人権教育

配布文書はありません。

6月19日 3・5年 ペア読書をしました

記事画像1 記事画像2 記事画像3
3年生と5年生のペアが朝読書の時間にいっしょに本を読みました。5年生が3年生に読み聞かせる仲のよい姿があちらこちらで見られました。

5月29日 6年 いじめ予防出張授業2

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 弁護士の方を招いてのいじめ予防出張授業では、いじめにあった人の気持ちを話してもらいました。つらく悲しい話でしたが、子どもたちは、いじめは絶対にいけないことだと実感できたようでした。グループ活動では、順番に自分の考えを発表し合いました。

5月29日 6年 いじめ予防出張授業1

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 今日は3名の弁護士の方にお越しいただき、いじめ予防の授業をしていただきました。みんなでどうしたらいじめをなくすことができるかを考えることができました。

5月25日 3年 人権教室

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 5月25日の2時間目に、人権教室を開きました。いじめは絶対にやってはいけないことだということを、紙芝居や詩、歌から学ぶことができました。

5月24日 なかよしミニ通学団

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 それぞれの通学団でコミュニケーションを図り、より仲良くなれるようになかよしミニ通学団を行いました。各班長さんが司会をしてゲームをしました。どの班も協力して楽しくゲームに参加しています。

5月21日 気持ちをこめてあいさつを

記事画像1
 児童に次のように話しました。『先週、たくさんのお客様が学校へいらっしゃいました。お客様から、高学年のみなさんのあいさつがよいですねと褒められました。朝のあいさつ「おはよう」は短い一言ですが、いろいろなメッセージが入っていると私は思います。「私は元気です。あなたは」、こたえた人の「おはよう」には「私も元気です」「今日もよい一日にしようね」・・・心を込めて挨拶をすれば、今まで以上に仲良くなれると思います。学校では朝の「おはようございます」から帰りの「さようなら」まで、たくさん挨拶をする機会があります。5年生、6年生のみなさんを手本に、木曽川東小学校にすてきなあいさつがあふれ、もっともっと仲良くなれるとよいと思います。』

5月17日 5年 公正・公平に行動するためには

記事画像1 記事画像2
 道徳の授業では、友達とのやり取りの中で、迷ったり悩んだりする3つの事例を通して、校正・公平に行動するためには、どんな心が必要かを考えました。各班で話し合い、発表することで、仲間の意見を共有しています。

5月17日 4年 正しいと思ったことは自信をもって

記事画像1 記事画像2
 道徳の時間では、登場人物の描写を通して、善悪の判断や自律について考えました。積極的に発言し、その意見を上手に共有しています。

5月15日 6年 ハートフルな気持ちでいっぱいだよ!福祉実践教室!!

記事画像1 記事画像2 記事画像3
6年生は福祉実践教室を行いました。
車いす体験・手話体験・視覚障害者ガイドヘルプ体験・高齢者疑似体験の中から1つ選び、福祉の大切さや、心得を学びました。

5月7日 相手を元気にするすてきな言葉

 朝礼で言葉について話をしました。
『今日は、「一秒の言葉」という詩を紹介したいと思います。

「はじめまして」
 この一秒ほどの短い言葉に、一生のトキメキを感じることがある。

「ありがとう」
 この一秒ほどの言葉に、人の優しさを知ることがある。

「がんばって」 
 この一秒ほどの言葉で、勇気がよみがえってくることがある。

「おめでとう」
 この一秒ほどの言葉で、幸せにあふれることがある。

「ごめんなさい」
 この一秒ほどの言葉に、人の弱さを見ることがある。

「さようなら」
 この一秒ほどの言葉が、一生の別れになることがある。

 一秒に喜び、一秒に泣く。
 一生懸命 一秒。

 紹介した詩は、小泉吉宏という人の詩です。
この詩に出てくる「ありがとう」「がんばって」「おめでとう」・・・これら言葉は、短いけれど、相手の心を温かくする言葉です。たった一秒の短い言葉ですが、だれかを元気にできるすてきな言葉だと思います。先日、あるクラスで「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」の勉強をしていました。言われたらうれしい気持ちになる「ふわふわ言葉」、逆に言われたらいやな気持ちや悲しい気持ちになる「ちくちく言葉」。そのクラスの子は、どんな言葉が「ふわふわ言葉」で、どんな言葉が「ちくちく言葉」かを真剣に話し合っていました。新しいクラスが始まり、1か月がたとうとしています。新しい友達はできたでしょうか。「ふわふわ言葉」がいっぱいのだれもが笑顔で過ごせるクラスをみんなで作っていってほしいと思います。』