情報社会の倫理

【新城市立黄柳川小学校】パソコンソフトで学ぶ情報モラル

記事画像1
 パソコン教室が一新され、タブレット型のノートパソコンが導入された。今後は多くの場面で子供たちがパソコン室を利用することになるであろう。
 新しい情報モラル教育用のソフトも導入されたので、さっそく4年生を対象に実践をした。パソコン、インターネットを正しく利用していくには、継続して正しい知識とマナーを理解させていく必要がある。
 今回は『事例で学ぶNetモラル』内の「インターネットには間違った情報もある」を利用した。まんが形式で事例が進んでいくので、子供たちは集中して見ることができる上、話の振り返りも随時できるので、誰もが簡単に話の内容を理解できるようになっている。
 振り返りで子供たちは、「インターネットの情報は、古いものがあったり、間違っていたりすることもあることがわかった。」「インターネットの情報を比べたり、インターネットの情報だけではなく、実際に実物を見たりすることが大切だとわかった。」と感想を書いた。
 これからも子供たちが、安全に正しくインターネットが利用できるよう、情報モラル教育を計画的に行っていきたいと考えている。
 

【東海市立横須賀中学校】 情報モラル教育実践

記事画像1
 昨今、スマートフォンの使用率が急激に上昇している。放課中に、「昨日、メール見た?」「スマホのあのゲームは、面白いね」など、スマートフォンに関する話をしているのをよく耳にする。そんな情報化社会が急速に広がる中で、生徒間でも無料通信アプリやSNSに関わるトラブルが発生している現実がある。そこで、正しいスマートフォンやインターネットの使い方を身につけ、情報化社会に適応するため、本校では、情報モラルに関する集会を行った。
 今回の集会では、主に無料通信アプリやSNSの使い方について取り扱った。具体的な内容は、以下の二つである。
 一つ目は、無料通信アプリやメールを送信する際に微妙なニュアンスが伝わらないため、会話の内容に配慮を要するというものである。例えば、「やばくない?」という言葉は、よい意味にも悪い意味にも捉えることができるため、人間関係のトラブルに発展する可能性がある。生徒も「確かにどっちかわからないときがある」などとつぶやいており、身近に共感できた話題であった。
 二つ目は、自分が撮った画像の取扱いについてである。 講演の中では、飲食店で友人がいたずらをしている写真をSNSで拡散したところ、友人が飲食店に賠償金を払わなければならなくなったという事例が紹介された。実際に起こった事件を参考にしており、生徒も「こうなったら本当に大変だよね。」と、自分がそのような立場になり得るということを実感していた。
 今回の実践では、生徒自身が、スマートフォンを使うことによって、トラブルや犯罪などに巻き込まれる可能性があることを実感し、うまく使えば便利な物、使い方を誤ると危険な物というスマートフォンの二面性を学ぶことができた。今後は、この講演の内容を生かして、情報化社会に対応するため、指導を心がけていきたいと感じた。

【弥富市立白鳥小学校】 みえないおともだち

記事画像1
 
 本校には、日常的にスマートフォン、タブレット、パソコンを利用している児童は多くいます。また、ゲーム、学習、コミュニケーション手段としてなど、多岐にわたりこれらを積極的に活用している様子も見られます。こうした傾向の低年齢化は進み、1年生においても同様の様子が見られます。
 そこで、10月に1年生において、子供たちになじみのある学校放送の「ざわざわもりのがんこちゃん」の中から「みえないおともだち」を教材として、「情報社会の危険から身を守るとともに、不適切な情報に対応する力」を育てることを目標とした情報モラルの授業を行いました。
 「みえないおともだち」を信じて、大変なトラブルに巻き込まれていくがんこちゃんの姿を通して、「会ったことのない人は知らない人なんだということがわかりました」「スマホがとっても危ないものだと知りました」「スマホを信じて勝手にしゃべっちゃいけないと思いました」「家の人がいないところではぜったいにやりません」など、まとめの感想には子供たちの真剣な思いがたくさん書かれていました。楽しくわかりやすい人形劇を通して、子供たちは「相手の見えない情報を安易に信じる怖さ」を学んだ様子でした。
 情報社会の中に生きている子供たちがその情報に振り回されることなく、安全に健やかに成長できるように、本校では発達段階に応じた情報モラルの指導を継続して行っていきたいと考えています。
 

【愛西市北河田小学校】スマホ・ケイタイ安全教室

記事画像1
 4年生から6年生は、携帯会社安全教室の講師の方をお迎えして、「スマホ・ケイタイ安全教室」を行いました。児童が陥りやすい身近なトラブルについて知り、どうすればよいかを考えました。
 まず初めに、メッセージの送り方によって、送り手の気持ちがうまく伝わらない事例があることを学びました。そして、うまく伝えるためにはどうすればよいかを考えました。児童は、近くの友達とどうすればよいか真剣に話し合いました。個人情報が思わぬ形で流出してしまうことが分かりました。個人情報の扱いについて十分気をつける必要があることを学びました。
 次に、ネット社会での個人情報の扱い方について考えました。
 最後に、SNSの便利さと怖さについて学びました。ふざけて撮ってしまった写真によって家族や自分の身の回りの人たちをたくさん傷つけ、自分の人生も一生傷つけ続けることを知りました。児童は、SNSの恐ろしさについて知り、自分は絶対にふざけた写真を撮らないでおこうと心に決めたようでした。
 「スマホ・ケイタイ安全教室」を終えて、児童に感想を聞いたところ、「友達に自分のことを伝えるために、スタンプや顔文字をうまく使おう」「絶対にふざけた写真をSNSにアップしないでおこう」という意見が多く出ました。この講義の意図が十分伝わったと感じられました。
 使えばとても便利なスマートフォンや携帯電話です。安全に使うことができれるようになってほしいと思います。

【幸田町立中央小学校】情報モラル 低学年の取組

記事画像1
 本校では、2学期に情報モラル教室を行いました。低学年の子供たちは、情報を扱ったり、流したりする経験はまだ多くありません。しかし、低学年のうちから、情報をどのように扱えばよいのかを考えることは、情報モラルの素地を作ることになると考えました。また、2年生では、国語の学習で図鑑や本で調べたことをクイズにしてみんなに紹介していくこともあり、情報を取り扱う上で、情報はみんなで共有しているものであり、大切に扱っていこうとする心を養いたいと考えました。
 そこで、「村のお知らせ版」を資料として、道徳の授業を行いました。授業では、とらきち君がいたずらでやってしまったお知らせ版の書換えによって、友達やお知らせ版を作った村長さんが、悲しんでいる様子を見たときのとらきち君の気持ちを中心に考えていきました。子供たちは、お知らせ版にいたずらしてしまったとらきち君の心情を考えることを通して、「みんながかなしむことは、しちゃいけないと思いました」「これからは、みんなでつかうものを、みんなで大切にしたいと思いました」などの感想をもち、これからの学校生活の中でできることを考えることができました。今後、学習や生活の中で、情報を取り扱うことが増えていきます。みんなで使っているものと同様に、情報についても大切に取り扱っていこうすることができるように意識付けしていきたいと思います。

【刈谷市立平成小学校】作った人の思いを考えて行動をしよう(著作権と許諾の実践)

記事画像1
 本校でも、自分用のスマートフォンを持って、無料通信アプリなどで友達と情報交換し合う児童が、高学年を中心に増えています。そうした実態を踏まえ、低学年の頃から計画的に情報モラルの意識を高めていくことが重要であると考えます。ここでは、1年生の道徳で行った「著作権と許諾」に関する情報教育の実践を紹介します。
 授業では、人の考えたものや作ったものには、作った人の思いが込められていることを知り、許可なしに別のところで使ったり、作り変えたりしてはいけないことを理解させたいと考えました。
 そこで、『事例で学ぶネットモラル』にある物語「おじいさんの絵」を取り上げました。この物語は、主人公のうさ子が、大好きなおじいさんが入院してしまったために、おじいさんを勇気づけようと絵を描いたものの、絵が得意なぽんたがやってきて、うさ子の許可なく絵を描き変えてしまうという内容です。教師がお面を付けて役割演技を行い、電子黒板で場面絵を提示しながら、紙芝居風に物語を紹介していきました。ぽんたがうさ子の絵を描き変える場面では、実際にタッチペンを使って絵を描き変える様子を見せました。児童からは、絵を描き変えた瞬間、「ひどい!」「うさ子がかわいそう」というつぶやきが出されました。 
 物語の後半部分では、おじいさんが入院していることをぽんたに打ち明け、自分で描いた絵を渡したかったうさ子の本心を紹介しました。教師がぽんたの気持ちについて問うと、児童からは、「うさ子の絵を勝手に描き変えてしまったことはいけない!」という意見が多数出されました。こうして、親切心で行ったことでも、人のものに勝手に手を加えると相手を傷つけてしまうことがあることに気付かせることができました。
 最後に、ぽんたからうさ子に伝えたい言葉を考えました。「勝手に変えちゃってごめんね」「今度からは勝手に変えないからね」という発言からは、人の考えたものや作ったものには、作った人の思いが込められていることに気付いたことや、許可なしに別のところで使ったり、作り変えたりしてはいけないことを理解した様子がうかがえました。

【扶桑町立山名小学校】気持ちが伝わるメールについて

記事画像1 記事画像2
 高学年になると、友達とメールでやり取りをする児童が増えてきます。本校でも、メールでのトラブルが報告されています。そこで、5、6年生を対象に1クラスずつネットモラルの授業を実施しました。見えない相手と文章でやり取りする場合に気を付けることを、パソコンのスマートフォン疑似体験ツールを使って、実際にやり取りする中から学びました。子供たちは、実際の迷惑メールを読んで気付いたことを話し合い、読む人の気持ちを考えたメールを送ることが大切だと強く感じました。
 また、保護者の方にも,ネットモラルについて興味・関心をもってもらいたいということから、学校公開日に、6年生でネットモラルの授業を実施しました。スマートフォンだけでなく、子供たちにとって身近な携帯ゲーム機でもインターネットにつながり、友達とやり取りができることから、目の前にいない相手とやり取りする場合の注意点やサイトを閲覧するときに気を付けることなどを学びました。参観した保護者からは、「タイムリーな内容でとても参考になった」「ゲーム機の使い方についても、子供としっかり話をしないといけない」といった声が聞かれ、授業参観で行った意義は大きかったと感じました。

【半田市立青山中学校】 無料通話アプリを気持ちよく使うには,どうすればよいだろう。

記事画像1
 2年生の技術科で、無料通話アプリのやり取りの留意点や危険性を考え、話し合う授業を実践しました。この話合いを通して、情報伝達の安全性やマナーに気付かせることを目標としました。
 『無料通信アプリの中で「はっ?」と書いたのがきっかけで、「偉そう」「うざい」などと書かれるようになり、学校では誰も直接的ないじめの言動はないため、先生には分からなかった。』という事例を題材にしました。
 資料を読み、事例の問題点を挙げます。次に問題点をどのように改善していけばよいかを考えます。これをワークショップ形式で行い、全ての生徒が発言をし、相互の考え方や知識を伝え合うことで、理解をより深めさせました。
 その後、各班で自分の考えを視覚的に整理させ、班相互で話し合ったことを発表し合うことで、実生活で無料通話アプリなどを使用する際の「在るべき姿や考え方」に気付きやすくなるようにしました。

【美浜町立布土小学校】 情報モラルの学習

記事画像1 記事画像2
 メール、無料通信アプリ、SNSなど、最近のインターネットをめぐる環境は、著しい進化・進展を遂げており、それにまつわる事件が多く報道されています。今や、だれもがそういった事件に巻き込まれる危険性と隣り合って暮らしているといっても過言ではありません。そこで、本校では、子供たちが情報社会に参画する態度の育成の一つとして、どの学年にも情報モラルについて学習することを、情報教育の年間計画の中に位置づけています。
 しかしながら、実際の指導に際しては、教師にとって不慣れなこともあり戸惑うことが多いのが現状です。そこで、美浜町では情報教育アドバイザーが派遣されています。最新の情報や多様なネットを利用した危険な事例や手口を、DVDを視聴させたりコンピュータのチャット機能を使って意見を共有させたりして、効果的に伝えていただいています。
 11月は、2年生と6年生の授業がありました。2年生では、パソコンでゲームをしようとして、個人情報を入力させられてしまうという場面を疑似体験しました。ある児童は、「ゲームで名前を書いたら、どこに住んでいるかということが分かると知って、ゲームというものは少しこわいと思いました」と感想を書いていました。6年生は、登場人物が生活場面で起きたことを恨み、腹立ちまぎれにうその情報をネットに書き込みをしたらどうなるかというDVDを見ました。軽い気持ちで行ったことが、大きなトラブルに発展し、それによって相手を傷つけたり、自分の信用を失ったりすることを知りました。「嘘のことをSNSに流したら大変なことになるのを知らなかった。」や「今後どうなるかを考えず、自分のことしか考えてないのは、とても自分勝手すぎると思う。相手のことも考えないと。」など、感想を書いてチャットで交流しました。便利さだけでなく、ネットの怖さを同時に学習することにより、インターネットやアプリを安全に正しく使うことの大切さを学ぶ機会になりました。
 これからも、子供たちが、インターネットトラブルの被害者や加害者にならないように、こういった実践を継続していきたいと思っています。

【安城市立安城北部小学校】携帯、スマホ親子安全・安心講座

記事画像1
 本校では毎年、6年生の児童と保護者を対象に「携帯、スマホ親子安全・安心講座」を実施しています。携帯電話やインターネット、ゲームに興味が高い高学年が、正しい情報の利用の仕方を学び、情報モラルに関して防犯意識を高めてほしいと考えました。本年度も11月28日(火)に、講師として、愛知県安城警察署の方を招いて実施しました。
 講話は二つのドラマをもとに進められました。一つ目は、携帯ゲームを始めてから、知らない人とSNSをやり取りしていく中で、自分の写真を送ったことで、トラブルに巻き込まれていく話です。二つ目は、自分の写真をSNSに投稿し、たくさんの人に見てもらえるようにするために、悪ふざけをどんどんエスカレートさせたため、自分に冷たい反響が返ってきたり、周囲に迷惑をかけたりしていきます。さらには、賠償金へのトラブルにつながっていく話です。どちらの話も、投稿した写真を消してもコピーをされて、永遠に使用されてしまう怖さが分かりました。また、フィルタリングをすることの大切さも知ることができました。講話の途中では、何がいけなかったのかを考える場も設けられ、具体的な対処法を共有することができました。
 児童は、「知っている内容もあったけれど、改めて怖さを知った」「危険なことがたくさんあって、びっくりした。これから気を付けたい」などの感想をもちました。保護者の方も情報社会の危険性について子供とともに感じ取り、これからの使用の仕方を考えるよい機会となりました。
情報モラル教育実践