小学校低学年

今年度

【豊田市立駒場小学校】 1年生の情報モラル授業実践

記事画像1 記事画像2
 情報モラルとして、正しい情報を伝えることが大切であることを考える授業を行いました。
 「ひつじかいのこども」(出典:「いきるちから」1年)という資料を用いました。退屈しのぎに「おおかみだ!」と偽りの情報を伝える羊飼いの少年に対して、初めは少年を信じて心配して助けにきていた大人たちでしたが、何度も繰り返すことで、正しい情報さえも信じてもらえなくなってしまうという話から、「偽りの情報を繰り返す少年」と「何度もだまされ続けていく大人たち」の気持ちの変化をとらえながら、誤った情報を流すことについて子供たちと考えていきました。
 授業では、教師が羊飼いの少年役、子供たちが村人役となって、役割演技することで、情報の在り方について考えを深めていきました。子供たちからは、「信じている村人が、かわいそう」「村人は、少年のことを心配していたのに、信じられなくなった」と、村人の気持ちに寄り添い、誤った情報によって多くの人が傷つくことを学びました。
 授業のふりかえりでは、「本当のことを伝えないといけない」「本当のことは、みんなのためになる」といった正しい情報を提供しなくてはいけないことを、子供たちは学ぶことができました。

【刈谷市立小垣江東小学校】 情報モラル教育実践

記事画像1
 6月23日(土)に、3年生から6年生までの児童と保護者を対象に、「親子で聴く講演会」を開催しました。今年度のテーマは、「情報モラル教室〜スマホ・ネット(SNS)利用の危険性を知る」でした。
 まず「病気として認知されたゲーム依存」について、動画を見ながら話を聴きました。「課金システム」のわなにはまってしまった子供が、うそをついたり、ごまかしをしたりする中で、健康をむしばんでしまうような状態に陥っていく過程からは、「ゲーム依存」の恐ろしさが伝わってきました。
 また、これまでの最新の研究による科学的なデータを基にした、スマートフォンが引き起こす「学力破壊」「脳からの資源流出」の話の内容は、とても衝撃的なものでした。
 最後に教えていただいたのは、各家庭でスマートフォンを持たせる約束事として、「スマートフォンを使うときのルールを、子供だけでなく大人も守ります」という項目を必ず入れなければならないということです。ママがスマートフォンばかり見ていて、自分を見てくれない男の子の気持ちを表した「ママのスマホになりたい」という絵本を基にしたお話からは、まずはスマートフォンの使い方について大人が変わらなければならないということを痛切に感じました。
 講演会を聴いた子供たちは、「私は無料通信アプリをやっていますが、これからは、相手の気持ちを考えて送りたいです」「ご飯を食べるときは、家族と目を合わせながら楽しく食べたいと思いました」「スマホやゲームをやり過ぎると学習したことを忘れるということを聞いて、ぼくはゲームの時間をもっと減らそうと思いました」などの感想をもちました。
 今回の講演会は、大人にとっても、子供たちを守るために何ができるかを、改めて考える大変よい機会となりました。

【小牧市立篠岡小学校】当たり前のことを当たり前にする

記事画像1
 「当たり前のことを当たり前にする」は、篠岡小学校の子供『しのっ子』の合いことばです。くつ箱のくつをきれいにそろえたり、トイレのスリッパをきちんとそろえたりすることを大切にしています。このように「モノ」を整える活動を通して、『しのっ子』の「心」も少しずつ整い、篠岡小学校のしっとりとした静かな雰囲気につながっているように感じます。
 昨今の情報環境の変化に伴い、『しのっ子』を取り巻く環境も大きく変わっています。高学年を中心に、スマートフォンやタブレット端末などに簡単に触れることができるようになりました。
 そこで『しのっ子』は情報モラルについても「当たり前のことを当たり前にする」ことを大切にしています。「君子危うきに近寄らず」のように、高度な情報環境を避けるのではなく、「家族と相談して使い方を考えよう」「もし困ったらきちんと親や先生に相談しよう」と判断し、高度な情報環境と上手に付き合うことができるよう、発達段階に応じて日常的に情報モラル教育を進めています。
 今日もまた、『しのっ子』は「当たり前のことを当たり前にする」という合いことばを大切にし、元気いっぱい、やさしさいっぱい、夢いっぱい、学び続けています。

【江南市立古知野西小学校】防犯教室

記事画像1 記事画像2
 本校では、毎年、江南警察署生活安全課の職員の方をお招きして、「防犯教室」を行っています。
 昨年度は、「セルフディフェンス−守ろう自分のいのち・ネットモラル教室」と題して行いました。
 スマートフォンやパソコンを利用する人の低年齢化が進み、小学生がネット問題にまきこまれるケースが増えてきている中、ネットの危険性を知り、安心・安全に使うことを学ぶ会となりました。
 毎年継続して開催するとともに、保護者の参加も募るなど、児童だけでなく、家庭・学校が連携して家庭での情報モラルを高めていければと考えています。

【豊田市立梅坪小学校】低学年での情報モラル授業の実践

記事画像1 記事画像2
 低学年では、親切のつもりでしたことが、かえって迷惑になってしまうことがしばしばあります。そこで、道徳の時間に、「親切心から友達の作品に手を加えてしまい、かえって嫌な思いをさせてしまう。」という資料を取り上げ、相手の気持ちに添った親切について考えさせたいと思いました。
 資料では、あかねがコンピュータを使って描いた自画像に、ゆうたが手を加えてしまいます。ゆうたは親切心から行ったのですが、あかねは、自分の作品を傷つけられたという思いが強く、ゆうたのした行為に対して強く反発をしてしまいます。
 授業では、初めにうれしい親切とうれしくない親切について考えさせました。そして、資料の中のゆうたが、あかねの絵に手を加える場面までを提示し、ゆうたの気持ちについて話し合いました。「気持ちはわかるけど、いけないことだ」という意見が多く出されました。また、「あかねさんに聞いてからやるべきだ」という意見も出されました。いけない理由として「絵は自分のものではなく描いた人のものだから、勝手に手を加えてはいけない」という意見も出されました。資料の最後にあかねが、手を加えられた絵を見て、泣き出してしまいます。授業の最後には、あかねの気持ちに共感する感想を書いていました。
 子供たちは自分がされていやだと感じることでも、立場が変わるとついやってしまいがちです。今後も、友達の気持ちを尊重することの大切さについて考えさせる授業を行っていきたいと思います。
資料出典:豊田市教材データベース「POTETO」授業推進資料

【岡崎市立宮崎小学校】情報モラル育成に向けた授業を実施しました

記事画像1
 本校では、全学年が情報モラル育成のための授業を実施しました。
 1年生は、小学校1〜3年生用の「やくそくをまもって<おとなむけのじょうほうにちゅうい!じょうほうモラル>」という教材を使用し、プレゼンテーションソフトを活用して授業を行いました。
 その教材では、小学生のケンタくんが家のパソコンを一人で使って、大好きなキャラクター「ガンブレイオン」について検索していると、「秘密の映像」という言葉が出てきます。ケンタくんはその言葉に興味をもち、誤って大人のサイトにアクセスしてしまいます。次の日、パソコンの履歴からそれがお父さんにばれてしまいます。「大人のサイトは見ていないよ。」とお父さんにうそをついてしまうケンタくんの気持ちと、ケンタくんを叱ったお父さんの気持ちから、ケンタくんはどうすればよかったのかを考えるという教材です。
 本校の1年生は、家庭でもまだ一人でパソコンを使用したことがなく、一人で使用するとケンタくんのようなこともあり得るんだということが、授業を実施して分かったようです。そして今後も「一人ではパソコンを見ない。」「勝手にパソコンを見ない。検索しない。」と考え、約束を守ってパソコンを使うという気持ちになりました。

【刈谷市立住吉小学校】一歩立ち止まって考えよう

記事画像1
 3年生が、1月の授業参観日に道徳で情報モラルの授業を行いました。まず、導入で「家庭でインターネットの使い方の決まりがあるか?」と尋ねると、ほとんどの子供が「特に決められていない」に手を挙げました。保護者も、子供がまだ3年生ということもあって、あまり敏感になっていない様子でした。そこで、インターネットで検索をしていたら、右のようなサイトにつながり、「あなただったらどうしますか?」と質問をしてみました。すると、「入力する」と答えた子供が2名で、理由は「続きが読みたいから」でした。「入力しない」と答えた子どもは30名で、理由は「怖い感じがする」「お母さんにすごく怒られる」「家族に相談する」といったものでした。保護者も自分の子供の様子を真剣に見ていました。
 その後、明るいこころの「とどいた広告」を題材に取り上げました。内容は、主人公のたくやくんが、自宅で友達と一緒にインターネットで調べ学習をしていた時、ただでゲーム機がもらえるという広告を見つけます。たくやくんは、どうしようと迷うわけですが、「ただ」という言葉にひかれ、個人情報を入力してしまいます。すると、後日、ゲームの請求書が届いてしまうという話です。設問として個人情報を入力したときの主人公の気持ちや請求書が届いたときの気持ちを考えました。子供たちは、「もし、本当に届いたらどきっとする」「お母さんに何て伝えよう」と自分事として考えることできました。
 最後に、もう一度、最初に見せた資料1を見せて、振り返りをしました。「入力する」と答えていた子供も、「個人情報を簡単に入力してはいけないと思いました。本当に、怖いことにつながっていくと思いました」と振り返りに書くことができました。今回の授業をきっかけに家庭でも話題にしていただき、早い段階からインターネットの利用について、家庭でのルール決めをお願いしました。

【豊橋市立津田小学校】個人情報を守るためにはどうしたらよいのかな

記事画像1 記事画像2
 津田小学校では、特別支援学級の児童を対象に、「個人情報を守るためにどうしたらよいのか」について学ぶ授業を行いました。
 授業の導入では、カードを見ながら意見交流をし、どんなものが個人情報に該当するのかを理解することができました。
 また、個人情報漏えいに関するDVD教材を視聴しました。動画の内容をカードで示しながら確認することで、個人情報を知らない人に教えてしまうと、自分や家族が危険な目に遭うということを実感することができました。そして、もしものときの対処の仕方を自分なりに考えることができました。
 授業の終末には、「知らない人から個人情報を聞かれる」という場面を想定して、ロールプレイングを行いました。みんなで考えた対処の仕方を生かしながら、個人情報を漏らさないように対応する児童が多く見られました。
 授業を通して子供たちは、「個人情報」というものの存在を知り、それを守っていかなくてはならないという気持ちをもつことができました。今後も、情報モラルに関する授業に繰り返し取り組んでいきたいと思います。

【豊橋市立牛川小学校】1年生から情報モラルを考えよう

記事画像1
 本校では、6年間を通して情報モラルを身につけるためのカリキュラムを作成している。そのカリキュラム作成の際、コンピュータやネットの世界にまだ慣れ親しんでいない1年生でも、情報モラルを身につけられるように、道徳の教材を活用して、個人情報の大切さについて考える授業を実践した。
 授業の導入では、教材の挿絵をアニメーション化して視聴させることで、子供たちの興味関心を高める工夫をした。子供たちは、軽い気持ちで友達へのいたずら書きをしてしまった「かばきちくん」の気持ちと、書かれてしまった「とらおくん」の気持ちを重ね合わせることで、いたずら書きという情報が、自分の予想以上に広がる怖さに気づき、よく考えて行動していこうとする意識を高めることができた。
 子供たちの振り返りには、「悪口はよくない」といった意見のみにとどまらず、「いろいろな友達に、悪口が伝わって怖い」といった情報モラルに対する感想をもつ子が多かった。
 情報モラルの授業では、コンピュータを使った実践が多いが、この道徳の授業は情報モラルの導入になるのではないかと考えている。

【豊田市立加納小学校】親子で学ぼう 情報モラル学習

記事画像1 記事画像2
 本校では、授業参観を生かして、高学年から順に親子一緒に情報モラルの授業を行いました。ICT支援員さんに来ていただき、メールでのやりとりの危険性や言葉足らずで気持ちがすれ違ってしまう事例について、実際にトラブルに巻き込まれた具体例をもとに、自分の問題として話し合いました。保護者にも一緒に考えてもらい、子供たちに起こる問題を知る機会をもつことで、子供を見守る体制を作ったり、家族で話し合ったりする機会ができました。
 さらに「事例で学ぶネットモラル」という教材を使い、様々なケースについて学ぶことで、ネットの危険や気をつけなくてはいけないことについて考えることができました。

〈保護者の感想〉
・親子で考えるよい機会となった。家庭でも使い方や気を付けることについて話題にしたい。
・クラス全体で話し合うことで、子供や保護者での認識のずれが多少解消できたのではないかと感じた。

〈児童の感想〉
・ネットに個人情報を書き込むと、大変なことになるとわかりました。気をつけたいです。
・相手に思い違いをさせないようにことばを選び、上手に活用していこうと思いました。
・スマホやゲームに夢中になって夜中になってもやめられない心配がある。気をつけないといけないと思いました。 

〈課題〉
 今後は、そのときだけでなく、折りにふれて繰り返し話題にしたり、学習の機会を設けたりしたいと思います。

昨年度

32 【豊田市立元城小学校】作品を大切に「わたしのえをかえないで」 記事画像1  本校2年生は、年度初めのICT活用授業で情報モラルの学習をしている。本年度も、豊田市教材ベース「POTETO」にある「事例で学ぶ...  [2018年3月30日up!]
31 【豊田市立幸海小学校】教えちゃダメなの?    小学校2年生の道徳の授業で、ICT支援員の方に来ていただいて、情報モラルの授業を行いました。  内容は、警察だと名乗る電話口の...  [2018年3月23日up!]
30 【豊田市立古瀬間小学校】2年「おしえちゃだめなの?」 記事画像1  最近、不審者情報を耳にすることは、珍しいことではない。2年生という学年の子供たちは、自分や友達の「個人情報」の重要性をまだ...  [2018年3月23日up!]
29 【岡崎市立愛宕小学校】著作権を大切にする態度の育成 記事画像1  2年生の道徳の時間に、「事例で学ぶNetモラル」という教材を活用して、著作権について考える授業を行いました。  ネットモラル...  [2018年3月19日up!]
28 [豊田市立新盛小学校]情報モラル教育を計画的・継続的に実施 記事画像1  本校では7月の前期保護者会で、全学年で「情報モラル」の授業を行いました。  1年の実践「わたしのえをかえないで」を紹介します...  [2018年3月19日up!]
27 【大府市立東山小学校】情報モラルを考えよう 記事画像1  本校では、学級活動で、各学年、年間1時間、情報モラルの学習を行います。2年生では、著作権とネットの安全な使い方について考え...  [2018年3月13日up!]
26 【小牧市立北里小学校】 2年生の情報教育実践 記事画像1  本校2年生で、情報モラルの授業を行いました。今、スマホやインターネットに関係したトラブルや事件がたくさん起きています。しか...  [2018年3月9日up!]
25 【豊田市立朝日小学校】情報モラル教育週間 記事画像1  朝日小学校では全校が同じ歩調で取り組めるように、「情報モラル教育週間」を設定しました。情報教育担当者より学年に応じた題材も...  [2018年3月6日up!]
24 【豊田市立敷島小学校】  情報モラルの授業実践 記事画像1  1年生では、教材「わたしのえをかえないで」を取り上げ、作品ができたときのうれしい気持ちと、書き換えられたときの悲しい気持ち...  [2018年2月1日up!]
23 【豊田市立市木小学校】情報モラル学習「 情報モラルを学び、思いやりの心を育て、インターネットの正しい使い方を理解しよう 」 記事画像1  近年では、無料通信アプリやメールなどによる迷惑行為で、いやな思いをしている人や悲しい出来事が増えている。そこで、市木小学校...  [2018年1月29日up!]
情報モラル教育実践