小学校低学年

今年度

【弥富市立白鳥小学校】 みえないおともだち

記事画像1
 
 本校には、日常的にスマートフォン、タブレット、パソコンを利用している児童は多くいます。また、ゲーム、学習、コミュニケーション手段としてなど、多岐にわたりこれらを積極的に活用している様子も見られます。こうした傾向の低年齢化は進み、1年生においても同様の様子が見られます。
 そこで、10月に1年生において、子供たちになじみのある学校放送の「ざわざわもりのがんこちゃん」の中から「みえないおともだち」を教材として、「情報社会の危険から身を守るとともに、不適切な情報に対応する力」を育てることを目標とした情報モラルの授業を行いました。
 「みえないおともだち」を信じて、大変なトラブルに巻き込まれていくがんこちゃんの姿を通して、「会ったことのない人は知らない人なんだということがわかりました」「スマホがとっても危ないものだと知りました」「スマホを信じて勝手にしゃべっちゃいけないと思いました」「家の人がいないところではぜったいにやりません」など、まとめの感想には子供たちの真剣な思いがたくさん書かれていました。楽しくわかりやすい人形劇を通して、子供たちは「相手の見えない情報を安易に信じる怖さ」を学んだ様子でした。
 情報社会の中に生きている子供たちがその情報に振り回されることなく、安全に健やかに成長できるように、本校では発達段階に応じた情報モラルの指導を継続して行っていきたいと考えています。
 

【安城市立作野小学校】 ほどよいかげんで

記事画像1
 本校の2年生で、情報モラルの授業を行いました。子供たちに聞いてみると、親のスマートフォンやタブレットで動画を見たり、ゲームをしたりしている子が多く、また、使用時間などルールを決めて行っているが、なかなかルールを守れない子が多いことが分かりました。そこで、長時間ゲームをすることで、どんな影響があるのかを知り、自分の生活を見直してほしいと願って授業を行いました。
 買ってもらったばかりのゲームをやめられない主人公が、ずっとゲームをし続け、更に親にかくれて布団の中で遅くまでやり、次の日に学校の準備もできていなく、体調不良を訴えるという資料を使いました。主人公のやめられないという甘い考えに共感した上で、次の日に後悔した気持ちを考え、みんなでどのようにしたらよかったのかを話し合いました。
 最後に、心と体のためにも、「休憩を入れたり、時間を決めたりするなどのルールを家の人と決めて、それを守れるようにしたらよい」と、子供たちでまとめました。しかし、弱い心が勝ってルールが守れないかもしれないという意見に対しても、「自分たちの体や頭のためには、守らなくてはいけない。」「自分の体のためだから、少しでも守っていきたい。」などの意見が出て、ルールを守ってゲームやインターネットをするという気持ちの高まりを感じることができました。

【幸田町立中央小学校】情報モラル 低学年の取組

記事画像1
 本校では、2学期に情報モラル教室を行いました。低学年の子供たちは、情報を扱ったり、流したりする経験はまだ多くありません。しかし、低学年のうちから、情報をどのように扱えばよいのかを考えることは、情報モラルの素地を作ることになると考えました。また、2年生では、国語の学習で図鑑や本で調べたことをクイズにしてみんなに紹介していくこともあり、情報を取り扱う上で、情報はみんなで共有しているものであり、大切に扱っていこうとする心を養いたいと考えました。
 そこで、「村のお知らせ版」を資料として、道徳の授業を行いました。授業では、とらきち君がいたずらでやってしまったお知らせ版の書換えによって、友達やお知らせ版を作った村長さんが、悲しんでいる様子を見たときのとらきち君の気持ちを中心に考えていきました。子供たちは、お知らせ版にいたずらしてしまったとらきち君の心情を考えることを通して、「みんながかなしむことは、しちゃいけないと思いました」「これからは、みんなでつかうものを、みんなで大切にしたいと思いました」などの感想をもち、これからの学校生活の中でできることを考えることができました。今後、学習や生活の中で、情報を取り扱うことが増えていきます。みんなで使っているものと同様に、情報についても大切に取り扱っていこうすることができるように意識付けしていきたいと思います。

【刈谷市立平成小学校】作った人の思いを考えて行動をしよう(著作権と許諾の実践)

記事画像1
 本校でも、自分用のスマートフォンを持って、無料通信アプリなどで友達と情報交換し合う児童が、高学年を中心に増えています。そうした実態を踏まえ、低学年の頃から計画的に情報モラルの意識を高めていくことが重要であると考えます。ここでは、1年生の道徳で行った「著作権と許諾」に関する情報教育の実践を紹介します。
 授業では、人の考えたものや作ったものには、作った人の思いが込められていることを知り、許可なしに別のところで使ったり、作り変えたりしてはいけないことを理解させたいと考えました。
 そこで、『事例で学ぶネットモラル』にある物語「おじいさんの絵」を取り上げました。この物語は、主人公のうさ子が、大好きなおじいさんが入院してしまったために、おじいさんを勇気づけようと絵を描いたものの、絵が得意なぽんたがやってきて、うさ子の許可なく絵を描き変えてしまうという内容です。教師がお面を付けて役割演技を行い、電子黒板で場面絵を提示しながら、紙芝居風に物語を紹介していきました。ぽんたがうさ子の絵を描き変える場面では、実際にタッチペンを使って絵を描き変える様子を見せました。児童からは、絵を描き変えた瞬間、「ひどい!」「うさ子がかわいそう」というつぶやきが出されました。 
 物語の後半部分では、おじいさんが入院していることをぽんたに打ち明け、自分で描いた絵を渡したかったうさ子の本心を紹介しました。教師がぽんたの気持ちについて問うと、児童からは、「うさ子の絵を勝手に描き変えてしまったことはいけない!」という意見が多数出されました。こうして、親切心で行ったことでも、人のものに勝手に手を加えると相手を傷つけてしまうことがあることに気付かせることができました。
 最後に、ぽんたからうさ子に伝えたい言葉を考えました。「勝手に変えちゃってごめんね」「今度からは勝手に変えないからね」という発言からは、人の考えたものや作ったものには、作った人の思いが込められていることに気付いたことや、許可なしに別のところで使ったり、作り変えたりしてはいけないことを理解した様子がうかがえました。

【美浜町立布土小学校】 情報モラルの学習

記事画像1 記事画像2
 メール、無料通信アプリ、SNSなど、最近のインターネットをめぐる環境は、著しい進化・進展を遂げており、それにまつわる事件が多く報道されています。今や、だれもがそういった事件に巻き込まれる危険性と隣り合って暮らしているといっても過言ではありません。そこで、本校では、子供たちが情報社会に参画する態度の育成の一つとして、どの学年にも情報モラルについて学習することを、情報教育の年間計画の中に位置づけています。
 しかしながら、実際の指導に際しては、教師にとって不慣れなこともあり戸惑うことが多いのが現状です。そこで、美浜町では情報教育アドバイザーが派遣されています。最新の情報や多様なネットを利用した危険な事例や手口を、DVDを視聴させたりコンピュータのチャット機能を使って意見を共有させたりして、効果的に伝えていただいています。
 11月は、2年生と6年生の授業がありました。2年生では、パソコンでゲームをしようとして、個人情報を入力させられてしまうという場面を疑似体験しました。ある児童は、「ゲームで名前を書いたら、どこに住んでいるかということが分かると知って、ゲームというものは少しこわいと思いました」と感想を書いていました。6年生は、登場人物が生活場面で起きたことを恨み、腹立ちまぎれにうその情報をネットに書き込みをしたらどうなるかというDVDを見ました。軽い気持ちで行ったことが、大きなトラブルに発展し、それによって相手を傷つけたり、自分の信用を失ったりすることを知りました。「嘘のことをSNSに流したら大変なことになるのを知らなかった。」や「今後どうなるかを考えず、自分のことしか考えてないのは、とても自分勝手すぎると思う。相手のことも考えないと。」など、感想を書いてチャットで交流しました。便利さだけでなく、ネットの怖さを同時に学習することにより、インターネットやアプリを安全に正しく使うことの大切さを学ぶ機会になりました。
 これからも、子供たちが、インターネットトラブルの被害者や加害者にならないように、こういった実践を継続していきたいと思っています。

【豊明市立舘小学校】個人情報を守ろう

記事画像1
 本校では、各学年に応じて、情報モラルに関する指導を行っています。2年生では、個人情報保護への意識を高めるための指導を行いました。現在、ほとんどの家庭に、パソコンやタブレット、スマートフォン、ゲーム機があり、2年生の児童もインターネットを利用する機会が多くあります。そこで、友達がたくさんほしいからという理由で、自分のホームページに、名前や住所・電話番号を書き込んでしまった主人公が、トラブルに巻き込まれてしまうという動画を見せて、なぜ、こういうことが起こってしまったのかを話し合いました。「インターネットに書いたことは、インターネットがつながっているパソコンから誰でも見ることができる。」「住所を見た悪い人が、家までやってきたし、いろいろなものが、届けられてしまう。」「悪い人から電話がかかってくる。」「インターネットで友達はできない。」「こんなことになったら怖い。」「ゲームしているときに名前を入れてしまったら、変なメールが来て怖かったことがある。」など、いろいろな意見がでました。話合い後の振り返りでは、多くの児童が、「個人情報は、簡単には、インターネットに書いていけないことが分かった。」と書いていました。
 今後も、学年に応じて、情報モラルを身に付けさせるための指導を続けていきたいと思います。

【豊橋市立二川南小学校】「生きる力」をはぐくむために 〜情報モラル教育〜

記事画像1
 本校では、学習指導要領の内容を踏まえ、情報を扱う際に必要な判断力と心構えを身につけるために、発達の段階に応じた情報モラルに関する授業を行っています。
 低学年では、道徳の時間を中心に、一般的なモラルの指導を進めています。中・高学年では、実体験も取り入れながら、情報モラルが身につけられるようにしています。

 ○5年スマートフォン教室
 毎年、携帯電話会社より講師を招いて、5年生を対象に、スマホ教室を行っています。子供たちの多くは、子供携帯を持っており、保護者のスマートフォンやパソコンからインターネットに接続して遊んでいます。そうしたことをふまえ、スマートフォンや携帯電話に関わる身近なトラブルや安全に使うためのルールやマナーを学びました。授業後、子供たちから、「今まで気軽に使っていたけれど、気をつけて使わないと怖いことになるかもしれないということがわかった。」という感想が聞かれました。

 ○第2学年 道徳「いたずらがき」〜情報が予想以上に広がる怖さに気づき、よく考えて行動していこうという気持ちを育む〜
 2年生の子どもたちは、学校生活が始まって1年以上たち、交友関係が広がり更に活発になりました。友達同士の交流も盛んになり、様々な情報がやりとりされるようになってきました。この時期に情報を正しく理解したり、伝えたりする力を学級全体に広め、高めていきたいと考えて、道徳「いたずらがき」の資料を使って授業を行いました。本資料は、主人公のかばきちが、ちょっとしたいたずら心で書いたいたずらがきがもとで、友達のとらおを傷つけてしまったという話です。役割演技を取り入れたことで、かばきちが面白半分で書いたことがクラスの友達へ次々に広がってしまい、無責任な情報が拡散してしまう怖さを実感することができました。また、その原因が、ただのいたずらではなく、かばきちが黒板というみんなが見る場所に、あやまった情報を書いたことで友達を思いがけず傷つけ、大きなトラブルに発展してしまったということに気づくことができました。また、子供たちの振り返りから、「面白半分でいたずらがきをすると大変なことになる。これからは、そういうことは絶対にしてはいけない。」と自分の行動を慎むきっかけとなったようです。
 小学生のうちから、情報モラルをしっかりと身に付け、安心安全な使用ができるようにしていきたいと思います。

【武豊町立衣浦小学校】インターネットやゲーム機を正しく使おう

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 本校の情報モラル教育は、4月の保護者対象と、5、6年生対象の「インターネットの『安全』で『正しい』使い方」講座と、2学期の全学年を対象に行う「情報モラルの授業」から成り立っています。
 本年度は、4月当初に、e―ネットキャラバンを実施しました。多くの保護者の方にも参加していただき、携帯電話やスマートホンの正しい利用の方法や、自分が被害者にならないために、また加害者にもならないようにするための方法を学びました。
 2学期の情報モラルの授業は、情報アドバイザーが中心となり行いました。発達段階に応じて、学級ごとにインターネットやゲーム機の使い方を学びました。アニメーションやチェック診断を交えて、児童に分かりやすく行いました。どの子も、アニメーションに出てくる身近な例を、真剣に視聴していました。

【大治町立大治西小学校】 家庭教育学級〜情報モラル教室〜

記事画像1
 本校では、情報モラル教育の一つとして、保護者向けの家庭教育学級を開き、情報モラルについての話を聞きました。
 知らないところでねらわれているという意識をもち、被害に遭わないためには、自分の情報をむやみにインターネットに公開しないことなど、スマートフォンやインターネットを使うときに注意することを、わかりやすく教えていただきました。また、ゲームアプリで知らず知らずに料金が高額になってしまうこともあるので、家庭で使用ルールをきちんと決めることの大切さや、そのルール作りのポイントについて理解を深めることができました。
 スマートフォンやインターネットの使い方について家族で話し合い、上手に使えるようになることを願っています。

【豊田市立追分小学校】 ルールや約束を守る大切さ

記事画像1
 低学年において、教材「おかあさんとの約束」を基に、情報モラル教育につながる道徳の授業を行いました。2年生では、約束より自分の「ゲームがやりたい」気持ちを優先してしまう主人公の気持ちや様子を考えながら、主人公はどのように行動すべきであったかについて話し合い、約束を守る大切さを理解しました。
 1年生では、情報教育支援員の方と映像を見ながら、「(主人公の)けんたのよう(学校で集中して勉強できない人)にはなりたくない」という気持ちになり、約束は「自分のために守る」「人に迷惑をかけないために守る」ということを理解することができました。
 ふだんの生活の中でも、たくさんあるルールや約束。「きまりだから」「怒られるから」守るのでなく、ルールや約束の必要性を理解して行動できる追分っ子になってほしいと思います。

昨年度

37 【高浜市立高浜小】明るい心を活用した情報モラル教育 記事画像1 今年度、3年生以上の学年で、副読本である「明るい心」を活用した情報モラル教育の実践をしました。 ◆「3年生」・・・とどいた広こ...  [2017年3月27日up!]
36 【豊田市御作小】作品を大切にしよう 記事画像1  コンピュータで絵を描くのが大好きな子どもたち。出来上がった作品に勝手に描き加えをされたら…。実際に作品を描き換えられてしまっ...  [2017年3月17日up!]
35 【豊田市立御蔵小】情報教育支援員と協力して行う情報モラル教育 記事画像1  低学年の子どもたちの中にも、興味本位にYouTubeを見ている子がいることを、子どもたちの日常会話の中から知りました。さらに、自分...  [2017年3月16日up!]
34 【安城市立今池小】知的財産権・「かってに使っちゃダメなこと」 記事画像1  小学校2年生には、知的財産権という認識はほとんどないため、CDやアニメキャラクターのイラストをコピーして使っていけないとい...  [2017年3月2日up!]
33 【豊橋市立鷹丘小】個人情報を守ろう 記事画像1  「先生、昨日名札を付けたまま帰っちゃった」「でも、どうして名札を付けたまま帰っちゃいけないの?」こんな会話から、個人情報の...  [2017年2月23日up!]
32 【豊明市立中央小】人の作ったものを大切にするということを学びました 記事画像1  1年生の児童を対象に、情報社会に生きるための倫理の一つである「人の作ったものを大切にする心」を育てることを目標に情報モラル...  [2017年2月3日up!]
31 【岩倉市立岩倉北小】各学年における情報モラル教育に関わる実践の紹介 記事画像1  本校では、今年度新たに「情報モラル教育年間指導計画」を作成し、各学年がそれに従って情報モラル教育の実践をしています。その一...  [2017年2月1日up!]
30 【長久手市立西小】「じょうほう」って何?なぜまもるの? 記事画像1  2年生の児童を対象に、個人情報とは何か、なぜ守らないといけないのかを考えさせる授業実践に取り組んだ。  導入で、情報にはどん...  [2017年1月27日up!]
29 【春日井市立勝川小】情報モラル教育の実践 記事画像1  情報技術が発達してきた現在、いろいろな危険に巻き込まれるからといって、パソコン・ケータイ・スマホ等を「使わない」生活をする...  [2017年1月19日up!]
28 【弥富市立栄南小】情報モラル教室(サイバー犯罪について学ぼう) 記事画像1  携帯電話やスマートフォンを持つ児童が増えている昨今、5・6年生を対象に「サイバー犯罪について学ぼう」というテーマで、蟹江警...  [2017年1月11日up!]