今日の東小

1月18日 今日の給食

記事画像1
クロスロールパン・牛乳・ミネストローネ・フライドバジルチキン・イタリアンサラダ
○献立メモ
 今日は、一宮市がイタリアのトレビーゾ市と姉妹都市提携を結んだことを記念した「イタリア献立の日」です。イタリアではトマトの栽培が盛んなので、トマトを使った料理が多くあります。ミネストローネは、イタリアでは日本の「おみそ汁」のような存在で、家庭ごとにレシピが違うそうです。今日はトマトとマカロニと、いろんなお豆が入っています。また、バジルというハーブ(香草)も有名で、今日は鶏肉に漬け込みました。イタリアの味を楽しんでください。

1月17日 今日の給食

記事画像1
ご飯・牛乳・沢煮わん・さばのカレー揚げ・おひたし
○献立メモ
 今日の沢煮わんには、大根、にんじん、ごぼうの三種類の根菜が入っています。根菜とは、土の中でできる野菜のことです。この三つの根菜にまつわる昔話を紹介します。『昔々、大根とにんじんは、ごぼうと同じように真っ黒だったそうな。ある日、三人はお風呂に出かけました。大根はきれい好きで、せっけんできれいに体を洗って、真っ白になりました。にんじんはお風呂が大好きで、ずっと湯船に浸かっていたので、のぼせて真っ赤になってしまいました。ごぼうはお風呂が嫌いで入らなかったから、真っ黒なままなのだとさ。おしまい。』

1月16日 今日の給食

記事画像1
 今日のこんだては、麦ご飯・牛乳・二色丼の具・豆乳みそ汁・骨太和え でした。

 今日は『豆乳みそ汁』でした。合わせみそ汁に豆乳が入って、まろやかで体の温まる給食でした。

 豆乳は大豆からできていますが、あの丸い豆から、どうやって作られているのでしょうか? 

 大豆を水に浸して一晩おくと、水を吸った大豆は2.5倍くらいに大きく膨らみます。この膨らんだ豆に水を加えてつぶします。すりつぶされた大豆と、大豆から出た白い汁が混ざった「呉(ご)」を加熱して、絞った液体が豆乳です。
 絞りかすは「おから」になり、煮物などにして食べることができます。
 豆乳は、豆腐の原料になったり、牛乳のようにそのまま飲んだりすることもできます。
 健康にもよい食品なので、いろいろと工夫して食べられるといいですね。

1月16日 時間いっぱい丁寧に

記事画像1 記事画像2
 掃除の時間では、全員で校内をきれいにします。トイレ掃除では、みんなで協力して隅々まできれいにしていました。

1月16日 頑張って走っています

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 一宮市民ロードレース大会に向けて、12月から練習を頑張っています。運動場の回りを走ったり、体育館の中でトレーニングしたりと、みんな真剣に取り組んでいます。

1月15日 隅々まできれいに

記事画像1 記事画像2
 掃除の時間では、素早く担当場所まで移動し、掃除を行っています。寒い日が続きますが、水を使って、校内をきれいにしています。 

1月15日 今日の給食

記事画像1
ご飯・牛乳・和風ポトフ・つくね・ひじきのいため煮
○献立メモ
 みなさんは「だし」という言葉を聞いたことがありますか?「だし」とは、食材を水につけたり、それを火にかけて煮出したりして取った汁のことで、「旨味」の素になる様々なアミノ酸が含まれています。和食では汁物や煮物などに使われ、料理の基本として、とても大事なものです。だしは、色々な種類を合わせるとおいしさが増すという特徴があります。給食の汁物のだしは、かつおで取ることが多いですが、今日の和風ポトフは、かつおだけでなく、にぼし、むろあじ、昆布、干し椎茸の5種類のだしで煮てあります。味わって食べてください。

1月11日 朝から元気よく

記事画像1 記事画像2
 登校して明日の連絡を記入したら、運動場で遊べる時間です。寒い朝ですが、元気よく遊んでいます。

1月11日 今日の給食

記事画像1
ご飯・牛乳・いわしのつみれ汁・コロッケ・白和え

○献立メモ
今日の汁物には、愛知県で獲れた「いわし」を使った「つみれ団子」が入っています。「つみれ」とは、魚のすり身に片栗粉などのつなぎを加えて混ぜ、小さく丸めてからゆでたもののことを言います。いわしは、「イワシは百匹、頭の薬」と言われるほど栄養満点の魚です。脳細胞の成長を活性化させるDHAやEPAはもちろん、カルシウムやビタミンB2・ビタミンDも多く含んでいます。魚の臭みをおさえるために、しょうがを効かせた汁になっています。

1月10日 今日の給食

記事画像1
中華あんかけソフトめん・牛乳・揚げぎょうざ・バンバンジーサラダ
○献立メモ
今日は中華あんかけソフトめんです。今日のような とろみのある汁は、とろみが無い汁よりも冷めにくい特徴があります。とろみの無い汁は表面の温度が下がると、下に移動して温かい汁が表面になり、冷めるとまた下に移動する「対流」を繰り返すため、寒い時は全体が早く冷めてしまいます。とろみがあると、表面が冷めても下に移動しにくくなり、汁全体の温度が下がりにくくなります。寒い時期にはとろみがある温かい料理がうれしいですね。