公共的なネットワーク社会の構築

【扶桑町立高雄小学校】 情報モラル教育『インターネットの正しい使い方を学ぼう』

記事画像1
 高雄小学校では、全学年を対象に「正しく情報を取り扱うこと」を目標に情報モラル教育に取り組んでいます。
 3年生では、「インターネット上の情報について」という課題に取り組みました。子供たちは、日常、スマートフォンやパソコンを使ってインターネットを利用しています。しかし、インターネット利用による困ったことも増加傾向にあります。動画を見たり、検索をしたりして、当たり前に活用している現状のため、最初は、調べ学習を行っても、ためらいなくインターネットで検索された情報をうのみにしている児童もいました。
 インターネット上には、間違った情報や古い情報も存在します。子供たちは、情報モラルのソフトを使って、インターネット上の情報がすべて正しいわけではないということを知りました。また、すべてインターネットに頼るのではなく、実際に人に聞いたり見たり、本で調べたりすることも大切であることを学びました。さらに、動画を見たり、ゲームができたりして楽しい反面、いろいろな危険も潜んでいることを知り「次からは、何でも自由には見ないようにしたい」「お家の人と使うようにしたい」という感想が出ました。
 高雄小学校では、他学年でも「知らない人とのインターネット上でのやりとり」「画像や動画の投稿」「インターネット上のいじめ」などの危険性について学んでいます。今後も、様々な角度から情報に対する責任感や危険性を認識させたり、情報を上手に利用して望ましい情報社会を作り上げていく態度を育てたりしていきたいと思います。

【刈谷市立朝日中学校】スマートフォンの便利さに潜む怖さを学びました!

記事画像1
 スマートフォンや携帯電話によるトラブルが絶えません。特に、生徒が家庭に戻る夏休みは、スマートフォンや携帯電話を使う機会が増えるため、トラブルを未然に防ぐ必要があります。
 本校では、7月に「スマートフォンや携帯電話の安全な使い方」というテーマで「スマホ教室」を全校生徒対象に実施しました。今年は、縁(ゆかり)エキスパートから講師をお招きし、スマートフォンや携帯電話の便利さに潜む怖さについて教えていただきました。「投稿した動画から、誰が載せたのか分かってしまう」「相手の評価を下げることをメッセージアプリに書き込むと罪に問われる」「スマホ依存は生活面だけでなく、体にも悪影響が出る」など、ショッキングな現実を知りました。また、「カメラアプリのGPSは、OFFにする」「メッセージは誤解されないか、もう一度読んでから相手に送る」「うその情報を上手に見極める」など、トラブルに巻き込まれないためのポイントをたくさん学びました。講話会の後、生徒たちは、「講話会で学んだこと」と「感想」をプリントにまとめました。
 生徒たちの感想には、「アプリの偽物の話は、偽物があるということを知らないとダウンロードしてしまうと思うので、これからはよく調べてからダウンロードしたいと思います」「私はスマホを持っていないけれど、いつか持つことがあると思うので、そのときにトラブルに巻き込まれないように今日の話を覚えておきたいです」など、学んだことをこれからの生活に生かしたいという感想が多く見られました。
 朝日中学校の校訓は「まごころ」です。校内だけに限らず、ネットという世界でも、まごころあふれる行動が見られることを期待しています。

【扶桑町立扶桑中学校】スマートフォンとの付き合い方を考えよう

記事画像1 記事画像2
 ここ数年、情報端末の主流は携帯電話ではなく、スマートフォンであり、その機能は日々変化しています。生徒が最初に手に入れる情報端末も、スマートフォンがほとんどです。現在では、スマートフォンを利用してSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をはじめ、インターネット上に自分のプロフィールを公開したり、情報発信を行ったりすることができるようになりました。また、会ったこともない世界中の人と手軽に交流できる特徴があります。
 本校でも、SNSを日常生活の中で頻繁に使用している生徒が多くいます。連絡手段として有効に利用できる一方で、SNSが生徒間のトラブルの原因となることが多いことも事実です。情報を受け取る側の気持ちを考えず、自分が思った意見をそのまま投稿したり、言葉足らずの文章で誤解を与えてしまったりするなどの事例が発生しています。
 そこで、授業実践ではスマートフォンの利用方法について、「考えよう、ケータイ・スマートフォン 〜情報モラル授業プログラム〜」(NPO法人企業教育研究会発行)の映像教材を用いて学習し、利用にはどんな問題点があるのか客観的に考え、自分が利用するときの注意点を考えるきっかけとしました。
 自分とスマートフォンとの付き合い方について、生徒の感想には、「人の個人情報を無断で送らないようにする」「あまり知らない人とメールやSNSをしない」「自分の個人情報は流さず、書き込むときの言葉も考えたい」「トラブルに巻き込まれないように、親と相談するようにする」「スマートフォンに夢中になりすぎて、人間関係や現実の生活に支障をきたさないようにしたい」など多くの意見が出ました。生徒は、使い方のルールやマナーについて知ってはいるものの、実際の生活の中では十分気を付けることができていないことを理解できたと思います。

【豊橋市立豊城中学校】 目指せ!「賢い」メディアユーザー!

記事画像1
 現代の私たちを取り巻く社会は、ICT技術の驚くほどのめざましい発展や,多様化したメディアにあふれています。しかも子供からお年寄りまで、誰でも気軽に利用・操作できるメディアツールの簡便性には目を見張るものがあり、誰もがその恩恵にあずかりながら暮らし、私たちの生活に密接なつながりをもって存在しています。中学生も例外ではなく、多くの生徒がパソコンや携帯電話、スマートフォンやタブレット端末など、自分専用のメディアツールを持ち、大人よりもすばやく操作を身に付け、自在に使いこなしている様子がうかがえます。
 しかし、気軽で便利に使える反面、中学生はモラルや使い方がまだまだ未熟で、その未熟さに由来する人間関係のトラブルを招いている状況が、どの学校でも頻繁にみられるのが現状です。そのような状況を受け、本校でも例年2年生で「ケータイ教室」の出前講座を行ってきましたが、今年度は対象を全校に広げ,保護者や健全育成会にも参加していただき、7月18日に「スマホ教室」を実施しました。
 講座は、日常生活にありがちな事例の紹介からスタートし、その後、話の流れの中で、スマホアプリには本物と偽物があることを教えていただきました。これについては、参加した大人よりも生徒の方がよく知っており、真がんの見極めも大多数ができていることに驚かされました。
 しかし、何気なくアップしたSNSの写真のデータから、容易に場所や個人情報が特定できるなどの簡便性の裏側に潜むぜいじゃく性に対しては分かっていない部分も多く、認識の薄い私たちの身近な生活がいかに危険と隣り合わせであるのかを、講師のお話やスライドから学び、大人も生徒も認識を新たにすることができました。
 時代の流れで、メディアツールと関わりのない生活を送ることは、現状ではもうほとんど不可能ともいえる現代。その中でメディアと「安全に」関わり、「うまく」活用する「賢い」ユーザーに大人としてならなくてはならないと思うと同時に、生徒も賢く育てていかなければならないと思いを強くしました。

【愛西市立佐織西中学校】情報モラル教室

記事画像1
 講師の方をお招きして、「情報モラル教室」を開催しました。情報モラル学習は毎年一度開催をしています。
 生徒の実態として、自分のスマホは所有していなくても、保護者のスマホやゲーム機、家庭のコンピュータなどを使用して、インターネットを使用している人が多数いる状況にあります。そのため、使用に当たっての危険性について知り、自らの使用の仕方について振り返ることは非常に大切な時間であると考えます。
 今回の教室では、様々な機会において、インターネットにつながる生活であることを知り、インターネットの以下の六つの特徴を学びました。
1 世界中に公開されること。
2 情報がずっと残ること。
3 匿名ではないこと。
4 情報が不確かであること。
5 不正なアクセスがあること。
6 公共の場であること。
 インターネットの情報発信、公開、交流において「被害にあわないためにどうすればよいのか」を具体的な事例をもとに考え、理解することができました。また、トラブルの危険に巻きこまれた際にどうすればよいか知ることができました。
 また、文字を使ったコミュニケーションにおける誤解の危険性についても自分のこととして考え、理解を深めることができました。
<生徒の感想>
 ・今までもインターネットの危険性についての勉強をしたことがありますが、インターネットが匿名ではないということを初めて知りました。自分の言葉に責任をもたなくてはいけないと思いました。
 ・インターネットの情報を発信したり、公開したりするとき、本当に気を付けないといけないことを改めて知ったので、よかったです。
<保護者の感想>
 ・スマホを購入するかどうかを悩んでいたところだったので、とても有意義な時間となりました。
 ・スマホいじめなど、とても心配な問題があると思った。気軽に使える道具であることで、危険性や責任感をしっかりもてないところがある。今日の講座は、そういう意味でも、子供たちが危険性をよく理解したと思います。

【清須市立春日中学校】 携帯安全教室

記事画像1
 近年、インターネットやSNS等を利用してコミュニケーションをとる生徒が多くなってきました。しかし、ルールとマナーを守らなければ、トラブルに巻き込まれたり、友人を傷つけたりする恐れがあります。
 そこで、スマホやSNSの正しい利用の仕方を身に付けさせるために、NTTドコモの方を招いて、2年生を対象に「携帯安全教室」を実施しました。スマホの利用については、スマホを利用したことがある生徒が100%、自分のスマホを持っている生徒が50%程度でした。生徒はふだんから使っているので、真剣に話を聞くことができました。実際に起こったSNSのトラブルを教材にして、「トラブルはどうしたら防げるのか」「SNSはどんなことを守って使うべきか」をクイズ形式で教えていただきました。生徒は、「スマホは便利なものだけど、使い方によっては、被害者にも加害者にもなる危険があることを忘れずに、スマホを使うようにしたいです。」「これからは、家族との約束を確認したり、友達同士でルールを決めたりして、スマホなどに対して、もう一度深く考えて利用していきたいです。」という感想をもちました。
 今回の「携帯安全教室」で学んだことを生かし、これからも正しく、安全にスマホやSNSを利用することを願います。本校では、今後もこうした取組を継続していきたいと思います。

【岩倉市立曽野小学校】 サイバー犯罪防止教室

記事画像1
 江南警察署の方から話を聞き、インターネットや携帯電話、スマートフォンを使う上での注意点や、危険な面について学びました。岩倉市の携帯電話やインターネットに関わる事件や犯罪についての現状を知り、保護者にも参加していただくことで、トラブルについて親子で考えていただく契機としました。
 特にパソコン・スマートフォンなどで普及している、『YouTube』に自分の動画を投稿する児童がいたことで、その危険性の喚起や注意を行うことと、保護者会等で近隣小学校付近に動画を投稿する不審者の存在が危険視される声が多く言われ、岩倉市を管轄している江南警察署から現状の危険性と安全策、個人ができる対策を指導していただきました。 保護者にも多く参加いただき、よい啓発活動になりました。児童には良好な人間関係の築き方と、問題行動をすると犯罪になるという注意喚起をしていただきました。児童と保護者には、岩倉市で不審者に盗撮などの行為をされたらどのように対応すると良いのかを、実際にあった事例をもとに話を聞きました。デジタルカメラを使用している不審者に出会ったら関わらずに逃げて、盗撮を感じたらすぐに警察に電話をするなどの対応の仕方を学びました。保護者の中に、実際にデジタルカメラをもった不審者と遭遇したときに、どのように身を守るのかを知りたがっていた方が多かったので、このような取組は大いに好評でした。
情報モラル教育実践