研修名 実施日 受講対象 会 場 備 考
【1】高岡市学力向上研修会 7月27日 小・中・特支学校教員、研究主任 伏木コミュニティーセンター 指導講話、講演
【2】第1回 若手教員研修会 5月24日 3年次〜5年次の小・中・特支学校教員 戸出コミュニティセンター 開講式、オリエンテーション、指導講話
【2】第2回 若手教員研修会 8月7日 3年次〜5年次の小・中・特支学校教員 戸出コミュニティセンター グループワーク、指導講話
【2】第3回 若手教員研修会 8月22日 3年次〜5年次の小・中・特支学校教員 戸出コミュニティセンター 指導案の作成、模擬授業など
【2】第4回 若手教員研修会A 10月26日 3年次〜5年次の小・中・特支学校教員 授業校 研究授業、協議会、指導講話
【2】第4回 若手教員研修会B 11月1日 3年次〜5年次の小・中・特支学校教員 授業校 研究授業、協議会、指導講話
【3】ミドルリーダー研修会 8月4日 小・中・特支学校の中堅教員 市役所802 研修報告、グループ演習、講話
【4】第1回 教科指導員研修会 4月20日 小・中・特支学校教科指導員 市役所801 教科指導員としての心構え、学校訪問研修の在り方
【4】第2回 教科指導員研修会 2月7日 小・中・特支学校教科指導員 市役所803 研修報告、指導講話
【5】道徳教育研修会 8月1日 小・中・特支学校教員 戸出コミュニティセンター グループワーク、指導講話
【6】特別支援教育研修会 8月10日 5年次の小・中・特支学校教員、他 市役所802 講演、ワークショップ
【7】ものづくり・デザイン科研修会Aコース1回目 7月28日 小・中・特支学校教員(希望者) 地場産業センター 青貝塗り
【7】ものづくり・デザイン科研修会Aコース2回目 8月2日 小・中・特支学校教員(希望者 地場産業センター 青貝塗り
【7】ものづくり・デザイン科研修会Bコース1回目 7月28日 小・中・特支学校教員(希望者 地場産業センター 砂型鋳造
【7】ものづくり・デザイン科研修会Bコース2回目 8月2日 小・中・特支学校教員(希望者 地場産業センター 砂型鋳造

教職員研修事業に関する記事一覧

第3回若手教員研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月22日(火)戸出コミュニティセンターにおいて、第3回若手教員研修会を開催しました。富山県総合教育センター教育相談部教育専門員 齋藤 哲也 先生と高岡市小・中・特別支援学校教科指導員を講師にお迎えし、市内若手教員69名が研修を行いました。
 研修会の前半は、小学校では道徳「卓球は4人まで」(小学校道徳読み物資料集、文部科学省)、中学校では学級活動「家庭学習を見直そう」の指導案検討を行いました。各自が事前に考えた指導案を基にして、ねらいに迫るため授業展開や板書計画を話し合いました。グループの代表が話合いの成果の発表した後、教科指導員の先生から、授業のポイントについて助言していただきました。
 研修会の後半は、「ソーシャルスキルトレーニングを取り入れた授業づくり」と題して齋藤先生に講演していただきました。初めに、前回若手教員の先生方から寄せられた質問に丁寧に答えていただきました。その後、ソーシャルスキル・トレーニング(SST)を授業に取り入れることで、学級内に良好な人間関係をつくることができると教えていただきました。若手教員の先生方は、「じゃんけん列車」や「心を伝える話し方」等のSSTを楽しく体験し、その有効性を感じられたようです。

【参加された先生方からの感想】
・SSTを実際やってみて子供たちの気持ちが分かった。盛り上げ役がいて一緒に笑い合える子がいて、そこにいるだけだけどみんなと一緒にいられること事態が大事な子がいることも分かった。その子はその子でいい。特徴を見抜いて支援してあげたい。
・指導案検討では、子供たちから多様な意見が出る場面を話し合ったり、より分かりやすい板書を工夫したりして、指導案は子供の実態に応じてよりよいものを作ることが大切だと改めて感じた。
・一人一人が指導案を作成してきて討論することで、発問や手立てを吟味できてとても良い機会となった。

特別支援教育研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月10日(木)高岡市役所802号室において特別支援教育研修会を開催しました。富山大学人間発達科学部の講師 和田 充紀 先生をお迎えし、「特別支援教育の基本的理解と支援体制」と題して講話をいただきました。講演を通して、一人一人を特別な存在として尊重し、状態に応じた配慮や支援を行うことの大切さを考えることができました。「籤」「鱚」の漢字視写等の疑似体験を通して、障害のある児童生徒の気持ちやとらえ方が分かり、「本当に必要な支援とは何なのか」について考えを深めることができました。
 後半は、「パニックになる子への対応」等、具体的な事例をもとにグループ協議を行いました。困り感をもっている児童生徒に対してどのような支援を行えばよいか、活発な意見交換が行われていました。和田先生からは、児童生徒の様子からつまずきの要因を推測し、具体的な支援につなげることが大切だと教えていただきました。


【参加された先生方からの感想】
・日頃、子供が困っていそうなことについての支援の仕方を考えたり、どのような気持ちなのか理解したりしたことで、2学期に支援できそうな気がしました。「分かってくれるだろう」と思って指示したことでも、本当は分かっていなかっただろうな…」と今になって気付いたこともあったので、今後は指示の仕方を工夫していこうと思いました。グループ演習では、それぞれの学級にいる子供を想像しながら、具体的に話すことができてよかったです。
・たくさんの体験を通して、子供たちの困り感について考えることができました。また、演習では、他の先生方の取組についてたくさんお聞きすることができました。今日感じたことや勉強したことをすぐに教室で生かせるよう、また頑張りたいと思います。ありがとうございました。

第2回若手教員研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月7日(月)戸出コミュニティセンターにおいて、第2回若手教員研修会を開催しました。奈良教育大学教職大学院 教授 粕谷 貴志 先生、「若手教員の資質向上」をテーマに研修を行いました。
 研修会の前半は、グループ協議「学級運営等について」を行い、授業づくりや学級経営、生徒指導や特別な支援が必要な生徒への対応等、グループ毎に悩みや意見を出し合いました。語り合い、共感したり、アドバイスし合ったりする中で先生方の笑顔が多く見られました。最後に、教科指導員の先生方から助言していただきました。
 研修の後半は、「近年の児童生徒の課題と集団づくり」と題して粕谷教授に講演会を行いました。学級集団の現状と課題を理解して指導にあたること、ルールとリレーションの視点から集団育成を図ることが大切であると教えていただきました。

【参加された先生方からの感想】
・粕谷先生のお話を聞いて、自分の学級の実態を見つめ直すことができた。自尊感情の低い子やキレる子に対しては対話を続けながら認めてあげることを増やしたいと思った。学級運営がうまくいく構造などを知ることができた。
・集団づくりに大切なことを客観的に見ることができた。特に集団の状況によってリーダーシップのアプローチを変えることが大切だと分かった。
・教科指導員の先生方のお話がありがたかった。親身になって聞いてくださり、はっきりとアドバイスいただいた。2学期に新たな目当てをもって取り組めそうだ。

ミドルリーダー研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月4日(月)高岡市役所802号室において、ミドルリーダー研修会を開催しました。高岡市小学校校長会前会長 谷村 宏行 先生、高岡市立能町小学校 大和 健一 教諭、高岡市立戸出西部小学校 辻 史子 教諭を講師にお迎えし、中央研修、内地留学の報告、講話等を通して研修を行いました。
 内地留学報告では、辻先生から「特別の教科 道徳」の教科化への経緯や評価の方法、「考え議論する道徳」に向けての授業づくりについてお話していただきました。中央研修報告では、大和先生から危機管理、メンタルヘルス等中堅教員に必要とされるマネジメント力についてお話していただきました。
 グループ演習では、「ミドルリーダーとしてできること」について「学年主任としての若手教員の相談への対応」と「研究主任としての学力向上への取組」について、それぞれが作成してきたレポートを基に意見交換や情報交換を行いました。
 谷村先生には、これまでの経験を基にミドルリーダーに求められる役割や資質等について、楽しく、熱く語っていただきました。大きな視野で学校全体を見つめること、教員として魅力的であること等、ミドルリーダーとしての意識が高まりました。
 
【参加された先生方の感想】
・自分が若手の時に周りの先生方にたくさん教えていただき、助けてもらったことを思い出しながら研修を受けた。今度は自分がその立場になっていかなければならないと再認識した。教えていただいたことを実践に生かしたい。
・グループ協議のテーマが、今考えたい話題だったので、とても話しやすかった。他校の取組を知ることができ参考になった。谷村先生の講話がとても興味深く、もっと聞きたかった。
・谷村先生の話は、テンポがよく、楽しんで聞くことができた。今後に生かせることが多かった。内地留学、中央研修報告等を聞き、中堅教員としての心構えを知ることができた。グループ協議では、各校の実践や課題を聞き、考えを深めることができた。

道徳教育研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
8月1日(火)戸出コミュニティーセンター多目的ホールにおいて、道徳教育研修会を開催しました。金沢工業大学基礎教育部教授の白木みどり先生を講師にお迎えし、小学校は平成30年度から、中学校は平成31年度からの全面実施に向けて、市内の小・中学校の先生方48名が研修を行いました。
 研修会の前半は、「『特別の教科 道徳』設置の背景と実施に向けて」と題して、講演をしていただきました。新学習指導要領の目指す方向性や「特別の教科 道徳」が何をねらいに設置されたのか、「考える道徳、議論する道徳」への転換をどのように進めていけばよいか等について分かりやすくお話ししてくださいました。 
 研修の後半は、「わたしたちの道徳」に掲載されている「ヒキガエルとロバ」「最後のおくりもの」、「二通の手紙」の資料分析を小学校、中学校に分かれてグループ毎に行いました。多様性を引き出す中心発問について、どのグループも活発な話合い、意見交換が行われていました。同じ道徳資料でもグループによってねらいにする項目や中心発問に違いが見られました。白木先生からは、「教師が一人一人、中心発問にしたいところが違うように、児童、生徒もいろいろな考え方がある。児童・生徒の多様な意見や考えを認めることが大切である」「資料の内容を理解し、教師が資料を通してどこの場面で、何を考えさせるのかをはっきりさせることで、ぶれない授業を展開ができる」と教えていただきました。
 受講者からは「有意義な研修だった」「とても参考になった」という感想をたくさんいただきました。 

【参加された先生方からの感想】
・実際の授業を想定した発問・資料分析の仕方等、明日から生かせそうな材料をたくさんいただいた。とても充実した半日だった。
・発問にいつも悩みますが、心情ばかり追うものでなくなったことが分かり、多様な考えを生むための発問を考えるのが楽しくなりました。
・色々な議論を聞く中で、やはり道徳はむずかしく、おもしろいと思いました。教材文でひっかかったところが自分と他の人で違うことから、感じ方の違いを体感できてよかったです。教材分析は、やっぱり一番大切だということが分かりました。

ものづくり・デザイン科研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
 7月28日(金)、8月2日(水)の2日間に渡って、高岡地域地場産業センターにおいて、ものづくり・デザイン科研修会が行われました。今年度は希望者を募り、Aコース(青貝塗り)に9名、Bコース(砂型鋳造)5名が参加し研修を行いました。伝統工芸高岡漆器協同組合や高岡銅合金協同組合のみなさんの丁寧な指導を受けながら、ものづくりの基礎的な技法や技術を学びました。
午前中に実施した「青貝塗り」では、コースター制作を通して、1日目に「下地研ぎ、中塗り研ぎ」「中塗り」「貝切り・貝付け」2日目に「ニカワ取り・貝むき」「上塗り研ぎ・仕上げ」等の制作工程を体験しました。午後に実施した「砂型鋳造」では、オリジナルプレートとぐい飲みの制作を通して、「原型づくりの制作」「砂込め」「鋳込み」「仕上げ」等の作業工程を体験しました。
参加された先生方は、よりよい作品にしようと時間を忘れて真剣に取り組んでいました。
2日間の体験を通して、それぞれの制作の流れを理解すると同時に、高岡市の伝統工芸のすばらしさに触れることができました。また、優れた技術をもつ職人さんたちとの交流を通して、作品づくりに対するこだわりや熱い思い感じ取っていたように思います。
 
【参加された先生方からの感想】
・実際に自分で作ってみることで、難しいところやコツがよく分かり、子供たちに指導 するときに、役立てることができそうです。また、少人数で先生方にアドバイスをいた だきながら作ることができ、分かりやすかったです。ものづくりの楽しさも実感でき、参加してよかったです。
・それぞれの作業工程の「できあがり」と「まだ」の違いを見分けることがすごく難しく、 職人さんの感覚はすごいと感じました。子供たちも、職人さんの細やかな気配りや高岡 のものづくりのよさに気付けたらよいと思いました。

高岡市学力向上研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
7月27日(木)伏木コミュニティーセンターにおいて、高岡市学力向上研修会を開催しました。早稲田大学 教職大学院教授 田中 博之先生、富山県総合教育センター学力向上チームの脊戸 義明研究主事をお迎えし、「とやま型学力向上プログラム」を踏まえた授業改善に向けて、実践的指導力の向上を図るための研修を行いました。              
 脊戸先生には「『確かな学力』の育成。とやま型学力向上プログラムを踏まえた授業改善」と題して、指導講話をしていただきました。新しい時代に必要となる資質・能力の育成を踏まえた教科・科目の新設や内容の見直しと主体的・対話的で深い学びの実現のための「アクティブ・ラーニング」の視点からの授業改善にも触れながら、「子供が自分の考えをもつ」「子供が自分の考えを深める」「子供が学びを実感する」ための留意点について、具体的な事例を挙げて説明していただいたきました。おかげで、日々の教育実践につながる研修となりました。
 田中先生には、「新学習指導要領における学力向上の在り方」と題して講演していただきました。新学習指導要領のおける資質・能力の三つの領域「各教科において育まれる資質・能力」「教科等を越えた全ての学習の基盤として育まれ、活用される資質・能力」「現代的な諸課題に対応して求められる資質・能力」について、分かりやすく教えていただきました。また、学力向上については、「『深い学び』のためには、学んだ知識・技能と活用のプロセスを可視化して、教科書等の活用問題に取り組むこと」「探究的な学習を進めるためには、教科横断的な学習だけでなく学校としての学年縦断的に指導が大切なこと」「家庭学習を定着させるには、R-PDCAサイクルを機能させること」など、実践事例をもとに具体的に教えていただきました。

【参加された先生方からの感想】
・田中先生の「深い学びを生み出す15の技法」が写真での実践例もあり、大変参考になった。2学期からすぐに取り組んでいこうと思った。アクティブ・ラーニングの講義をよく受けたが、今日の講演は分かりやすく、すぐに実践できそうな話で有意義な時間を過ごせた。
・田中先生の「全ての単元でアクティブラーニングを取り入れていくのは、時数的・準備的に不可能、1年間で1単元」と教えていただき心が楽になった。
・脊戸先生のお話では、課題設定の大切さを改めて考えさせられた。子供の実態をよく考えて取り組んでいこうと思った。

第1回 若手教員研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
5月24日(水)戸出コミュニティーセンター多目的ホールにおいて、第1回若手教員研修会を開催しました。今年度は、富山県総合教育センター教育相談部 齋藤哲也先生より「児童生徒が安心して諸活動に取り組む学級づくり」と題して、3〜5年次の教員57名を対象に指導講話をいだだきました。
 先生には「いじめを生まない安心、安全な学級づくり」について、ワークシートを活用しながら、分かりやすく教えていただきました。齋藤先生には8月の第3回若手研修会でも、講師をお願いしています。
 講演終了後のオリエンテーションで、本年度のテーマ「授業力向上と学級づくり」と研修内容等を確認しました。高岡市の教員としての資質や実践的指導力の向上を目指し、今後3回、研修を行います。

【先生方の感想】
・いじめ防止のためには日頃からの取組が大切である。子供も保護者も安心できる信頼関係づくりをしていきたい。
・分かる授業がいじめ防止につながると知り、驚いた。
・学級のルールづくり、学習規律、生徒への声のかけ方などを見直していきたい。

第1回教科指導員研修会

記事画像1 記事画像2 記事画像3
4月20日(木)高岡市役所801号室において、第1回教科指導員研修会を開催しました。市教育委員会鳥内教育次長から新しく教科指導員になられた3名を含む12名の方に委嘱書が渡され、「ミドルリーダーとして、市内の若手教員の育成に力を発揮してほしい」という激励の言葉をいただきました。自己紹介では、教科指導員一人一人が1年間の取り組みに対する意欲や抱負を述べ、決意を新たにしていました。研修会では、指導主事から活動内容や学校訪問研修会の授業参観等についての説明がありました。