も驚いていました。初めての体験でどの子も緊張しながらの活動でしたが、体験を通して盲導犬の役割を学び、学習を深めることができました。
 他の学年も地域の保育園や老人福祉施設、授産施設との交流を行っています。こうした活動を継続的に行うことで、自他の人権を大切にする心情を養っています。
心の教育推進活動