全国連合小学校長会

あ い さ つ

 

全国連合小学校長会長  種村 明頼

 
全国連合小学校長会長 種村 明頼  本年度も引き続き会長を務めさせていただきます新宿区立西戸山小学校の種村明頼です。どうぞよろしくお願いいたします。
 昨年度は、学習指導要領の改訂の趣旨を踏まえ、各学校において、「特別の教科 道徳」や「外国語教育」への対応、「主体的・対話的で深い学び」を実現するための授業改善、学校体制の整備、地域との連携・協働も含め、様々な視点で検討を重ねて教育課程を編成してきています。
 本年度は、新学習指導要領の移行措置1年目であり、全面実施に向けて見通しをもち、教育活動の質を高めるためのカリキュラム・マネジメントを進めていく年でもあります。
 一方、教員の超過勤務の解決も含め、「学校における働き方改革」が大きな課題となっております。昨年末に中央教育審議会より、その方策として「中間まとめ」が示されました。様々な視点で対応策が示されていますが、校長には、教員の勤務時間に関する意識改革や学校組織運営体制の見直し等の対応が求められています。
 今後、児童一人一人にこれからの社会を生き抜いていける「生きる力」を育成していくために、「社会に開かれた教育課程」の理念をより具体化し取り組んでいくとともに、教職員の資質能力の向上、組織マネジメントの充実、そして、教員のワーク・
ライフ・バランスの実現等も含め、確かな歩みを進めるために、校長が、より一層連携・協力し合い対応を図っていく必要があります。
 また、近年日本において、東日本大震災をはじめとする災害が多発しています。それらの災害からの復興を目指し懸命に努力している各県の小学校長会や先生方に心を寄せるとともに、今後も防災教育の充実を図るための情報交換及び研究活動等を推進していきます。
 全国連合小学校長会は、山積する様々な課題に対し、全会員の力を結集し、一つ一つ丁寧に取り組んでまいりたいと考えております。ご理解ご協力をお願い申し上げます。