本校の特色

道徳教育の充実

平成7・8年度,文部省から道徳教育推進校の指定を受けて以来,学校生活の中心を道徳教育において,さまざまな体験活動を実践しています。,「豊かな心をもち,主体的に行動する子ども」の育成をめざし,総合単元的道徳学習を行っています。子どもたちは,体験を通して得た思いをそれぞれに書き表します。それらの体験文は,「道徳ノート」として,校内に掲示して,紹介しています。

道徳教育

豊かな体験活動の実践

各学年数名で構成した「縦割り班」で,体験活動を行っています。  縦割り班で行う活動は,球技大会,花いっぱい運動,縄跳び大会,児童会主催の行事などがあり,,力を合わせたり声をかけ合ったりすることで,思いやりや感謝の心が育っていきます。  「見つめる心 輝くひとみ」を合言葉に,活動を進めています。  また、縦割り班活動の他にも、各学年で体験活動を行っています。

体験活動1 体験活動2

基本的生活習慣の確立

基本的な生活習慣の中で,特にあいさつ,廊下歩行,整理整とんができるよう児童会や委員会が中心となって呼びかけています。 「あたりまえのことがあたりまえにできること」をめざし,活動を行っています。

基本