学校での話

【高浜市立吉浜小学校】吉浜の伝統!菊人形作りを通して

記事画像1
 高浜市吉浜地区は、江戸時代から脈々と受け継がれている細工人形(愛知県無形文化財)の町です。本校では、毎年「まちづくり協議会」に属している地域の方々の協力を得て、3年生以上は、一人一鉢の菊作りをしています。子供たちは、菊の成長の様子を観察しながら世話をし続けました。ものさしを片手に「また大きくなったよ」と喜ぶ子、「元気がないよ」と心配する子など、菊栽培を通して生命の尊さを感じ取った子供たちでした。菊栽培は難しく、病気になった菊もありましたが、まちづくり協議会の方々が、こまめに手入れをしてくださったおかげで、今年もきれいな花を咲かせました。
 4年生では、学級園で育てた菊で菊人形を制作しました。今年度の菊人形は、御当地グルメキャラクターの「めしどりちゃん」と食育マスコットキャラクターの「カワラッキー」一家です。まちづくり協議会の方々から、菊人形の作り方を教わって計4体の菊人形を制作しました。菊人形は、育てた菊の鉢とともに、11月に開催された「人形小路 菊まつり」にて展示され、町を彩りました。
 菊人形としての役目を終えた人形は、12月に細工人形として生まれ変わりました。4年生の希望者が休日に集まって、まちづくり協議会の方々と一緒にデザインを考え、紙や石膏、貝殻などを貼り付けて制作しました。現在、本校の玄関に展示され、子供たちの成長を見守ってくれています。子供たちは人形制作を通して、伝統を受け継いでいくことの大切さや地域の方々の協力のありがたさを知ることができました。この経験を生かして、自分の町に誇りをもち続け、よりよい町づくりに貢献できる大人へと成長していくことを願います。

【刈谷市立富士松東小学校】 朝のほめほめシャワー

 朝の会で日直が、「ほめほめシャワーをしましょう」と言うと、全員が立ち上がる。二人の日直は、教壇に立つ。そこから3分間、タイマーのカウントダウンが始まると、みんなが一斉に手を挙げ、相互指名が始まる。そして、日直のよいところを発言していく。
「A君は、いつも友達を誘って外に遊びに行くのがいいね」
「Sさんは、字がていねいでいいね」
「A君は、いつも算数の発言を頑張っているね」
「Sさんは、体育の鉄棒をすごく頑張っていたね」
「A君は、健康観察の返事がいつも大きくていいね」
 男女関係なく、どんどん褒め合う。話すときのルールは、褒める人の顔を必ず最後まで見ながら言うこと。友達に目を見ながら褒めてもらうと、褒められた側は、照れくさそうにほほえんだり、うなずいたり、「ありがとう」と小さな声を返したりしながら聞いている。子供たちの褒める内容は、素朴で、素直で、温かい。時にはその子にしか分からない習い事での情報まで出てきて、よく見ているなあと感心させられることもある。
 発言し終わるごとに着席していき、ほぼ3分間で全員が座る。その後、日直が挙手をし、感想を言う。
「みんなに褒めてもらえてうれしかったです」とA君。
「朝から褒めてもらえて、今日一日元気に過ごせそうです」とSさん。
ここで、全員発言も達成!
 朝のほめほめシャワーの時間は、教室全体が温かく心地よい雰囲気に包まれる素敵な時間です。

【刈谷市立東刈谷小学校】サプライズ

記事画像1
 2時間目の授業開始前のことです。何人か姿が見あたらない。クラスの子供に問いかけるが、教室にいる子供たちも首をかしげている。すると、A君が突然廊下から「先生!」と言って、教室に入ってきた。A君はニコニコしている。続いて、Bさんが大きな声で歌を歌いながらバースデーケーキを持って、教室に入ってきた。実は、Cさんの誕生日。そのサプライズが始まったのである。教室にいるみんなも一気に「なるほど」と笑顔になって手拍子を始めた。教室にいる子供たちも、すぐに反応して、手拍子で協力できるところがすてきだなぁと思った。Cさんを囲んで歌を歌った後、みんなで記念写真をパシャリ。ほんの2〜3分の出来事だったが、みんなが笑顔になるとても幸せなひとときだった。登校してすぐに「ハッピーバースディ係」が集まり、超高級品のケーキ(※粘土)の準備を自分たちでしていたようだ。自分たちで話し合い、係の仕事を進めていく高学年らしい頼もしさと、誰かを喜ばせるために行動しようとする姿に、とても心が温まった。たった少しの時間だったが、全員が笑顔になる素敵なひとときを過ごすことができた。

【春日井市立篠木小学校】縦割り班活動「フレンドタイム」

記事画像1 記事画像2
 本校には、6年生を中心とした縦割り班活動の「フレンドタイム」があります。異学年が学年を超えて仲良く交流するために、学期に数回、外や教室で遊びます。その中のひとつに、「篠木夏まつり」があります。縦割り班の全員が、それぞれの立場や学年にふさわしい責任を果たすことをねらいとし、6年生が企画した宝探しや迷路、クイズなどのゲームをみんなで創ります。アイディアいっぱいのおもしろいゲームを創りあげていく中で、今年も6年生の思いやりのある行動に心が温かくなりました。景品作り担当の低学年には、折り紙の折り方を、勧誘担当の中学年には、たくさんの人を呼ぶ秘けつなど優しく教えていました。一緒にゲームを作る5年生は、きっとそのような6年生の姿を頼もしく思ったことでしょう。下の学年の中には、「6年生ってすごいな」と自分たちもあのようになりたいと憧れる子もいました。6年生も全員が責任をもって取り組まなければ成功しません。この活動を通して、一人一人がみんなをひっぱっていく大変さを感じながら、最高学年としての自覚が更に芽生えたことと思います。

【春日井市立鳥居松小学校】心を育む異学年交流

記事画像1
 本校は、児童間の異学年交流を活発に進めることを目的とした縦割り活動を行っています。全校児童の1〜6年生までが所属できるように、「なかよし班」と呼ばれる班が編成され、6年生がリーダーとなり、1年間を通して様々な活動をしています。なかよし班の最初の活動は、5月頃に行われる「なかよしウィーク」です。それは、6年生が遊びの計画・進行を行い、休み時間中になかよし班のメンバーが仲良く遊べることを目的としています。リーダーとしての資質が日に日に高まっていくとともに、メンバーの絆(きずな)の深まりが見られるようになります。
 秋には、「いちょうまつり」が行われます。楽しいお祭りになるように、「おばけやしき」や「ストラックアウト」などをなかよし班のメンバーで相談し、協力して計画・準備をしていきます。祭りの日は、なかよし班のメンバーで会場を運営したり、スタンプラリーに挑戦したりしながら、楽しい時間を過ごします。同時に開かれるPTAバザーに来た保護者にも、祭りを参観していただきます。
 これらの異学年交流を通して、高学年はリーダー性を、低学年は協力することの大切さを学び、お互いが思いやりの心を磨き合う機会となっています。

【幸田町立北部中学校】北中の『愛されキャラクター』誕生

記事画像1
 本校の生徒たちは、これまで生徒会を中心に、「一生懸命はかっこいい」を合い言葉として、学校生活を送ってきました。今年度は生徒会が全校生徒から「北中の愛されキャラクター」を募集することにしました。いろいろなキャラクターの応募があり、最終案を3つまで絞りました。教員を含む全校生徒たちで投票して決まったのが、1年生女子が考案した「サニーちゃん」でした。ひまわりの花をモチーフにした、まさに「愛されキャラクター」そのものといった雰囲気が、支持を集めたのでしょう。
 「サニーちゃん」は、主に生徒会新聞に登場しますが、大きな垂れ幕に描かれて、生徒玄関に飾られています。これまでの「一生懸命はかっこいい」だけでなく、「さわやかなあいさつの広がる学校」「歌声の響く学校」「無言で清掃に取り組める学校」など、北中生に意識してもらいたいことは、たくさんあります。「サニーちゃん」は、今日もにこやかに、いろいろなメッセージを、生徒会執行部の生徒たちと一緒に、北中生に語りかけています。これからも北部中学校の一員として活躍してくれることは間違いないでしょう。そして、自分たちの選んだキャラクターを通してのメッセージは、これまで以上に生徒たちの心に響くようになることでしょう。

【設楽町立田口小学校】お正月遊びを教えてもらったよ 〜昔遊びの会〜

記事画像1
 本校は、山間(やまあい)にある全校児童58名の小さな学校です。地域の中に、さわやかなあいさつの声を響かせようと児童会が中心になって呼びかけ、地域の方も温かく声をかけてくださいます。
 12月11日(月)、田口地区コミュニティの方々に、こま回し、羽子板、めんこ遊び、お手玉など、昔のお正月遊びを教えていただきました。毎年恒例となっており、学年が上がるにつれて上手にできていました。繰り返し練習する子、いろいろな技に挑戦する子、自分なりに遊び方を工夫する子、それぞれ地域の方に教えていただき、お正月遊びを満喫しました。午後の2時間があっという間でした。
 これらの遊び道具を一人一人にいただいたので、子供たちは、「帰ったらお母さんに見せる。」「お正月に親戚と遊ぶよ。」と、とても喜んでいました。地域の方々が自分たちを見守っていてくれることにも気付けたと思います。

【知多市立旭北小学校】 全員参加の道徳授業

記事画像1
 来年度からの道徳の教科化に向けて、「考え、議論する道徳」となるように、6年生で研究授業を行いました。
 考え、議論するために、二つの工夫をしました。道徳の授業に限らず、自分の意見を発表できない児童は多く、そんな児童でも、考えを表現できるように、青赤黄色の3色のプラスチックコップを使って授業をしました。発問に対してYES(青)・NO(赤)・どちらとも言えない中間の考え(黄)の三つの立場を、色で伝えられるようにしました。
 次に、より多くの友達と意見を交わせられるように、3色のコップを持ち自由に歩き回って、友達と意見交換をしました。違う色の友達の考えや、同じ色でも考え方の違う友達の意見を聞き、自分の考えが深まったり、大きく変わったりした児童もいました。この意見交換の5分間という時間は、児童が自分たちの意見を伝え聞くのに十分な時間であると考え、決めたものです。児童は自分たちで決めた時間を十分に使って、男女の差なく、主体的に意見交換をすることができました。授業後、何人かの児童が「楽しかった」とつぶやいたのが印象的でした。
 友達と考え、議論する中で、より深く道徳の価値を理解できるという、新たな道徳の可能性を感じた1時間でした。

【一宮市立葉栗小学校】読書を通じて思いやりの心を育む

記事画像1
 本校では、「いのち・ちしき・きれい」を合い言葉に様々な活動に取り組んでいます。
 その活動の一つとして、読書を通じて「ちしき」を広げ、「きれい」な思いやりの心を育もうと年間を通じた読書活動を続けています。朝の読書活動、ボランティアの方や図書館司書教諭による読み聞かせ、図書委員による本の紹介などにより、全校児童が読書を楽しんでいます。
 また、季節ごとの取り組みとして、6月には「あじさい読書」、11月には「いちょう読書」、2月には「つくし読書」が開催されます。段階を踏みながら本を好きになり、「ちしき」を広げ、深めていくことを年間の目標にしています。この期間中には、ペア学年による読み聞かせや読書郵便が行われます。
 3年生のA君は、読書郵便の企画で4年生に紹介する本がなかなか見つからず悩んでいました。悩んだ末に決まった本の紹介文を、はがきに時間をかけて丁寧に書きました。どきどきしながら4年生にはがきを渡すと、4年生は目を輝かせて、「この本を読んでみたかったの!どんな本だった。教えて!」と言ってくれました。A君はうれしくて、4年生の児童といつまでも話していました。その日の帰りの会で、「今日のよかったこと」を紹介するときのことです。Bさんが手を挙げ、「今日、A君が書いたはがきを受け取った4年生がとても喜んでいました。A君が一生懸命に書いたはがきを気に入ってもらえて私もうれしくなりました。A君、よかったね。」と発表しました。教室は拍手に包まれ、A君は恥ずかしいようなうれしいような表情をしていました。
 これからも、子供たちの思いやりあふれる豊かな心を育むため、充実した活動を工夫し推進していきたいと思います。

【豊明市立中央小学校】保健委員会の活動「ふわふわことば」

記事画像1
 本校の12月の生活目標は、「人にやさしくしよう」です。12月の保健目標も「周りの人にやさしくしよう」です。どちらも、12月4日から10日の人権週間に合わせて考えてきているものです。
 今年は、保健委員会が新しい取組を行いました。保健目標のPR活動のときに、周りの人たちに「ふわふわことばを伝えよう」という活動をしました。「ふわふわことば」とは、自分がやさしくしてもらったときに、言ってもらえてうれしい気持ちややさしい気持ちになることばです。困っている人や悲しんでいる人がいたら、どんな言葉をかけることができるかを考えて、ハートの形をした用紙に一人一人が「ふわふわことば」を書きます。その後、学級全員分の用紙を画用紙に貼って学級掲示をし、いつでも子供たちの考えた言葉が見られるようにするというものです。「がんばっているね」「すごいね」「いっしょにあそぼうね」「やさしいね」「大すきだよ」「ぼくがてつだうよ」など、子供たちが考えた言葉が教室の掲示板にあふれました。
 子供一人一人が考えた「ふわふわことば」を発表する活動をしている中で、発表する子も発表された言葉を聞いている子も、どちらも「笑顔」になるという場面が見られました。これから「ふわふわことば」を一つでも多く言っていこうと促していきました。「ぼくがてつだうよ」と言った子の表情がとても豊かでやさしく、やさしい言葉を伝えている側も、受け止める側も表情が柔らかくなり心が温かくなる日となりました。
ちょっといい話