公共的なネットワーク社会の構築

【刈谷市立小垣江東小学校】 情報モラル教育実践

記事画像1
 6月23日(土)に、3年生から6年生までの児童と保護者を対象に、「親子で聴く講演会」を開催しました。今年度のテーマは、「情報モラル教室〜スマホ・ネット(SNS)利用の危険性を知る」でした。
 まず「病気として認知されたゲーム依存」について、動画を見ながら話を聴きました。「課金システム」のわなにはまってしまった子供が、うそをついたり、ごまかしをしたりする中で、健康をむしばんでしまうような状態に陥っていく過程からは、「ゲーム依存」の恐ろしさが伝わってきました。
 また、これまでの最新の研究による科学的なデータを基にした、スマートフォンが引き起こす「学力破壊」「脳からの資源流出」の話の内容は、とても衝撃的なものでした。
 最後に教えていただいたのは、各家庭でスマートフォンを持たせる約束事として、「スマートフォンを使うときのルールを、子供だけでなく大人も守ります」という項目を必ず入れなければならないということです。ママがスマートフォンばかり見ていて、自分を見てくれない男の子の気持ちを表した「ママのスマホになりたい」という絵本を基にしたお話からは、まずはスマートフォンの使い方について大人が変わらなければならないということを痛切に感じました。
 講演会を聴いた子供たちは、「私は無料通信アプリをやっていますが、これからは、相手の気持ちを考えて送りたいです」「ご飯を食べるときは、家族と目を合わせながら楽しく食べたいと思いました」「スマホやゲームをやり過ぎると学習したことを忘れるということを聞いて、ぼくはゲームの時間をもっと減らそうと思いました」などの感想をもちました。
 今回の講演会は、大人にとっても、子供たちを守るために何ができるかを、改めて考える大変よい機会となりました。

【津島市立神守中学校】 情報の記録性・公開性の重大さ

記事画像1 記事画像2
 6月11日(月)全校集会の時間に「情報の記録性・公開性の重大さ」に関する講話を行いました。最近は、SNS等を用いて様々な情報をインターネット上に公開することが容易になりました。その一方で、インターネット上への安易な投稿が自分や他人にどのような影響を与えるかをよく考えず、不適切な投稿をしてしまいトラブルになることが本校の生徒においてもしばしばみられます。講話の中では、肖像権等のプライバシーの権利や、発信した情報は一度コピーされてしまうと完全に削除することが難しいことなどの話をしました。
 生徒は、映像を見ながら、それぞれの事例に対して、何が問題点でどう対処すればよいかなどを考えながらプリントにまとめました。講話後の生徒の感想からは、「個人情報の取扱いはこれまで以上に気を付けていきたい。」「相手のことを考えて、情報のやり取りをする。」等の意見や考えを聞くことができました。
 インターネットを利用する際に情報を発信してよいかどうか考え、ルールとマナーを遵守する態度を養うよい機会となりました。

【豊田市立小原中学校】SNSの使い方について話し合う道徳教育

記事画像1
 本校は、山間部にある中学校で、校外で友達と遊ぼうとしても友達の家が遠くてなかなか遊びに行けないことがあります。そのため、友達とはSNSでコミュニケーションをとったり、オンラインゲームで遊んだりすることが多くなっています。それに比例して、いじめにつながる書き込みなど、SNSによるトラブルの心配も増えています。
 そこで、本校2年生30人を対象に「SNSの使い方について話し合おう」という道徳の授業を行いました。小学校時代の親友がネットいじめにあっているという読み物資料から、自分が主人公の立場だったらどうするか話し合いました。「親友がいじめられているのを無視できない」「でも、自分がいじめの対象になるのが怖い」など、率直な意見が多く出されました。そして、「親友を助ける書き込みをいくらしても炎上するだけ。ネットでの問題はネットでは解決できない」「親や先生など、信頼できる大人に相談することが大切」という結論を導き出すことができました。そして、SNSを上手に活用するためにはどうしたらよいのか考えを深めました。
 相手の顔が見えなかったり、匿名であったりするSNSで、文字だけで気持ちを伝えることの難しさを知り、生徒はSNSにおいても相手を思いやる言葉遣いを大切にしていこうという思いを強めることができました。

【一宮市立萩原中学校】スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 「スマホ・ケータイ安全教室と人権について」と題して、携帯電話会社から講師の方をお招きし、インターネットの特徴や危険について話をしていただきました。
 ・情報は世界中に公開されていること
 ・一度載せた情報は消すことができないこと
 ・個人情報の特定がされてしまうこと
などをお話されました。
 顔の見えない相手とのメールのやり取りでは、受け取り方の違いもあるため、送信する前に自分の入力した文章を確認することが大切であると学びました。また、中学生・高校生にとって身近なSNSを利用したトラブルや、ささいな言葉のすれ違いから発展するいじめの事例といった動画を視聴したときには、生徒は登場人物に自分を重ねながら真剣に見入っていました。
 中身の濃い会となりました。

【日進市立日進西中学校】 情報モラルの出張授業

記事画像1 記事画像2
 本校では、毎年6月から7月の間で、「生活安全教室」を行っています。携帯電話会社の方をお招きして、情報モラルについての授業を行っていただきました。

 内容は、
 1 インターネット上に掲載している写真によって、風景の中からでも本人や住んでいる地域、家までもが特定されてしまう恐れがあること。
 2 無料通話アプリによって記入された文章によって、友達とのトラブルに巻き込まれてしまうこと。また、意図せずトラブルを生み出してしまうこと。

 情報が簡単に手に入る時代だからこそ、個人情報も簡単に流出してしまうことや、犯罪などに巻き込まれてしまうことなどを学ぶことができた授業でした。

【北設楽郡設楽町立名倉小学校】スマホ・ケータイ安全教室

記事画像1
 10月26日(木)に、スマホ.ケータイ安全教室を実施し、携帯電話会社の指導員の方に話をしていただきました。4、5、6年生が参加し、インターネットやスマホ、ケータイでできることは何か、どのように使えばよいのかについて、分かりやすく説明していただきました。
 ゲーム機を通してインターネットを使う子が多く、ゲームだけのつもりでもつながってしまうことがあるので、注意が必要であると感じました。
 インターネットは、簡単に情報を取り入れたり、交換したりすることができますが、
1.個人情報が見られてしまうこと
2.一度発信された情報を完全に消すことができなくなること
3.うその情報もまぎれていたりすること等があり、危険も潜んでいるということを教えていただきました。

<児童の日記より>
○特にわたしがびっくりしたのは、SNSのことです。個人情報を書いてしまうと世界中の人に見られてしまうことがわかってびっくりしました。動画等を見ながらたくさんのことが分かりました。これからは使い方に気をつけたいです。
○これから気をつけたいことがあります。ぼくは、ゲームが好きなので、今日の安全教室で見たドラマのように、お母さんに聞いて、「やっていいよ。」といわれたらやって、「だめ。」といわれたらやらないように気をつけます。
 
 今日教えていただいたことを忘れずに、これからも安全にインターネットを使うように意識していきたいと思います。
情報モラル教育実践