ねらい

社会奉仕

【豊田市立道慈小学校】体験活動による豊かな心の育成

記事画像1 記事画像2
1.道慈山観音寺清掃
 本校では、隣接する地域の文化財である「道慈山観音寺」の清掃を行っている。地域の方々とともに、1年生から6年生までの全員で、境内の落ち葉掃き掃除を行う。地域の一員としての気持ちを高めるとともに、地域の文化を大切にしようとする気持ちを高める活動となっており、地域の方からもこの活動の継続を期待されている。そこで、児童会の環境委員会が中心となり、春と秋の年2回、縦割り班(異学年の児童で構成している班)活動として、活動を継続している。上級生は、下級生をリードしながら、全校児童が一つのことを成し遂げることができるように支援している。

2.衣丘小との交流(都市と山間の教育交流事業)
 衣丘小学校との交流は、本年度で8年目を迎える。7月と11月に交流会を開催し、「ふるさと小原」のよさを再認識するとともに、衣丘小学校のすばらしさについて学ぶ。大勢の人の前で発表したり、大勢の人の中に入って活動したりすることが少ない本校の児童にとっては、社会性を身に着ける絶好の機会となっている。7月の交流会では、衣丘小学校の5年生を招き、「歓迎集会」「小原和紙の紙すき体験」「五平餅づくり」を行う。11月の交流会では、本校の児童が衣丘小学校の大人数の学級に入って一緒に学習したり、みかん狩りを行ったりする。毎年、この交流が、都市と山間の文化や環境の違いを感じ取ったり、コミュニケーション能力を高めたりする機会となっている。特に、高学年の児童には、大勢の人の前で、自信をもって発表したり説明したりする力を身に付けてほしいと考えている。

【豊橋市立羽根井小学校】大切にしよう、わたしたちのふるさと〜牟呂用水浄化活動〜

記事画像1
 平成30年11月28日(水)に、「牟呂用水浄化活動」が、羽田中学校・花田小学校と合同で行われました。羽田中学校区の小中学校が連携して牟呂用水の清掃を行うことで、牟呂用水を築いた先人の遺業を知り、地域の歴史に触れる機会とする目的で行われています。今年度で5年目となる「牟呂用水浄化活動」は、4年生と中学1年生がグループを組み、縦のつながりを大切にするとともに、環境教育の一環として実施することになりました。
 活動の振り返りとして、子供たちからは、「ごみをたくさん入れていたら、ごみ袋が破れてしまったけれど、中学生のお兄さんが『いっしょに集めよう』と言ってくれました。みんなで協力して、牟呂用水はきれいになったと思います」「この清掃活動を通して、地域に役立てたことがうれしい。ぼくたちの力でいつまでも大切にしたい」などの感想が出されました。
 自分たちの郷土を大切にし、国や郷土を愛する心の育成に大きくつながる活動であるので、今後も3校協力のもと、継続的に取り組んでいきたいと思います。

【小牧市立小牧小学校】地域の方々のご協力を得て

記事画像1 記事画像2
 本校では、地域の方々の御協力により、年間を通して、様々なボランティア活動が行われています。
 図書の読み聞かせ、蔵書の整備作業、花壇の整備、調理実習やミシンの学習の補助(家庭科)、昔の生活の話を伺う会の講師(中学年社会科)、昔の生活や様子を学ぶ時間(生活科)、コマまわしやだるま落とし、羽根つきなどの昔の遊びのボランティア、そして、学期末のトイレボランティアと多くの活動に、延べ180名を超える方々が参加してくださっています。
 児童にとって、地域の方々と一緒に遊んだり話を伺ったりしてふれあうことを通して、地域に育つ子供たちの心を耕す重要な取組になっています。

【小牧市立光ヶ丘小学校】読み聞かせ 〜地域の活動を通して〜

記事画像1 記事画像2
 小牧市の地域で活動している「読み聞かせサークル」の方に、家庭科の「エコバッグ制作」や総合的な学習の「菜種の種まきから収穫」など、学校の多くの教育活動等において、様々な形で支援をしていただいています。全学年を対象にした「読み聞かせ」については、多目的室を利用して、拡大版の紙芝居や演劇を取り入れながら、優しく、時には激しく、児童の心に響くように、数々の話を語ってくれます。
 これらの「読み聞かせサークル」の活動に触れることで、子供たちが、人の温かみや思いやる気持ちをもち、学校や家庭、地域を大切にする心を育んでほしいものです。

【豊田市立若園中学校】 心もきれいに 美化ピカ活動

記事画像1
 本校では毎年、全校生徒が地域に出かけて清掃活動「美化ピカ活動」を行っています。
 地域との橋渡しをしている、「地域メッセンジャー」が、自治区に出かけ、区長さんと打合わせを行っています。「○○神社の落ち葉が多くて手伝ってほしい」などの地域の声をもとに、3年生がリーダーになって、当日の活動内容を考えました。
 当日は、地域に出かけて、3学年が縦割り活動で清掃を行いました。
 地域の方から、「中学生が来てくれて助かる」「中学生が地域のために活動する姿を見ているととてもうれしい」という声をいただきました。感謝の声を励みにして、地域を愛する心と、勤労奉仕作業をする尊い心を磨いています。
 地域からも生徒からも、「ぜひ来年も」という声が上がる活動です。

【西尾市立吉良中学校】 あふれる愛の実践

記事画像1
 「人間愛の精神」と「思いやりの心」の大切さを理解し、自他ともにかけがえのない存在であることを自覚するために、全校研究授業で、2年生がマザーテレサの「あふれる愛」を実践しました。
 また、本校は、授業力の向上をねらいとし、教師が交代で学年の全学級を回って授業を行う「ローテーション道徳」を取り入れ、3人で1教材を研究しました。今回は、全校研究授業ということで、ティーチャー1の実践を基に事前の発問を再検討し、ティーチャー2が授業を実践しました。その授業について、本校が招へいしている講師の先生に、御指導をいただきました。事前の研究全体会では、練り上げた指導案を全職員に提示し、ねらいや手だて、授業の流れ、発問などを共通理解して全校研究授業に臨みました。
<生徒の振り返りから>
・最初は、路上で死にそうな人がいても、「自分のことで精一杯だから、助けられない」という意見でした。でも、今日の授業でどんな人にも命があり、人間らしく最期を迎えるということが幸せなんだと思いました。私もマザーテレサのように他人の命を尊重できる人になりたいです。
・マザーテレサは、誰もが幸せでいてほしいと心から望んでいるということが分かりました。私も他の人への優しさを忘れず、助けを求められたら助けたいです。

【豊田市立朝日丘中学校】豊かな心を育む〜朝日丘人権集会の実践〜

記事画像1 記事画像2
1.人権集会を通じて、豊かな心を育む
 本校では、毎年12月に「人権集会」を行い、様々な講師を招いて人権について考える機会を設けています。講師として、伊藤真波(いとうまなみ)さんをお招きしました。伊藤さんは、学生時代、不慮の事故に遭われ、右腕を複雑骨折し切断、絶望の淵に立たされながらも、看護師になるという夢を実現しました。その後も、色々なことにチャレンジし、北京パラリンピック、ロンドンパラリンピックにも競泳の100メートル平泳ぎ選手として出場しました。その後、御結婚され、一児の母となった伊藤さんによる講演が行われました。
 伊藤さん御自身の経験から、「ありのままに」「自分らしく」生きる大切さを教えていただき、最後に弾かれたバイオリンの音色は感慨深いものがありました。そして、公演の終わりには「キラキラした人生を歩んでほしい」という伊藤さんからのメッセージがありました。
 また、生徒からは、「今しかできないことをがんばり、笑って歩んでいきたいです。自分と向き合う時間を大切にしていきます」という言葉がありました。
 この「人権集会」を受けて、「伊藤さんの話で心に残っていることは、支えてくれている人が必ずいるということです。伊藤さんが夢をあきらめなかったのは、家族や先生の支えがあったからこそなので、身近にいる人を大切にしていきたいと思いました。また、その人たちに恩返しをしたいという気持ちが生まれることで、その夢に向かって今まで以上にがんばっていくことができるかなと思いました」という感想や、「ありのままをさらけ出して生きていくことは勇気が必要だけれど、とてもかっこよいと思いました。また、伊藤さんを支えてきたお父さんお母さんはすごいと思った」といった感想をもつ生徒もいました。「諦めない心」をもつことの大切さや「周囲への感謝」を忘れないことの重要性を再確認することができました。

2.高齢者の方との交流を通じ、地域とのかかわりを大切にして地域に貢献できる生徒を育てる
 本校の3年生は、毎年、ボランティア体験として、高齢者の方々との交流の機会を設けています。「認知症サポーター養成講座」を受講し、認知症についての正しい理解と、接し方の気遣いを学びました。そして、道徳の授業では「一冊のノート」を実践し、中学生の主人公が認知症の祖母に対してどのように接していくことがいいのか、考えながら授業に臨むことができました。
 高齢者の方々との交流では、独居老人のお宅へ伺って家の片付けを手伝ったり、話し相手になったりして意欲的に活動することができました。そこで、「認知症サポーター養成講座」や、道徳の授業で学んだことを生かして、お年寄りの声をよく聞いて、どんなことに困っているのかを考えながら接することができました。
 この活動を通して、今後も、地域のお年寄りの方との交流を継続したいと考える生徒を育むことができました。

心の教育推進活動